片山さつき大臣、今度は「公選法違反疑惑」の巨大看板が追及の的に!ネットでは彼女の「奇妙な看板」が度々話題に!

Pocket

どんなにゅーす?

「100万円口利き疑惑」などで連日国会追及を受けている片山さつき地方創生相に、今度は自身の地元・さいたま市内に存在する「公選法違反疑惑の巨大看板」が追及された。

・ネット上では、これまでも片山大臣の「奇妙な看板」の数々が話題になっており、彼女のセンスや良識を疑う声が上がっている。

片山さつき大臣の看板は選挙違反?著書PR設置3年

片山さつき地方創生担当相がかつて出版した書籍をPRした看板が、さいたま市内に3年近く設置されたままになっているとして、野党が7日の参院予算委員会で選挙違反ではないかと、片山氏を追及した。

国民民主党の足立信也議員の質問に、片山氏は「書籍を発売した時の看板広告。出版を広報する私の関係会社と、出版社との話し合いで設置した」と説明。「ここは私の出身地。前回、本を出版した時にここでサイン会をしたところ、非常に売れたものですから」などと、説明した。

広告内容を決めたのは2015年12月末で、2016年1月13日に設置したというが、すでに3年近くが経過。足立氏は「(出版から)3年前の新著といって今も出版社が宣伝していることより、明らかに片山さつきの政治用の宣伝ではないか」と指摘。片山氏が出馬した16年参院選のさなかにもこの看板が設置されていたとして、選挙期間中の文書図画の掲示を禁じた公職選挙法に違反するのではないかとの認識を示した。

一方、片山氏は「政治活動のための広告ではない」と主張した。根拠には触れなかった。

看板には、書籍名に比べると、片山氏の写真と名前が大きく記されている。

【日刊スポーツ 2018.11.7.】

疑惑まみれの片山大臣、今度は公選法違反疑惑の巨大看板が追及の的に!過去には彼女の「奇妙なデザインの看板」も話題に!

出典:Twitter(@karinoakaunt)

出典:Twitter(@livein_china)

出典:twitpic.com

出典:Twitter(@Delete_All)

出典:Twitter(@yataragenki)

「100万円口利き疑惑」を筆頭に、数々の疑惑が追及されている片山さつき地方創生相だけど、今度は、公選法違反疑惑の巨大看板が追及されているみたいねっ!
そして、ネット上では、これまでも片山大臣の「”奇妙”な看板」について度々話題になってきたみたいねっ。

テレビの夕方のニュースでもこの問題を追及していたけど、確かに、いくら地元といえども、ここまで政治家の写真と名前が出ている巨大な看板はなかなか見る機会はないのではないだろうか。
公人であることの配慮やモラルもなく、ここまでデカデカと年中自らの顔と名前を宣伝しまくっている片山氏の感覚にも驚いてしまうけど、こうした感性と並んでどうしても気になってしまうのは、片山大臣のポスターや看板に一貫している「奇妙なセンス」だ。

見た感じ、ハートマークが異常に好きな様子で、上の画像の事務所の看板を見ても、個人的には、繁華街の裏路地にあるような”いかがわしいお店”と見違えてしまいそうなセンスのように思えるし、高い知性や教養、品格や尊い信念が求められる政治家としては、もっともかけ離れたデザインや色使いのようにしか思えないんだけどね。

確かに、政治家の事務所とは誰が見ても思えないような、妙なセンスのように思えるわっ!
こういうところを見ても、片山大臣の品格や政治姿勢が想像できるし、何から何まで国民の目線や庶民感覚とずれているという風にしか言えないんじゃないかしら!?

片山大臣については、さらなる200万円もの政治資金の記載もれが発覚しているし、掘れば掘るほど、さらなる疑惑が次々出てくるような事態になってきている。
今後もさらなる野党からの追及に追われる事態になりそうだし、今後も国会とマスコミの報道に注目していくとしよう。

おススメ記事&広告

 
Pocket