【次々と】片山さつき氏、暴力団と関わる後援会会長から「闇献金」疑惑!事務所を無償提供してもらい、秘書給与も肩代わりか!

Pocket

どんなにゅーす?

100万円口利き疑惑政治資金の記載漏れ公選法違反疑惑などが噴出する片山さつき地方創生相に、今度は暴力団と懇親な人物から事務所を無償提供され、秘書給与を肩代わりしてもらっていた疑惑が浮上。週刊新潮が報じた。

・問題になっているのは、片山氏の後援会組織「三桜会」の会長で、暴力団と手を組んで宮城県内の産廃業者「竹の内産廃」を乗っ取っては、その後に環境を汚染する不法な投棄を繰り返したことで廃棄物処理法違反で関係者が逮捕されたという(会長は逮捕を免れる)。

・片山氏はこの会長からオフィスを提供され、片山事務所に入ったとされる女性秘書が詰めているものの、収支報告書(16年)にはこの事務所に家賃を払った記載がない上に、人件費として計上されている金額と片山事務所に籍を置く私設秘書の人数が一致しておらず、政治資金規正法違反の疑いがあるという。

片山大臣にさらなる疑惑 暴力団との“密接交際者”から事務所無償提供、秘書給与肩代わり

~省略~

2013年に発足した片山大臣の後援会組織「山桜会(さんおうかい)」の会長は、宮城県で立体駐車場経営を行う企業のオーナーである。こちらの「山桜会」は記載漏れが指摘されている同名の資金管理団体とは別組織で、主に地方の企業経営者が集められ設立された。

その会長が暴力団と手を組み乗っ取ったのは、仙台市近郊にあった「竹の内産廃」。負債を抱えた建設会社から相談を持ちかけられた会長は、産廃部門を独立させ、自身が紹介した金融業者に所有権を移すよう建設会社に“助言”したという。

「それが騙しの手口で、竹の内産廃は乗っ取られてしまうのです」(関係者)

98年には、暴力団組長とグルになった会長が経営権を握ることに。以降、この産廃には不法な投棄が相次ぎ、致死量を上回る硫化水素ガスが検出されるなど社会問題化する。産廃の社長と暴力団組長の側近らが廃棄物処理法違反で04年に逮捕されるも、山桜会会長は捜査の手を免れた。

そんないわくつきの後援会会長から、片山大臣は二つの“恩恵”を受けていた疑惑がある。ひとつは、会長が経営する会社の大阪支店に置かれた、片山大臣の「後援会事務所」をめぐるもの。ここには、3年ほど前に片山事務所に入ったという関西担当の女性秘書が詰めているが、片山大臣のどの収支報告書にも、山桜会会長の会社に対し家賃を支払っている記載がない。

「資金管理団体の事務所として機能し、そのうえで、その収支報告書に家賃が計上されていないのなら政治資金規正法違反です」(神戸学院大の上脇博之教授)

また16年分の収支報告書を見ても、人件費として計上されている金額と片山事務所に籍を置く私設秘書の人数が一致しない。件の女性秘書の給与は、山桜会会長に肩代わりしてもらっている疑惑があるのだ。

週刊新潮の直撃取材に当の女性秘書は応じなかったが、その翌朝、大阪支店の郵便受けにあった「片山さつき後援会事務所」のシールが剥がされていた。

~省略~

【livedoorNEWS(デイリー新潮) 2018.11.14.】

暴力団と懇親な人物から多額の借金が報じられていた片山大臣に、今度は別の暴力団と親しい人物から「闇献金」疑惑が浮上!

出典:Twitter(@katayama_s)

逮捕歴のある暴力団と親しい人物から多額の借金をしていた実態が報じられていた片山さつき地方創生相に、新たな暴力団と親しい人物との親密な関係が浮かび上がってきました。
しかも、今度は実質的な「闇献金」の疑いが出てきており、100万円口利き疑惑相次ぐ政治資金の記載漏れ、そして看板寄付などの公選法違反疑惑に加えて、さらなる重大疑惑が浮上してきています。

片山氏については、大臣に就任する前までも、「貧困・生活保護叩き」の活動や韓国ヘイトのデマを流布したりと、非常に歪んだ精神性を披露してきたけど、裏ではこんなにも反社会的な勢力と親しくしながら、色々な汚いことに手を染めていたとはね。
この調子では、掘れば掘るほどまだまだ色々出てきそうな予感だ。

いずれにしても、安倍政権の面々において、トップの安倍総理を筆頭に「暴力団との懇親さ」が見え隠れしているし、その支持勢力を見ても、数々のカルト宗教や暴力団の陰が常につきまとう
多くの国民が、毎日の「ブラック&低賃金労働」に悲鳴を上げているのを尻目に、安倍政権は反社会的な勢力と癒着しつつ、どんどん不法な手口を使って私腹をせっせと肥やしている状況だし、そろそろ国民も本気を出してこの事態に怒っていかないと、いよいよ「真面目で正直な人こそバカを見る」社会が揺るぎないものに変わってしまうよ。

こんな状況でも、大手の世論調査の支持率では安倍政権の支持率が5割近くもあっては、大規模な抗議デモも起こらず、選挙の投票率も一向に上がらない状況ですからね。
間違いなくこのままでは、国民生活はますます疲弊・悪化の道を辿り、「健康に生きていくことすらもままならない社会」がやってきてしまいますし、私たち国民は、一刻も早くに「権力者による無法行為の連続」を止めなくてはなりません

その通りだね。
今や、安倍政権の政治家たちは国民のことを心底バカにしきっていては、「適当にごまかせば何とかなる」と思っている様子だし、そろそろボクたち国民は、(特に小泉政権以降から)長年植え付けられてきた「真性・奴隷思想」からおさらばする必要があるんじゃないかな。

Pocket

 

 関連記事