「原子力ムラの腐敗」を明快に斬る、”在りし日の”河野太郎氏が話題に!ネット「いつから変わってしまったの?」「今じゃあんな残念な姿に…」

Pocket

どんなにゅーす?

・ネット上にアップされた、原子力ムラの腐敗した利権構造を明快に語る「かつての河野太郎防衛相」の動画が、1万2000リツイートを超えるほどに大きな話題になっている。

日本の原発が、電力会社や官僚、自民・民主の政治家など、巨大な「原子力利権」に汚染されている構造を分かりやすく語っている河野氏に対して、ネット上では、「いつから変わってしまったの?」「今じゃあんな残念な姿に…」などのコメントが続々寄せられており、河野氏のあまりに極端な変節・劣化ぶりを嘆く声が相次いでいる。

「おねだり太郎」「ブロック太郎」こと河野太郎防衛相の、あまりにも違いすぎる「昔の姿」に驚きの声が続出!

出典:Twitter(@konotarogomame)

出典:Twitter(@rinon_nn)

モーニングショー(テレビ朝日)の中で原子力ムラの腐敗構造を明快に語っている、「在りし日の河野太郎氏」の姿がネット上で大きな話題になっています。
確かに、改めて当時の河野防衛相の姿を振り返ると、現在とのあまりの落差に驚かされてしまいます。

太郎さ~~~んっ!!
今すぐに「昔の姿」に戻ってくださぁぁ~~いっ!!

当時の河野太郎氏は、(かつての自民党の良識派だった)父親の洋平氏の政治スタンスを受け継いでいたように見えたけど、本当に、ここまで180度政治スタンスも人相も人格も変わってしまうというのも他になかなか例がないのではないかな。
この頃の河野氏は、自民党の中でもそこまで大きな権力を持っておらず、原子力利権にまみれた自民党の中で「脱原発」を主張する、いわゆる”異端児”のような政治家で、悪く言えば自民党内の「ガス抜き要員」みたいな存在だった。

ボク自身も、この頃の河野氏はそこまで悪いイメージを持っていなかったし、この当時は、(安倍官邸によって大臣に抜擢されたことを機に)まさかここまで彼が堕落しきってしまうとは思ってもいなかったよ。

当時の河野氏は、安倍シンパの宗教勢力や既得権集団からも強く嫌われている印象が強かったですが、そんな河野氏が、今や安倍シンパのアイドル的存在に成り代わってしまっている有様ですからね。
私たちの目に見えないところで、よほど「猛毒のおまんじゅう」を食べさせられてしまったのでしょう

残念なことだけど、現在の河野氏を見る限り、所詮はカネと利権と権力の圧力で簡単に動かされてしまうような、「幼く弱い人間」だったということなのだろう。
本来であれば、年を重ねていくごとにより多くの学や知識を蓄え、人間性や精神性を深めていくのが「人としてあるべき姿」なのではと思うけど…河野氏の場合は、まさしくこれと「真逆の道」を進んでしまっているからね。

お年を重ねるごとに、どんどん人間性も人格も人相も劣化されてしまわれるなんてぇ…。
これほど残念で悲しいことはありませんですぅ。

とても残念な事態ですが、「これ」が河野氏の本質ということなのでしょう。

Pocket

 

 関連記事