■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【酷い】「多くの『感染疑い患者』が検査を受けさせてもらえない」複数の医療関係者が告発!…日本もすでに事実上の”医療崩壊”に!(COVID-19)

【酷い】「多くの『感染疑い患者』が検査を受けさせてもらえない」複数の医療関係者が告発!…日本もすでに事実上の”医療崩壊”に!(COVID-19)
Pocket

どんなにゅーす?

・新型コロナウイルスの国内感染拡大に伴うPCR検査が一向に普及しない状況が続く中、複数の医療機関関係者が「多くの『新型コロナ感染疑いの患者』がPCR検査の許可が下りない現状」を告発。ネット上で話題になっている。

厚労省(安倍政権)が主導して、多くの「新型コロナ疑い」の患者に極力検査を受けさせないような体制が敷かれている疑いがある上に、患者が適切な対応を受けられない事態が横行している可能性があり、事実上の”医療崩壊”のような状態になっている。

Vol.049 COVID19感染症 翻弄される地域中核病院

都内民間病院院長
匿名

2020年3月11日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

民間の中規模病院ですが、すでに20症例を超えるCOVID19疑い患者が来院しています。
約半数は保健所を経由した診察依頼ですが、発熱持続を心配した患者や近隣開業医からの紹介患者もほぼ同数来ています。
来院した患者さんにはインフルエンザ、マイコプラズマ、アデノウィルス感染を否定し、胸部レントゲンまたはCTで肺炎像を確認し、採血検査で炎症反応も見て、尿中肺炎球菌抗原、レジオネラ抗原を検討しています。
これで原因疾患が同定できない場合には、COVID19疑いとしてPCR検査依頼を保健所にします。しかしほとんどの場合検査許可はおりません。
直接来院の患者さん達は何故PCR検査をしてもらえないのかと聞いて来ます。医師は丁寧に検査結果を説明し、保健所に掛け合ったが許可が下りなかったことを伝えます。多くの患者さんはわかってくれますが、一部の方は納得されていない様子で帰ります。

このように医師がPCR検査必要と判断しても現状では緊急入院以外はほぼ検査許可が降りないため、報告を上げないケースが多数あります。大多数の医療機関は保健所とのやり取りで断られる事を経験しており、検査が滅多に許可されない現状を知っています。
政府の発表、報道共に余りも安易で、PCRが保険適応されればすぐに対応可能と言わんばかりです。

~省略~

そして不思議なことに、首相の発表の前と後ではPCR検査許可のハードルが変わりました。当院では3月4日まで20例以上のCOVID19疑いが来ましたが、許可されたのは1例でした。首相発表にの後、3月5日は2症例のPCR検査許可が下りました。感染が疑われる患者では導線を分け対応する場所を確保し、検査する側も感染拡大を防ぐため完全装備で検査を行っています。
感染防御の備品は当院では3月末くらいまでは大丈夫ですが、もし疑い患者が多数受診されるとどうなるのかわかりません。

~省略~

【医療ガバナンス学会 2020.3.11.】

Vol.050 新型コロナウイルス、”持ちこたえている”という評価の中で現実に起きていること

都内某クリニック
匿名

2020年3月12日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

先月末、20代の生来健康な女性が発熱と咳で来院されました。症状は通常の上気道炎と思われましたが、現在の状況を鑑み念のため胸部レントゲンを施行。肺炎像がないことを確認し、内服薬で帰宅といたしました。3月7日土曜日、症状が改善しないため来院されました。非常勤医が対応しましたが、増悪所見がないことからいったん経過観察とし、改善がなければ再度来院を指示いたしました。本日、37.8度の発熱が下がらないことを主訴に来院されました。症状は乾性咳嗽と発熱、だるさ。レントゲンを再度施行し肺炎像がないことを確認いたしました。採血では白血球数に異常なく、Hb9.0の小球性貧血を認めだるさはこちらからくるものかもしれないと考えられました。しかしながら、37度後半の熱が、およそ10日間続いていることから帰国者・接触者センターに相談の電話をし、PCRを念のために施行していただきたい旨を伝えました。
返答は
1.緊急性がないようであれば、今日は5時で業務が終わっている。
2.明日になっても症状の改善がないようであれば、医師の方から保健所に連絡をして、支持を仰いでほしい。本人が保健所に電話をしても、検査はしてもらえない。

上記のようなものでした。あまりの返答にびっくりいたしました。まず、緊急性がないというのはどういうことなのか。肺炎等の病状としての緊急性がなければ、仮にコロナの感染が疑われてもそのまま様子を見てしまってよいということなのか。それであれば、なぜ、感染者が一人でも出た場合は全員を隔離するという方法をとっているのか。
保健所に心配な患者さんが直接電話をしても検査できる医療機関を紹介してもらえないということも、メディアでの説明と大きく異なっていました。濃厚接触が疑われる場合であっても、本人からではだめなのかという問いに対しましては、濃厚接触者は国が全員を把握しているので患者さん側から申し出があることはあり得ないとの返答でした。そうであれば、なぜ濃厚接触が疑われる場合は電話相談をするように呼び掛けているのか全く理解できない返答でした。
患者さんは、結局かかりつけの医療機関を受診し、肺炎が認められるまでは検査をしてもらえず、あちこちの医療機関を何か所も回ってついに感染が発覚するという状況が蔓延しているように思われましたが実際にこの対応ではそうならざるを得ないことが明らかとなりました。
そして、かかりつけ医療機関はコロナの感染者が受診したとなれば風評被害も出れば業務に支障も出るという状況でありこれではだれも診療を行いたくなくなります。特殊な防護服もなく、マスクさえも手に入らないような状況で第一線で医療をやっている臨床医を守ろうという意識も全く欠如していると強く感じました。

~省略~

【医療ガバナンス学会 2020.3.12.】

病院関係者が怒りの告発!「陽性判定が大量隠蔽されている!」【みんカラ(Bubbly ランクル200) 2020.3.11.】

軽症者どころか、「その他疾患が否定」され「長期間高熱が下がらない」患者すらも検査を受けさせてもらえず!実態を隠蔽しながら、より多くの感染者を増やそうとしている安倍政権の”目的”とは!?

出典:国立感染症研究所

すでに、日本の医療現場でもかなり深刻な状況が発生してきているようです。
ご覧のように、複数の医療機関関係者が「本来検査を受けるべき患者が、検査を受けさせてもらえない現状」を告発しており、軽症者どころか、明確な「新型コロナ感染疑い」の患者さんすらも、検査の許可が下りるのは「ごく僅か」である現状が浮かび上がってきています。

NHKをはじめとした大手のマスコミでは、「かぜの症状や37度5分以上の発熱が4日以上続いている人」「解熱剤を飲み続けなければならない人」「強いだるさや息苦しさがある人」に対して、全国の都道府県にある「帰国者・接触者相談センター」に相談するよう呼びかけているけど、どうやら実際には、これらの症状が出ている人でも、多くのケースにおいてPCR検査を受けられない状況が発生しているようだし、(前にも言ったけど)これはもう事実上の”医療崩壊”と言ってもいいかと思うよ。

つい先日にも、ソフトバンクの孫正義氏が、100万人規模のPCR検査キットを無償提供しようとしたところ、安倍サポ軍団が総動員で孫氏のツイッターに誹謗中傷コメントを大量に送り付け、まさしく「暴力的な手段」で孫氏の申し出を取り下げさせた一件があったけど、いやあ…色々な意味で、あの福島原発事故直後と酷似するような状況となってきた。

”あの時”(福島原発事故の時)も、「何も怖がる必要はない」「不安を煽るな」「子供たちをどんどん外で遊ばせよう」など、こうした得体の知れないコメントがネット上に”大量生産”されては、人々に警鐘を鳴らしていた専門家や知識人に対して、誹謗中傷コメントが殺到する事態が起こったんですよね。
(表向きには、PCR検査の普及に向けて安倍政権が尽力しているように見せかけていますが)どうやらこの国において、「PCR検査をどうにか普及させないようにしようとする(正確な感染者を徹底的に隠そうとしている)」相当に強い力が”どこか”からかかっていると考えるのが良さそうです。

その上で、”どこかの勢力”による、出来るだけ多くの日本人を新型コロナに感染させようとしている”意図”も感じるし、さらにいえば、日本国民の間に不安や恐怖を”適度”に醸成させつつ、タイミングを見計らって「緊急事態」を宣言し、「緊急事態条項(日本版FEMA)」の布石を敷くことで、日本の民主主義システムを完全に死に至らしめようとする、非常に強い”意図”を感じる。

こうした、「最終目的(緊急事態宣言を通じた民主主義社会の完全終焉)」を達成させるには、新型コロナを日本中に適度にばらまき、日本国民の間に不安や恐怖を醸成させることが必要だし、こうした安倍政権の”計略”に対し、立憲や国民などの主要野党も諸手をあげて協力し始めていることも非常に気になる。

俯瞰的に観ても、あまりにも何もかもが”出来すぎている(不自然な点が多すぎる)”し、今回の新型コロナの一連の世界的パニックは、グローバル資本勢力による「あらかじめ仕組まれたもの」としか思えないんだよね。

そうなると、日本におけるPCR検査は、この後も一向に普及しない(させない)可能性が高そうですし、中国と同じように、日本においても大量の感染者が隠蔽され、多くの死亡者が発生しても、その死因が闇に葬られる可能性が高そうですね…。

ボクたち日本国民にとっては、まさに、大変な受難が続くことになるけど、グローバル資本勢力による洗脳から脱却しつつ、正しい思考や危機管理能力を呼び覚ましたうえで、この「一大危機」を乗り越えていきたいところだね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事