「森友再調査しない」と繰り返す安倍総理・麻生大臣に、赤木さん妻が怒りの”正論”コメント!「2人は調査される側で、再調査しないと発言する立場ではない」

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年3月23日、「森友文書改ざん事件」において、佐川元理財局長ら財務省幹部が本格的に関与していたことが記された、自殺した近畿財務局職員・赤木俊夫さんの手記が公開されたものの、いまだに「再調査を行なわない」との考えを繰り返している安倍総理や麻生財務相に対し、赤木さんの妻が直筆のコメントを発表した。

・赤木さんの妻は、「安倍首相は2月17日の発言で改ざんが始まる原因をつくりました」「麻生大臣は墓参に来てほしいと伝えたのに国会で私の言葉をねじ曲げました」と綴った上で、「この2人は調査される側で、再調査しないと発言する立場ではないと思います」とコメント。第三者による再調査を強く要望する意向を示した。

森友再調査、首相は改めて拒否
「事実明らかにした」

安倍晋三首相は23日の参院予算委員会で、森友学園を巡る公文書改ざん問題を再調査するべきだとする野党議員の要求を改めて拒否した。「麻生太郎副総理兼財務相の下、事実を徹底的に調査し明らかにした。捜査当局による捜査も行われた」と述べた。

「もとより改ざんはあってはならず、今後二度とこうしたことのないよう再発防止を徹底していく」と強調。「国民の信頼を揺るがす事態となってしまったことに対し、行政の長として大きな責任を痛感している。改めて国民におわび申し上げたい」と語った。

財務省近畿財務局職員の自殺に関し「胸が痛む思いであり、改めてご冥福をお祈りしたい」と話した。

【共同通信 2020.3.23.】

【直筆コメント公開】“森友公文書改ざん再調査”要望 遺族「2人は調査される側」

「森友学園」を巡る財務省の公文書改ざん問題で、安倍晋三首相や麻生太郎財務相が、「再調査は考えていない」などと発言したことを受け、自殺した近畿財務局の職員の遺族が3月23日、コメントを公表しました。

~省略~

【赤木さんの妻のコメント全文】
安倍首相は2017年2月17日の国会の発言で改ざんが始まる原因をつくりました。

麻生大臣は墓参りに来てほしいと伝えたのに国会で私の言葉をねじ曲げました。

この2人は調査される側で、再調査しないと発言する立場ではないと思います。

赤木

【MBS 2020.3.23.】

「胸が痛む」「改ざんあってはならない」と言いつつ再調査を拒否し続ける”人でなし”安倍&麻生コンビに、赤木さん妻が怒りの正論コメント!

「胸が痛む」「改ざんあってはならない」などと言いつつ、森友文書改ざん事件の再調査を拒絶し続ける安倍総理&麻生財務相に対し、赤木さんの妻がコメントを発表
「2人は調査される側で、再調査しないと発言する立場ではないと思います」と本質を突いた正論を突きつけつつ、第三者による本格的な再調査を行なうことを強く要望しました。

そりゃ、いってみれば、「殺人犯が自分自身の取り調べをやる」のと同じようなもんだからね。
自分たちの重罪を赤木さんらに全て覆いかぶせようとしたことで、彼を非業の死に追い込んだというのに、平然と「胸が痛む」「改ざん二度とあってはならない」などと言いつつ、検察に対しても「安倍官邸の番犬」黒川氏を使ってインチキ同然の捜査をやらせておいて、「事実を徹底的に調査し明らかにした」「捜査当局による捜査も行われた」などと言っているのだから、もう、どう考えてもまともな人間のやることではない
やることなすこと「凶悪犯罪者の言動&行動そのもの」だし、ネット上で大量に湧き起っている「こんな下らないことをやっている場合ではない」「新型コロナに集中しろ」などと繰り返している安倍シンパの工作軍団も、まさしく「凶悪犯罪者の一員」だ。

言ってみれば、今の日本は、私利私欲のためには他人を死に追いやることすらも何とも思わない「凶悪犯罪者」のメンタルを持つ連中が圧倒的に強い権力と影響力を持っており、無垢で善良な日本国民がそんな「凶悪犯罪集団」によって徹底的に蹂躙されているような状態なんだよ。

ここまで、倫理もモラルも徹底的に踏み外した集団が日本政府を乗っ取ってしまっているのですから、そもそも、いくら新型コロナについて議論したところで、真に国民のためになる対策など行なわれるはずがありません
今の日本は、文字通り、「日本を徹底的に破壊しようとしている勢力が(グローバリストが作り上げた”エセ民主主義制度”を通じて)日本を乗っ取ってしまっている」状態であり、この政権をどうにかしない限り、日本国民の破滅と日本国家の壊滅は免れることはできません。

この森友事件に対する、安倍&麻生の態度を見ても、見事なまでに「それ」が露呈しているし、こうした国のトップの姿を見て何とも思わない人がいるのであれば、「究極の愚民化奴隷洗脳」がすでに完成してしまっているとしか言いようがない。
日本国民自身が高い知性と感性・理性を持たない限り、日本の破滅は免れられないし、一人でも多くの人々が、テレビやネット上にはびこっている様々な騒音やノイズに惑わされず、本来持っているはずの危機管理能力を呼び覚ましながら、一つ一つの物事を自身の頭で考え、行動を起こしていくことを願っているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事