【優生思想】杉田水脈議員「LGBTは子供を作らない、生産性がない」税金を使った支援を批判!→ネット「あんたに税金で給料払う方がよほど生産性なし」

Pocket

どんなにゅーす?

BBCによる伊藤詩織さんに関するドキュメンタリーでの発言が世界で批判を浴びている、自民党の杉田水脈議員が、「新潮45」で述べたLGBTに関する発言にさらなる批判が噴出している。

・杉田議員は、税金を投じたLGBT支援に対し、「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」と強く疑問視

・これに対して、立憲民主党の尾辻かな子議員が「LGBTも納税者であることは指摘しておきたい。当たり前のことだが、すべての人は生きていること、その事自体に価値がある」と指摘し、多くの賛同を得るなど、杉田議員の危険な「優生学思想」に警鐘を鳴らす声が相次いでいる。

杉田水脈議員の優生思想「LGBTは『生産性』がないので税金を使って支援する必要はない」

問題となったのは、杉田水脈議員が「新潮45」(新潮社)2018年8月号に寄稿した「「LGBT」支援の度が過ぎる」というコラム。

コラムの冒頭で、まず杉田水脈議員は、LGBTに関する報道の量を疑問視。朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、産経新聞といった新聞を比較すると、朝日や毎日といったリベラル寄りの新聞の方がLGBTを扱った報道の量が多いことを指摘したうえで、<朝日新聞や毎日新聞といったリベラルなメディアは「LGBT」の権利を認め、彼らを支援する動きを報道することが好きなようですが、違和感を覚えざるをえません>と主張する。

お決まりの「朝日新聞叩き」に「またか」といった感じだが、続けて杉田議員は、<リベラルなメディアは「生きづらさ」を社会制度のせいにして、その解消をうたいますが、そもそも世の中は生きづらく、理不尽なものです>とした。つまり、たとえLGBTの人たちが「生きづらさ」を抱えていたとしても、そこに社会制度の不備などの要因は関係なく、自分自身や周囲の人間のせいだと言うのだ。

そして、杉田議員は<「生きづらさ」を行政が解決してあげることが悪いとは言いません。しかし、行政が動くということは税金を使うということです>と綴る。そもそも、<解決してあげる>という認識自体が疑問だ。社会のなかにある問題点を炙り出し、是正や解決のために奔走するのが行政の最低限の仕事であるはず。それがなぜ「愚民に対して施しをしてやる」とでも言わんばかりの上から目線になるのか。それはともかく、先のような前置きをしたうえで、彼女はこんなグロテスクな言説を投げかけた。

<例えば、子育て支援や子供ができないカップルへの不妊治療に税金を使うのであれば、少子化対策のためにお金を使うという大義名分があります。しかし、LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり「生産性」がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか>

これに対し、立憲民主党所属でLGBT政策情報センター代表理事なども務める尾辻かな子衆議院議員はツイッターで<LGBTも納税者であることは指摘しておきたい。当たり前のことだが、すべての人は生きていること、その事自体に価値がある>と発言。また、早稲田大学人間科学部教授の森岡正博氏もツイッターで<杉田水脈衆議院議員の、LGBTカップルは「生産性」がないから税金を投入する必要が疑わしいとの発言は、相模原障がい者施設殺傷事件を起こした容疑者の持っていた「優生思想」へと続く道であり、政治家が行なってはならない発言だ>と指摘した。

【wezzy 2018.7.20.】

伊藤詩織さんに対する「女としての落ち度があった」発言が世界から批判を浴びている安倍シンパ・杉田水脈議員が、またも超ド級のヘイト発言で大炎上!

出典:Twitter(@miosugita)

 

英国BBCによる伊藤詩織さんを題材にしたドキュメンタリー「日本の秘められた恥」の中で放った発言が世界中から批判を浴びている自民・杉田水脈議員ですが、今度はLGBTに関するヘイト発言に批判が殺到しています。
上のツイッターでは、実際に同じ内容を発言している映像が紹介されていますが、まさに戦慄を覚えるような言葉を平然と繰り返していることに驚かされますね…。

正直言って、ツイッターのデザインの趣味から彼女自身から発せられているオーラまで、彼女に関するありとあらゆるものが、まるで何か”おぞましきもの”に憑依されているかのようなえもいわれぬ”嫌な臭い”を発しており、ボク自身彼女のツイッターにアクセスすることすら(よほど気を強く持っていないと脳内がみるみる犯されてしまいそうで)とても嫌な状況なんだけど…今回あまりに酷い発言なので、渋々取り上げさせてもらうことにした。

BBCの「詩織さん特集」においても、「”日本の恥”代表」として、世界に多大な”負の衝撃”を与えては、これでもかというほどに日本の品格とイメージを貶めてくれたけど、もはや、LGBTの人々のことを「(子どもを産まないから)生産性がない」と言いつつ、税金を使った支援を批判している彼女自身が、最も国民の貴重な税金を投じて歳費(給料)を支払う価値が全くないことに気がついていない時点で終わっている。

社会に甚大な害悪をもたらす差別やヘイト(優生学思想)をまきちらす人間を「国会議員」として国民が支えていること自体「生産性が全くない」どころか、むしろ「深刻な損害」を発生させている状況だぞ。

そのような実情を全く理解せず、自分自身が「国会議員」として日本の社会や政治にとって必要な存在だと勘違いしている時点で終わっていますし、彼女が国会議員としてのさばり続ける限り、世界における日本の評価は再起不能なまでに失墜し、日本社会そのものも、ますます混沌とし、憎しみや差別が蔓延するディストピアと化していくことでしょう。

尾辻議員やネットユーザーも指摘しているけど、「子どもを産むかどうか」などの、単純な物差しや生産性だけで「人間の価値」というものは決まるものではないし、杉田議員のような「優生学思想」がもたらす先にあるのは、人間そのものが「ロボット」同様の扱いを受けては、「権力にとって有益か無益か」だけが「人としての全ての判断基準」とされてしまう、現行憲法で保障されている人権社会とは最もかけ離れた恐ろしい世界だ。

そして、このような「人間(国民)をモノして扱う」思想を平然と公に展開している国会議員が絶大な権力を得ている現実に、もっと客観的な危機感を持つ必要がありそうだね。

Pocket

 

おススメ記事&広告