【異常】オウム死刑囚残り6人の死刑が一斉執行!テレビはまたも早々に速報を出し、”公開処刑ショー”状態に!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年7月26日、一連のオウム事件に関する死刑囚6人の死刑が一斉に執行され、先日の7人の執行時と同様に、テレビが執行前にいち早く速報を発表する異例の事態となった。

・ネットでは、前回に続く「公開処刑ショー」まがいの状況に怒りの声が殺到。死刑廃止の流れが一般的にありつつある海外から再度多くの批判が寄せられることが予想される。

オウム事件死刑囚、残る6人の刑執行 全員の執行終了

法務省は26日、地下鉄サリン事件など13事件を起こしたオウム真理教の元幹部、林(現姓小池)泰男死刑囚(60)、岡崎(現姓宮前)一明死刑囚(57)ら6人の死刑を執行した。戦後事件史に残る特異な凶悪事件は6日執行の松本智津夫元代表(麻原彰晃、執行時63)ら7人とあわせ、首謀あるいは深く関与した全死刑囚13人の刑執行を終えた。

松本元代表の神格化や後継団体の反発が懸念される中、上川陽子法相は期間を空けずに残る死刑囚の刑を執行することで、信者らによる不測の事態を防ぐ狙いがあるとみられる。

ほかに執行したのは横山真人(54)、端本悟(51)、豊田亨(50)、広瀬健一(54)の各死刑囚。林死刑囚は仙台拘置支所、岡崎、横山両死刑囚は名古屋拘置所、端本、豊田、広瀬各死刑囚は東京拘置所で執行された。

【日経新聞 2018.7.26.】

ようやくマスコミが杉田水脈議員の「LGBT差別発言」を報じ始めた中で、残り6人のオウム死刑囚の死刑を執行!

出典:Twitter(@tanutinn)

出典:Twitter(@SiamCat3)

近いうちに予想されていたことだけど、本日、オウム事件の残り6人の死刑囚の死刑が執行されたとのことよ。

ネット上では、今回もまたマスコミがいち早く事前に一斉に速報を出したこと、そして、熱烈な安倍シンパ議員の杉田水脈さんによる「LGBT差別発言」ようやくマスコミが取り上げるようになってきたタイミングでの死刑執行に、怒りや疑いの声が上がっているみたいね。

この前にあんなに多くの批判を浴びていたのに、各テレビ局はまたも”公開処刑ショー”に走ったようだね。
そして、執行のタイミングについても、杉田水脈議員の前代未聞のヘイト発言が全世界で報道され始め、日本のマスコミでも(渋々)報じざるを得なくなってきた中で突如行なわれたわけで、これは(過去の数々の事例を見ても)色々と疑いの目を持たれても仕方ないだろう。

自身の権力強化や支持率アップ(または支持率低下防止)に利用できるものは何でも利用する安倍政権だものね。

ここまでの短期間で大量の死刑執行が行なわれたのも、国際的に見ても異常としか言いようがないし、この先の日本の向かっていく”行き先”がとっても心配だわ…。

こうした自政権の権力をことさらに誇示するような動きは、安倍総理が寵愛する杉田水脈議員の「弱者差別発言」ともつい関連性を考えてしまうし、近未来の日本社会について、「権力の一極集中」「弱者蹂躙」「個を犠牲にして組織に尽くす全体主義」「自由や権利を縮小・撤廃する抑圧社会」などの良くないワードを図らずも連想させてしまうね…。

おススメ記事&広告

 
Pocket