オウム事件7人の死刑執行に対し、EUなどの国際組織が批判声明!日本国内でも死刑を「ショー化」して報じるフジテレビなどに怒りの声が殺到!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年7月6日、麻原彰晃(松本智津夫)死刑囚をはじめとしたオウム事件の幹部7人の死刑が執行されたことを受け、EUや国際人権団体が日本政府に対し「死刑は残忍で冷酷であり、犯罪抑止効果がない」などとして、死刑を批判する声明を発表した。

・また、日本国内でも、死刑執行をリアルタイムで報じながら、死刑囚の顔写真に「執行」などと書かれたシールを次々と貼っていくフジテレビの演出などに対し、「気持ち悪い」「まるで面白がっているよう」などの強い不快感を感じる国民が続出。改めて、近年の日本国内における「命」を扱う事案に対するモラルを問う事態になっている。

松本死刑囚ら7人の刑執行、EUが反対声明

EUの駐日代表部やEU加盟国の駐日大使らが出した共同声明では、地下鉄サリン事件が日本にとって特殊な事件であり、テロ行為を断じて非難するとしていますが、事件の重大性にかかわらず死刑の執行には明白に反対し、死刑制度の廃止を目指すとしています。その理由として、死刑は残忍で冷酷であり、犯罪抑止効果がないとしていて、司法判断に誤りがあっても極刑は不可逆的だとしています。
そのうえで、改めて日本政府に対し、死刑を廃止することを視野に執行停止を呼びかけるとしています。

【TBS News 2018.7.6.】

EU
日本に死刑の執行停止求める

国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(本部ロンドン)も6日、「司法当局には説明責任だけでなく、すべての人権を尊重することが求められているが、死刑は究極の人権の否定である」と非難した。

【毎日新聞 2018.7.6.】

日本における死刑執行について

私たちは、この忌まわしい犯罪の被害に遭われた方々や犠牲者のご家族の方々の気持ちに寄り添いたい。その途轍もない苦しみが忘れ去られることは決してない。

他方、この犯罪がいかに重いものであろうとも、死刑を非人道的かつ残酷な刑罰として否定するというドイツ政府の原則的立場は変わらない。従って、ドイツは今後もEU各国とともに、世界における死刑制度廃止に向け積極的に取組んでいく。

【ドイツ外務省 2018.7.6.】

死刑囚写真に次々「執行」シール TV演出に疑問の声も

当初はどの局も松本死刑囚の執行を中心に伝えていたが、午前9時を過ぎると他の死刑囚にも執行予定があることを報じ始める。

「執行が次々と始まっています」(フジテレビ)、「松本死刑囚以外に5人以上の死刑が執行される見通し」(日テレ)、「きょう松本死刑囚を含む7人の死刑を執行する予定であることが関係者への取材で分かりました」(NHK)。フジは「井上死刑囚の死刑執行」「早川死刑囚の死刑執行」などと情報が入るたびに、赤地に白抜きのテロップを次々に表示した。

取材で得た執行の情報を逐一伝えていく報道に対し、ツイッター上では、「7人もの死刑執行を予告し、TVで順次、執行状況を報道するなんてやっぱり異常事態だよな」「こんな死刑執行の報じられかた、初めてじゃないですか?」などと驚きの声が上がった。中島岳志・東京工業大教授(日本思想史)は正午前、ツイッターに「いま行われているのは、死刑のショー化・見世物化に他ならない。執行場面だけが不可視化された公開処刑だ」と書き込んだ。

番組内での演出にも注目が集まった。フジは事件に関わった死刑囚の顔写真が並んだパネルを示し、執行が済んだ死刑囚の写真の上に「執行」のシールを貼るなどして状況を説明した。同じく死刑囚の顔写真一覧を表示したテレ朝も、執行が予定される死刑囚の顔写真に「手続き中」の文字を添えて時々の最新情報を伝えた。

こうした演出手法に対しては、「死刑囚の写真に『執行』と書いたシールが貼られていく…ものすごくきもちわるい」「まるで死刑執行をおもしろがっているよう」「選挙の『当選出ました!』っていう赤い花貼ってくの思い出した」などと疑問視する声も多く投稿された。

【livedoorNEWS(朝日新聞) 2018.7.6.】

死刑制度に賛同する国民が圧倒的に多い日本国民からも、フジテレビの演出には強い不快感と嫌悪感が相次ぐ!

出典:Yahoo!ニュース(FNN)

予想通りと言うべきか、オウム事件の死刑囚7人が次々に死刑執行されたことが、世界のメディアでも大きく報道されて、EUをはじめとした欧州各国や国際人権団体から、日本の死刑執行を批判する声明が発表されたわ。
そして、これに加えて日本国内では、フジテレビがまるで「処刑ショー」のごとく、死刑が執行されるたびに顔写真の横にシールを次々貼り付ける”演出”が多くの国民の強い不快感を呼んで、怒りや苦情の声が殺到しているみたいね。

(欧米が主導する)国際社会においては死刑制度の完全なる廃止に向かって大きく進んでいるものの、世界で唯一と言っていいほどに実に多くの国民(8割以上)が死刑制度を強く支持しているという、非常に特殊な状況に置かれている日本だけど、そんな日本国民からも「この演出」にここまで強い嫌悪感を伴った声が上がっているということで、いかにフジテレビの演出が非常に野蛮でグロテスクなものだったかということだね。

ボク自身は現行の死刑制度にかなり強い疑問を持っている立場だけど、ここまで多くの日本国民が(国民性や精神性、宗教観などによって)死刑制度を強く望んでいる以上、そこまで彼らを強く批判し、「死刑は絶対に廃止すべきだ」とことさらに主張するつもりは今のところは無い。

しかし、現代社会がここまで「グローバル化」が進んでいる中、海の向こうの(欧米社会の)価値観や宗教観、さらには文化や民族などが流入しようとする動きを強引に遮断しない限り、国外との大きな摩擦や対立、孤立化を招いていかないためにも、国際社会ともある程度の折り合いを付け、適度な距離感と関係を保っておくことも時として必要となるだろう。

だからこそ、現行の死刑制度を維持するのであれば、出来る限り、事を荒立てないように気を遣いながら、十分な配慮と検討を重ねた上で執行手続きと慎重な公表を徹底させる必要があるのよね。
それなのに、今回の安倍政権の動きは、あえてセンセーショナルに死刑を執行しては、マスコミもこれに呼応するように、信じられないような前代未聞の「処刑ショー」の演出に走ってしまったわけだし…そういう意味でも、やっぱり今回の一連の動きは、あまりに妙で不可解な部分がつきまとっているわね。

そもそも、現代になってもなお、このオウムの一連の事件については依然多くの謎が残されている状態で、赤報隊事件同様に、オウムにも統一教会の存在が深く絡んでいた可能性が大きいことが浮かび上がってきているものの、これをマスコミが全くといっていいほど(意図的に)報じてこなかったのが実情だ。

発生から幹部の死刑執行まで、終始、謎と不可解に包まれてきたオウム事件だけど…ここまで、安倍政権がオウム事件の幹部の死刑を「ショー化」させ、ある意味で「儀式的な扱い」を行なった”背景”について、そして、安倍政権の手によって、麻原らオウムの幹部が処刑された意味合いについても、今後様々な視点で考えていく必要があるのかもしれないね。

おススメ記事&広告

 
Pocket