【恐怖社会】日本各地で「自粛警察」の活動が活発に!営業を続ける店を張り紙などで脅迫&嫌がらせ!ガラスを割られるなどの器物損壊被害も!

Pocket

どんなにゅーす?

・新型コロナ(COVID-19)の感染拡大に伴い日本全国に外出自粛や休業要請が出ている中、日本各地で様々な事情により営業を続けている店などに対し、張り紙や電話などを通じて脅迫や嫌がらせを行なう活動が活発化している。

・ネット上では、こうした活動を行なっている人間や組織を「自粛警察」と呼称。大日本帝国時代の隣組さながらの、近隣の人間同士がいがみ合い、目を光らせ合う相互監視社会が再燃してきている。

<新型コロナ>忍び寄る「自粛警察」 飲食店に匿名嫌がらせ

~省略~

「安全のために、緊急事態宣言が終わるまでにライブハウスを自粛してください。次発見すれば、警察を呼びます。近所の人」。四月二十六日、東京・高円寺のダイニングバー「いちよん」の看板に張り紙が見つかった。

店主の村田裕昭さん(41)によると、同店は飲食店。都は午後八時までの営業を求めているが、緊急事態宣言を受け四月十日から自主休業した。店内のスペースではこれまで、不定期でライブを開催しており、二十六日は女性歌手のライブを無観客でネット配信した。

ライブハウスは休業要請対象だが、都は同時に複数の演奏者を出演させないことなどを条件に「無観客でオンライン配信用ライブを行うことは問題ない」とする。

「匿名で嫌がらせの張り紙はすべきでない。行き過ぎた非難だと感じる。世知辛い」と村田さん。今後も出演者と相談しながら、無観客でのライブ配信を続けていく考えだ。

ほかにもツイッター上では、都内の大衆酒場が出した「都の要請を遵守し、感染拡大防止に注意しながら営業を継続する」との張り紙に、バツ印や「バカ」などと書き込まれた写真が拡散。「悲しいし許せない」「気の毒な状態」といった同情的意見が上がっている。

近現代史研究者の辻田真佐憲さんは「『自粛警察』といった私的制裁は、地域や家族を守るためと善意でやっている可能性があり、手に負えない。驚くほど陰湿な相互監視社会だ」と指摘。「自分や周囲にも差別が降りかかってくるかもしれないとの想像力を持つしかない」としている。

【東京新聞 2020.5.2.】

政府の自粛要請を後押しすべく、営業を続ける店舗に脅迫&破壊行為を行なう「自粛警察」なる勢力が出現!日本国民に浸透している「奴隷思考」がさらなる多くの悲劇を生み出す!

出典:Twitter(@BLADE_KOU_)

新型コロナの蔓延による政府や自治体からの自粛要請が長期化していきそうな中、日本各地に(ネット上で)「自粛警察」と呼ばれる勢力が出現
生きていくためにやむを得ず営業を続けているお店に対し、脅迫文めいた紙を貼られたり、お店のガラスを割られる被害も発生しているようです。

一体何なんですかこれはぁ~…!!
私たちの日本って、こんなにも陰湿・粘着で薄情な社会だったのでしょうかぁ…!?

人間社会の間に不安や恐怖が渦巻いていくとどうなるのか…まさに、かつての世界大戦時とそっくりのような事態になってきているね。

本来であれば、こういう時こそ、庶民の人たち同士で連携・協力し、みんながコロナ危機をどうにか乗り越えることが出来るように、一致団結して政府にもっと地に足の着いた「国民救済政策」を実行するように声を上げていかないといけないはずなんだけど…。
あろうことか、自分たちを滅ぼそうとしている腐敗したグローバル政府に徹底的にひざまずいては、本来協力するべき地域の人々同士で攻撃・監視し合い、「お前らも俺たち同様に政府に協力し、ひたすら我慢しろ」という方向に走ってしまっているようだ。

それにしても、上の張り紙といい、あまりにもやり口が反社会的で陰湿だし、安倍政権と一心同体のカルト宗教団体なども関わっているのではと疑いたくもなってくる。
いずれにしても、「全員が滅びてでもお上に尽くす」という、恐ろしいまでの「真性奴隷思想」だし、このような思考が蔓延し続ける限り、日本国内でさらなる悲劇が起こるのは確実だろう。

確かに、何だかやり方がカルトチックですし、被害を受けたお店は、言いようのないほどの恐怖心や不安感でノイローゼになってしまうではないでしょうかぁ…。

そもそも「自粛警察」という言い方そのものがあまりよろしくないし、「自粛強制カルト軍団」といった方が適切ではないか。
みはるちゃんの言う通り、嫌がらせを受けた店主がノイローゼになって自殺してもおかしくないし、やってることは社会のモラルやルールを完全に逸脱した凶悪犯罪だ。
改めて、日本国内には、今でも非常に根深く陰湿な「相互監視・密告社会」が根付いていることを感じるし、こうした「真性奴隷思想」が社会の中に蔓延しているからこそ、日本の為政者は徹底的な「税金の無駄遣い」や「国民いじめの政策」をやり放題に出来るという現実をよく知る必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事