■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ズレてる】小池都知事が、満を持して「ウィズコロナ東京かるた」の新作を発表!→ネット「なぜ、日本の行政は、国民を動員しようとする時にカルタを作ってしまうのか?」

【ズレてる】小池都知事が、満を持して「ウィズコロナ東京かるた」の新作を発表!→ネット「なぜ、日本の行政は、国民を動員しようとする時にカルタを作ってしまうのか?」
Pocket

どんなにゅーす?

・2020年12月11日、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化しつつある東京都の小池知事が記者会見を開き、「ウィズコロナ東京かるた」の新作を発表。正月にちなんで「お・も・ち」の3つを紹介し、「ホームページから印刷できますので、ご家族で考えながら、学びながら、楽しみながら、確認していただきたいと存じます」と呼びかけた。

・ネット上では、こうした小池都知事の「かるたの作成」を通じたコロナ対策について、批判の声が続出「なぜ、日本の行政は、国民を動員しようとする時にカルタを作ってしまうのか?」と疑問を呈するツイートに多くの共感の声が寄せられている。

小池知事が市川海老蔵と対談「家庭の様子を聞いた」

~省略~

この日、東京都の新型コロナウイルス新規感染者数は過去2番目に多い595人。65歳以上は前日10日を上回る107人で過去最多となった。同知事は会見で感染予防策のポイントをまとめた「ウィズコロナ東京かるた」を新たに発表した。5月に作った「コロナ対策東京かるた」の改訂版。正月に向けて「お・も・ち」を紹介。(お)オンライン 三密なしで 親密に(も)もしもしと 電話一つで 心がつながる(ち)注意しよう 家庭内での 感染対策。「ホームページから印刷できますので、ご家族で考えながら、学びながら、楽しみながら、確認していただきたいと存じます」と徹底を呼びかけた。

~省略~

【日刊スポーツ 2020.12.11.】

麻木久仁子 流行語大賞がそんなに嬉しかったのか…「ウィズコロナ東京かるた」に

タレントの麻木久仁子が12日、ツイッターに新規投稿。東京都が「ウィズコロナ東京かるた」として五十音順でカルタ風に感染対策を呼びかけたことに疑問を呈した。

麻木は「こんなのばっか。流行語大賞がそんなに嬉しかったのか」と投稿した。小池百合子都知事は「3密」で流行語大賞を受賞している。別の投稿で麻木は「都民が、やがてくる、その判断を下す日まで。忘れずに覚えておこう」とも。

~省略~

【livedoorNEWS(デイリー) 2020.12.12.】

「ウィズコロナ東京かるた」で感染予防策を徹底しよう!

新型コロナウイルス感染症の感染予防策を改めて徹底していただくため、「ウィズコロナ東京かるた」を作成しました。

「普及啓発ポスター」もしくは「かるた」として活用いただくことで感染予防策の徹底にお役立てください。

※「ウィズコロナ東京かるた」は、データをダウンロードして印刷し、はさみなどで切り離してご利用ください。

【東京都 2020.12.11.】

日本の為政者の思考・精神性は大日本帝国時と変わっておらず!?この「国難時」のさ中に小池知事が「コロナかるた」の新作を発表!

東京都のコロナ感染者が危機的状況に陥っている中で、一体何をやってるのよっ!?
「かるたの新作」なんて作ってる暇とお金があったら、もっと現実的で実効性のある対策を行ないなさいよっ!

ほんと、考えることややることがズレまくってるし、「なぜ、日本の行政は、国民を動員しようとする時にカルタを作ってしまうのか?」とは、確かにいえてるね。
過去の世界大戦も今のコロナ危機も、1%のグローバル支配層による「世界のグレートリセット」のために行なわれている「破壊と創造」の一環だし、世界大戦とコロナ危機は多くの部分で共通点があるといえそうだ。

そして、日本の為政者は、大日本帝国時代と多くの部分で全く変わっていないことも、現在のコロナ危機を通じて大きく露呈している。
いずれも、民衆の命や健康を本気で守ろうとはせず、自分たちの利益の追求や世界を支配している資本家たち(国際銀行家やそれらと密接につながる多国籍企業や軍産複合体)の利益誘導ばかりを繰り返してきており、ここまで危機的な状況に見舞われている現在においても、本格的な国民の保護や救済を行なおうとはせず、その大部分を国民に丸投げしているような状態だ。

だからこそ、こんな”子供騙し”のかるたなんかを作って、個人個人が徹底したコロナ防御策を行なうように呼び掛けているわけで、今も昔も国民に忍耐や我慢をひたすら強いているってわけね!

過去の世界大戦もコロナ危機も、民衆の財産や生命を搾取し続けてきたグローバル支配層にとっては(さらなる民衆への統制と搾取を行なう上で)非常に都合がいい「カオス」であり、これらの世界的な”戦争”を通じて民衆が完全なる「奴隷・ロボット」にされてしまうのか否かは、民衆一人一人の意識や行動にかかっているといえる。
今の日本の悪政や腐敗の横行も、世界の情勢や政治とも密接に繋がっていることに気がつく必要があるし、ボクたち国民が、今よりもグローバルで俯瞰的な視点を持つようになっては「なぜ日本は、『国民最優先の政治』が一向に実現せず、ここまで衰退・劣化の道を突き進んでしまっているのか」について、よりよく考えていく必要があるのではないだろうか。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事