【驚き】神奈川・鎌倉の由比ヶ浜にシロナガスクジラ(10m)が打ち上げられる!絶滅危惧種で日本初の事例!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年8月5日の午後2時半頃、神奈川県鎌倉市の由比ヶ浜で「クジラがいる死んでいるようだ」と警察に通報が入り、市観光課と新江ノ島水族館の関係者が確認したところ、体長10メートルのクジラが海岸の波打ち際で死んでいるのが発見された。

・その後の調査で、死んでいたクジラは絶滅危惧種のシロナガスクジラのオスの赤ちゃんだったことが判明。日本では初の事例で世界的に見ても珍しいという。

鎌倉の海岸にクジラ打ち上げ 海水浴客の近くで

神奈川県鎌倉市の海岸で5日午後、打ち上げられたクジラが見つかった。午後2時半ごろに「クジラがいる。死んでいるようだ」と110番通報があり、県警から連絡を受けた市観光課と新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市)の職員が確認したところ、クジラは波打ち際で死んでいた。体長約10・6メートルで、ヒゲクジラの仲間とみられるという。

現場は由比ガ浜海水浴場の西端付近で、海水浴客でにぎわっていた。市などは、クジラ周辺にロープを張り、人が近づけないようにした。6日以降、市と県土木事務所が対応を協議するという。

近くのサーフショップの男性経営者(49)は「この辺りにクジラが流れ着いたのは聞いたことがない。波に揺られ、最初は生きているのかと思った」と話した。

【朝日新聞 2018.8.5.】

絶滅危惧種のクジラと判明 神奈川・由比ガ浜

5日に神奈川県鎌倉市の海岸で打ち上げられているのが見つかったクジラは、シロナガスクジラだったことが分かりました。国内で打ち上げられたのは初めてだということです。

国立科学博物館動物研究部・田島木綿子研究主幹:「この種類はシロナガスクジラなんです。シロナガスクジラ(が打ち上げられるの)は国内初の記録なので」
午後2時半ごろ、鎌倉市の由比ガ浜の海岸で、体長約10メートルのクジラが死んだ状態で打ち上げられているのが見つかりました。6日に現地を調査した専門家によりますと、このクジラは絶滅危惧種に指定されている世界最大のシロナガスクジラの赤ちゃんだということです。親クジラと泳いでいて、はぐれてしまったとみられています。この後、クジラは現地で解体されて研究所に運ばれる予定で、専門家は頭の骨や胃の内容物から生息の状況や死んだ理由を調べる方針です。

【テレ朝news 2018.8.6.】

お母さんとはぐれてしまった可能性が指摘されているものの、現時点で死因は不明とのこと

にゃにゃにゃっ!?
鎌倉の海で、あのシロナガスクジラしゃんが打ち上げられたんだってにゃっ!!

にゃんでも日本では初めての出来事で、世界でも珍しい話みたいだにゃっ。

はぁい…。
シロナガスクジラのオスの赤ちゃんだったみたいで、何かの原因でお母さんクジラとはぐれてしまった可能性があるみたいですぅ…。

うむ。シロナガスクジラは最大全長が30メートルを超える、現存する生物の中でも最大の種で、現在絶滅危惧種に指定されているとのこと。
それだけに、海岸に打ち上げられることは滅多にないようで、今後、遺体を解体し、死因の調査や胃の中の内容物を調べるなど、生態調査や研究材料にするとのこと。

よく、希少生物が海岸に打ち上げられるのは「大地震や天変地異の前触れ」だとする意見が昔からあるけど、最近は特に異常な気象現象が頻発しているだけに、図らずもちょっと気になってしまうね。

うぅ…大気中だけじゃなく、海の中でも何かの異常や変化が起こったりしているのでしょうかぁ…?

うむ、詳しいことはよく分からないけど、そもそも海の世界は解明されていない謎がまだまだ多いからね。
シロナガスクジラのより詳しい生態や、海岸に打ち上げられた原因など、今後の調査や研究で少しでも分かってくるといいね。

おススメ記事&広告

 
Pocket