■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【甘い汁】「無報酬」と強調している森前会長、実際には「組織委会長」の肩書で大儲け!2014年は年間6000万円超の収入、自身の財団にはセガサミーから3~4億円の献金!

【甘い汁】「無報酬」と強調している森前会長、実際には「組織委会長」の肩書で大儲け!2014年は年間6000万円超の収入、自身の財団にはセガサミーから3~4億円の献金!
Pocket

どんなにゅーす?

・「女性蔑視発言」で東京五輪組織委会長を引責辞任した森喜朗元総理について、本人や周囲は「無報酬」を強調しているものの、実際には「組織委会長」の肩書や権威で多額の収入を得ていたことがNEWSポストセブンで報じられた。

2014年は年間で6000万円超の報酬があり、うちパーティー券による収入は約5200万円だったとのこと。また、自身が代表理事を務めていた「嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流センター」においては、2013年にパチンコ大手セガサミーから3~4億円もの献金があったといい、森氏がスポーツ界や財界において、絶大な影響力を持っている内情が浮かび上がっている。

「無報酬」と胸張った森喜朗氏 五輪納入業者などから年6000万円献金

女性蔑視発言をきっかけに、五輪・パラリンピック組織委員会会長を辞任することとなった森喜朗氏。森氏は自著『遺書 東京五輪への覚悟』(2017年 幻冬舎刊)に、組織委の仕事は「無報酬」であることを誇らしげに記していた。

~省略~

2014年は年間で6000万円超の収入があり、そのうちパーティー券収入は約5200万円。2016年にはザ・プリンスパークタワー東京の忘年会で一度に4902万円のパーティー券収入を得ている。政治資金規正法に詳しい神戸学院大学の上脇博之教授が指摘する。

「収支報告書を見ると、プリンスパークタワーのパーティー券の購入者数は608人で、企業や団体が買ったと推測できる。現役の国会議員以上の集金力です。

引退後も2014~17年まで自民党最大派閥の清和政策研究会へ計1300万円の献金を続けており、政界に大きな影響力を維持していたことが想像されます」

パーティー券の購入者には森氏の地元・石川県の企業が多く名を連ねるが、その中に東京五輪と関連する会社もあった。

~省略~

五輪関連受注企業との関係は他にも指摘されている。森氏は2009年から、五輪招致活動に関わった一般財団法人「嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流センター」(2020年に解散)の代表理事も務め、2013年にセガサミーホールディングスから同団体へ3~4億円の献金があったことが報じられた。

そのセガサミーは東京五輪公式ゲームソフトの開発・販売ライセンスを独占取得している。

「当社が取り組むスポーツ振興活動の一環として、一般財団法人嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流センターへの寄付実績がございます。ライセンス契約をしているグループ会社のセガは2008年の北京オリンピックより冬季大会含めて継続的にゲーム化権を取得しており、東京オリンピックも引き続き契約を締結しています」(セガサミーホールディングス広報室)

~省略~

【Yahoo!ニュース(NEWSポストセブン) 2021.2.15.】

東京五輪組織委・森前会長の「並外れた集金力」が判明!「五輪トップの職」はとにかく儲かる!

出典:Wikipedia

東京五輪組織委会長を引責辞任した森喜朗氏の並外れた集金力が話題になっています。
現役の国会議員でもここまでお金を集めることが出来る人はごく一握りかと思いますが、つまりは「東京五輪のトップ」という肩書は「とにかく儲かる」ということですね。

表向きには「無報酬」「慈善事業」などと謳いつつ、その裏では、法外なカネ儲けや自らの権力固めや支配強化をやるというのは、腐敗した支配層による昔からの常套手段だよね。
もちろん、生まれ持っての良心を持っているお金持ちが真面目に社会貢献に励んでいるケースもあるけど、森喜朗氏の場合は、過去の様々な所業や問題行為をみても、「今だけカネだけ自分だけ」の私利私欲しか頭にない人物なのは簡単に分かる。

多くの企業や関係者が、東京五輪による様々な恩恵や特需にあやかりたくて、トップの森氏にどんどん献金する…って、これはほとんど「ワイロ」といってもいいような構図だし、まさに、東京五輪を何としてもごり押ししたい人々こそ、こうした(莫大なカネをもらってきた)森氏ら「五輪を取り仕切っている連中」と(多くのカネを渡してきた)「森氏らのお友達企業」であることがますますよく見えてきた感じだね。
(ちなみに、森氏の財団に3~4億円ものカネを入れたセガサミーは、当時に官房長官だった菅総理から「アフリカ人親子を買収しないといけない」と裏金の提供を頼まれたことで、多額の”買収資金”を森氏の財団に入れた疑いが持たれている。)

まさに、「復興の証のための五輪」「市民に元気を与える」などと、それらしき「壮大な建前」をアピールしている側こそが、最も邪で我欲にまみれている実態がよく分かります。

言ってみれば、一般市民やアスリートたちがいいように食い物にされてしまってるような状態だし、これこそ、まさしく、国民の財産が1%に無制限に吸い上げられては、貧富の格差が極限まで広げられていく(つまり、1%の権力がとてつもなくどんどん巨大化していっては、99%の尊厳や権利がひたすら退化・疲弊化していく)「グローバリズム」そのものだ。
とにかく、一人でも多くの一般市民がこうした”カラクリ”に気がついて、ボクたちの貴重な税金をこれ以上食いつぶされないように、一貫して反対・抗議の声を上げていかないといけないだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事