【こわぁ】「上海大飯店」で今井尚哉首相補佐官がメディア陣に”本格恫喝”!会食も2日前に急遽決定!「桜疑獄」を報じるマスコミに安倍官邸が最上級の脅し!

Pocket

どんなにゅーす?

・「桜を見る会疑獄」における安倍政権の違法性や数々のウソが確定的になってきている中、先日の上海大飯店での安倍総理とマスコミ関係者との懇談会で、今井尚哉首相補佐官兼秘書官が、マスコミに向けて最上級の恫喝をしていたことが判明。デイリー新潮が報じた。

・デイリー新潮によると、今井補佐官は「NHKの報道はひどい。だから同時配信はだめだと言われる。1万1000円以上じゃなきゃ出来ないとホテルが言ったのを最初に報じたのもNHK。総理番が毎日細かいことを質問する。細かいことまで総理が分かるわけがないのに、袈裟懸けみたいに質問する。あれ、キャップが聞かせているの?」などとあからさまにNHKを恫喝し、その他のマスコミを強くけん制

・今回の会食も2日前に急遽決まったとのことで、安倍官邸が自身の数々の違法行為を闇に葬り去るべく、マスコミ報道を思いのままにコントロールしようとする動きを強めている。

安倍総理と「ニューオータニ」一族はオカルト仲間、「前夜祭」問題を封印

~省略~

連日、野党から追及されている安倍総理に「焦り」があることは間違いないだろう。今月20日、総理の現在の心情がよく分かる会合が催された。

「総理と、記者クラブに属する各メディアの官邸キャップの懇親会は年に2回行われています。今回は2日前になって急に開催が決まりました」(全国紙デスク)

場所は平河町にある上海大飯店。同席した今井尚哉総理秘書官兼補佐官からは恫喝と受け取られかねない発言も飛びだした様子は、まだどこにも報じられていない。その発言とは、次のような具合だ。

「NHKの報道はひどい。だから同時配信はだめだと言われる。1万1000円以上じゃなきゃ出来ないとホテルが言ったのを最初に報じたのもNHK。総理番が毎日細かいことを質問する。細かいことまで総理が分かるわけがないのに、袈裟懸けみたいに質問する。あれ、キャップが聞かせているの?」

あからさまな圧力と言われても仕方ないだろう。だが、前夜祭の明細書が存在しないことをいくら野党が攻め立てようと、メディアが粘り強い報道を続けようとも、その調査にニューオータニが協力する可能性は限りなくゼロに近いといえる。

なぜなら安倍総理とニューオータニは“オカルト”と表現してもおかしくない、謎の団体で古くから結ばれているという奇縁が存在するからだ。

~省略~

【デイリー新潮 2019.11.27.】

出典:Wikipedia

「マスコミ恫喝懇談会in上海大飯店」を欠席したのは毎日新聞のみ!朝日・東京新聞も参加し、今井首相補佐官からの”お説教”を受ける!

欠席したのは毎日新聞だけ! 安倍総理が「キャップ懇」で官邸記者の取り込み成功

「そりゃあボクらも懇意にしている閣僚はいます。でも、編集部がその閣僚をターゲットにしている場合、食事会をセットするなんてありえない。現場の記者が戦っている時に、ノコノコ行けるわけありませんよ。だから首相動静でこれを見た時は、政治記者もここまで落ちぶれたかと思いましたね」

そう週刊誌デスクが呆れるのは、11月20日夜に中華料理屋で開かれた安倍総理と官邸キャップの食事会のことである。

~省略~

いわゆる「キャップ懇」は、全国紙、通信社、NHK、民放の20社弱の内閣記者会加盟社、つまり官邸詰めのキャップによる懇親会で、総理以外に複数の秘書官も参加。その場の発言を報道してはいけない「オフレコ」が決まりとなっている。半年に1度程度の割合で開かれ、前回は5月下旬だった。

「毎回、赤坂の『赤坂飯店』なのですが、今回は空いていなかったらしく、平河町の『上海大飯店』が会場でした。会費制で今回は1人6,000円。『桜の会』騒動に引っかけて、今井尚哉秘書官兼補佐官が『領収書と明細は必要か?』と冗談を飛ばしていました」(出席者)

~省略~

「取材活動の一環」とはいえ、このタイミングでのキャップ懇開催は、安倍総理に絡めとられることに他ならず、メディアの矜持が問われる格好になった。

ところが参加を拒否したのは、毎日新聞ただ一社。同じく政権に批判的な朝日新聞、東京新聞キャップは平然と参加し、当の東京新聞・望月衣塑子記者に「現場が取材で奮闘している最中に一体何をしているのか」とツイートされる始末だ。出席者が明かす。

「さすがに『桜』関連の質問は多く出ましたが、『(夫人の)昭恵が招待したからって何が悪いの?』『野党は選挙弱いんだから、何を言っても説得力がないよ』と安倍総理は悪びれることはなく言いたい放題。酒の席ということもあり、厳しく詰め寄る記者はいませんでした」

もっとも、その毎日も褒められたものではないと、政治部記者は語る。

「毎日キャップは長年政権中枢を担当し、”武闘派”タイプではない。最近、毎日のYouTuber記者が総理に厳しい質問を投げかけてネットで人気になっていることもあり、欠席は、社内の圧力に屈しただけでしょう。朝日のキャップは翌日朝刊で、アリバイ的に署名原稿で安倍総理への批判を展開しましたが、じゃあ『直接総理に言えよ』っていう話。つまり社内の他部署へのポーズでしかないんです」

何しろ、官邸キャップといえば、記者の中ではエース中のエース。将来的には政治部長どころか社長も狙えるポジションである。

~省略~

【日刊サイゾー 2019.11.25.】

(私たちのサイトもいち早く伝えた)「上海大飯店」での安倍総理とマスコミ関係者との食事会以降、見るからにマスコミによる「桜疑獄」の報道が消沈気味になってきたと思ったら、やっぱり!こんな「ふざけた内幕」があったのねっ!!

週刊新潮が、当サイトがいち早く紹介した「ニューオータニと安倍政権との(カルト宗教「慧光塾」を通じた)深い繋がり」を報じたようだけど、今回強く注目したいのは、同誌が報じた「上海大飯店」での安倍一派による”メディア恫喝”の顛末だ。
日刊サイゾーによると、このあからさまな「マスコミ恫喝食事会」を欠席したのは毎日新聞のみとのことで、残念ながら、朝日新聞のみならず東京新聞の官邸キャップも参加してしまったとのことだ。

この「おぞましい食事会」において、今井尚哉首相補佐官兼秘書官は、まずはNHKを”血祭り”にあげたうえで、マスコミ全体に向けて最上級の恫喝を展開。
これに各マスコミが震え上がったことで、急速に「桜疑獄」の報道がトーンダウンしてしまったということのようだ。

週刊誌やネット上や国会においては、折しもこの食事会の前後において、暴力団や半グレ、詐欺勢力の関係者が招待されていた実情や、悪徳マルチ企業・ジャパンライフの会長が総理推薦枠で招待されていたことが話題になり、安倍政権への批判がますます噴出。
さらには、週刊文春が、安倍総理のウソと違法行為を決定づける重要なスクープを報じたけど、いずれも、大手マスコミは、最も重要な情報はネグった上で、「事態の本質」をどうにか逸らすような伝え方に終始
国民の血税が悪徳マルチや暴力団などの利益に注がれていた実情や、安倍総理自身が重大な違法行為を犯していた実態をも、ほとんどまともに伝えていない。

つまり、安倍政権という「巨大犯罪組織」に対して、日本の大手マスコミが揃ってひれ伏しているという、かつてない”危機的事態”が発生しているということだ。

週刊文春のスクープについても、これを大きく伝えているテレビはどこも見当たらないし、まさしく、今井補佐官のこの「最上級の脅し」が効果てきめんだったってわけね!
ほんと、どこまでも根性が腐ってる連中だわっ!!

このままでは、安倍政権という「巨大犯罪組織」がますます増長し、これにより、日本社会が再起不能なまでに壊れきってしまう危険性が高まっている。
検察・警察をも強力に取り込みつつあることで、まさしく「犯罪行為やり放題」の実情になってきているし、今回の「桜疑獄」でも安倍政権が逃げ切ってしまうと、いよいよ日本の法治国家と民主主義は(グローバル資本勢力の”計画通り”に)完全に終わることになるだろう。

Pocket