BTS(防弾少年団)が一連の騒動を謝罪!原爆被害者やユダヤ団体も理解示すも、日本メディアと嫌韓勢力のバッシングは止まらず!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年11月13日、原爆Tシャツを着用したりナチスを想起させるような衣装を着用していたことで、日本を中心に多くの非難が集まっていたBTS(防弾少年団)の事務所が謝罪コメントを発表した。

・BTS側は、これらの騒動に対して「原爆被害者を貶めたりナチスを賛美するような意図は全くなかった」としつつ、一連の行動について配慮が足りなかったことを認めて謝罪事務所の代表が日本原水爆被害者団体協議会(被団協)を訪問し、陳謝をした上で、抗議声明を発表したユダヤ人権団体「サイモンウィーゼンタールセンター(SWC)」にも書簡を送ったことを明らかにした。(ソース

被団協もSWCもこの謝罪を受け入れ和解に応じたものの、日本のメディアや嫌韓集団のバッシングは止まっておらず、これに韓国メディアや反日勢力が応戦する形で、日韓の中傷合戦に発展する状況になっている。

BTS事務所が一連の騒動謝罪、米ユダヤ団体に書簡送る

韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」の所属事務所は13日、過去にメンバーが原爆投下の場面がプリントされたTシャツを着用したり、ナチス親衛隊の記章をあしらった帽子をかぶったりしたことに端を発する一連の騒動について、不快感を与えたとして謝罪を表明した。

事務所が公式SNSアカウント上でコメントを発表し、不快感を与えたとして謝罪した。原爆被害者やナチスの被害者を傷つける意図はなかったと説明。今後は今回の問題を改善するために最善の努力を行うとしている。

ナチス親衛隊(SS)の記章をあしらった帽子をかぶったり、コンサートでナチスを想起させる旗を掲げていたとして同グループを非難した米ユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」に対しても謝罪の書簡を送ったとした。

【Yahoo!ニュース(スポニチアネックス) 2018.11.13.】

加藤浩次 BTSや取り巻きの非常識ぶりに苦言「歴史認識がちゃんとしてないんじゃないの」

日本テレビ系「スッキリ」は14日、韓国の7人組ヒップホップグループ「防弾少年団(BTS)」が13日に行った東京ドーム公演について特集した。

原爆Tシャツやナチス帽の着用について、BTS事務所は正式に謝罪文を発表した。

ただ、MCの加藤浩次(49)は「メンバーだけに限らず、スタッフの方、雑誌のスタッフの方が、これを着せたらっていうことが全く浸透していない。事務所も含めて歴史認識がちゃんとしてないんじゃないのと、ボクはなってしまう」とBTSや取り巻きの非常識ぶりを批判。

「BTSは世界的でしょ。歌で世界平和をつなげていくことをやってほしい」と語った。

~省略~

【livedoorNEWS 2018.11.14.】

坂上忍 BTS騒動「無自覚の罪…知らなかったでは済まされない」

俳優・坂上忍が14日、MCを務めるフジテレビ系「バイキング」に出演。防弾少年団(BTS)の「原爆Tシャツ」「ナチス帽」騒動について「無自覚の罪」と苦言を呈し、無自覚だったことそのものが「罪」だとした。

「おしゃれだからとか、与えられたものを着ただけというのかもしれない」と深く考えずに着用したことを示唆。だが「20歳過ぎてんでしょ?原爆とかナチスのことも『よく知らない』『そんなつもりなかった』が通用するのかな」と疑問を呈した。さらに「知らない罪ってある。知らなかったでは済まされない場面がある。今回がその場面」と“知らなかった”が通用しないとした。

~省略~

【livedoorNEWS(デイリー) 2018.11.14.】

BTSバッシングの異常! BTSの軍事独裁政権 ・管理教育批判の演出を「ナチス礼賛だ」と歪曲攻撃したのはナチ信奉者だった

~省略~

ネット上でも「原爆Tシャツ」以外にもBTSの過去の活動を掘り返し、「原爆写真が背中にプリントされた原爆ブルゾンを着ていた」「ユニセフのイベントに原爆型の看板を持ち込んだ」「MVで東日本大震災の被害者を愚弄していた」「ナチスの制服に似て見える衣装をステージ上や雑誌撮影で着ていた」などと、次々と新しいバッシングが展開されている。

しかし、そのほとんどがデマや無理やりなこじつけによる、言いがかりやイチャモンの類だ。

たとえば、「ユニセフ韓国支部での会見に、原子爆弾をイメージした原爆看板を持ち込んだ」なる内容をネトウヨ系ニュースサイト「Buzz Plus News」が報じたが、これは完全なデマだ。彼らが持っていたのは、原爆でなく「LOVE MYSELF」というロゴの入った飛行船のミニチュアで、会見に先立って同じロゴとメンバーの写真がプリントされた実際の飛行船が飛ばされたこともニュースになっている。そもそも写真を見れば、そのニュースを知らなくとも明らかに飛行船の形をしていて、広島の原爆とも長崎の原爆とは全然形が違う。そのほかも、話にならないようなこじつけや言いがかりのようなものばかりだ。

唯一、ナチス問題については、外形的にはデマとは言えない。しかしこれも、現在広まっている「ナチスをオマージュした」「ナチスを礼賛した」というような情報は、事実と異なる。

問題となっているステージは、2017年9月、K-POPのベテラン歌手ソ・テジのデビュー25周年記念ライブにBTSがゲスト出演し、「Classroom Idea」という曲を披露した際のもので、BTSが「ハーケンクロイツを模した赤い旗を手に、ナチスの制服を模したステージ衣装」でパフォーマンスしたとされている。

しかし、実際のメッセージはナチス礼賛どころか、全体主義を批判した内容だ。「Classroom Idea」は、もともとソ・テジが1994年に発表したもので、BTSはこのソ・テジの曲をカバーしているのだが、軍事独裁政権下で育ったソ・テジが韓国の管理教育を批判したプロテストソングだ。このライブのパフォーマンスで使われた旗に描かれているのは、ハーケンクロイツではなく管理教育を象徴する卒業帽や時計を組み合わせた意匠で、ナチス風の衣装も学校の制服をモチーフにしたもので、批判的な意味合いでそれらは使っている。

しかも、問題になっている旗や制服風衣装は、ソ・テジが90年代のライブで使ったことのあるスタイルで、BTSがほかのステージでこの曲を披露した際は詰襟制服を着崩したスタイルの衣装だ。問題のステージは、ソ・テジの25周年記念ライブへのゲスト出演だったことから、ソ・テジがかつて披露したスタイルをオマージュしたのだろう。もちろんそれらがナチスを想起させるという点は配慮が足りなかったし、詰襟制服を着崩したスタイルのほうが、本来の管理教育批判のメッセージが際立ちふさわしいとも思う。しかしこのライブパフォーマンスで、BTSがオマージュしたのはソ・テジであって、ナチスをオマージュしたわけでも、ましてや礼賛したわけでもない。「Classroom Idea」は前述した通り、徹底した管理教育で若者の心を殺し、画一的な人間につくり変えようとする学校のシステムを批判した曲だ。それは時代は変われど、BTSがそれまでのキャリアを通じてファンに向けて発信してきたメッセージと共通するもので、BTSが「Classroom Idea」をカヴァーし、またソ・テジの25周年ライブでソ・テジと共に同曲を演奏した意義はそこにある。彼らがナチス的思想を批判する姿勢をもっているのは明らかだろう。

~省略~

【リテラ 2018.11.13.】

BTSが一連の騒動を謝罪、原爆被害者団体もSWCもこれを受け入れるも、「日韓分断」を煽るカルト系勢力がこれをネタに大盛り上がり!早速デマや捏造も出回り、BTS叩きを全開に!

出典:BTS JAPAN OFFICIAL FAN CLUB

BTS(防弾少年団)の事務所が一連の騒動を謝罪し、これに対して原爆被害者団体もユダヤ人権団体もこれを受け入れ、理解を示したことが伝えられています。
これにて、一通り事態が収束に向かおうかというところなのですが…嫌韓系のカルト宗教勢力がこれをネタに今でも大盛り上がりしており、ここに韓国の反日勢力も応じる形で、ますます泥沼の「中傷合戦」が繰り広げられている状況になっていますね。

確かに、BTSのTシャツや衣装の問題は、明らかに配慮が足りない部分があったかと思うけど、その一方で、問題の衣装を着用したライブパフォーマンスでは、全体主義や画一的な教育制度を批判する内容の楽曲を歌ったみたいだし、こうしたメッセージそのものは賛同できる部分が多くあるね。
それに、実際に原爆被害者団体のところに訪問して直接謝罪を行なったとのことだし、詳しく綴られた謝罪文の内容を見ても、今回は「大人の対応」で丸く収めていいのではないだろうか
(少なからず、近年の日本の安倍政権の政治家よりは、よほど丁寧な説明をしているように思うけどね。)

事実、こうしたBTS側の真摯な対応に対して、原爆被害者団体もユダヤ人権団体も理解を示して、わだかまりを水に流そうとしているのだから、彼らと関係のない嫌韓カルト勢力やこれらの影響を受けた情報弱者が、(ストレス発散さながらに)今でも外野で勝手に大騒ぎしてBTS叩きに躍起になっている現状には、全く呆れるというほかない。

しかも、ネット上での安田純平さんバッシングの過熱化と同じように、今回も日本のマスコミにおいて、有名芸能人が表面的な情報を元にしたBTS批判を展開しており、これがますます日韓関係の悪化と分断を加速させている側面が見られますね。

坂上忍氏が「知らない罪っていうのがある。知らなかったでは済まされない場面がある。今回がその場面だ」なんて言ってるけど、まあよく言うよね。
彼ら有名芸能人も含めて、日本国民こそ、「無自覚ゆえに多くの人々を不幸に追いやっている側面」があるのを知るべきだし、その「罪の重さ」BTSがこれらのファッションを着用したことよりも、よほど大きな実害を生み出していると思うけどね。

つまり、自分たちが進んで選んだ為政者による悪政によって、より多くの人々を貧困やブラック労働や過労自殺などに追いやり、さらには戦争ビジネス資本に多くの利益誘導を行なっていることで、国外でも多くの「悲劇」を生み出しているという現実を知らないということだ。

本当に、あまりにも無知で不勉強な有名人が、公共の電波を通じて本質を見誤った上での「安易な大衆迎合」や、ネット上の歪んだ世論を喚起する動きが近年ますます目立ってきていますね。
こうした番組が氾濫してきているのも、水面下で日韓関係を意図的に悪化させようとするグローバル軍産資本がテレビ局(電通)を通じて力をかけていることが考えられます。

同じ傾向が韓国国内でも見られるし、とにかく、一般の人々はこうした軍産資本の影響を受けているマスコミによる世論誘導に安易に引っかからないことが大切だ。
近年は、日本のテレビ局が、軍産系カルト宗教の組織的な「電凸攻撃」に怯えてこれらに忖度する動きも目立ってきているし、とにかく、こうした様々な思惑をはらんだ1%の世論誘導には十分に注意をすることが必要だね。

外野から大騒ぎしながらBTSを叩いているのが、核兵器やナチスを礼賛する思想(優生思想)を持つ長州礼賛カルト勢力というのも非常に歪んでいますし、私たちは、「物事の本質」を見失わないようにしながら、社会に蔓延している様々なノイズや雑音に対して悪い影響を受けないようにしたいものです。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。