【前代未聞】麻原彰晃(松本智津夫)死刑囚らオウム事件7人の死刑がついに執行!マスコミはリアルタイムで進行状況を中継する異常事態!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年7月6日、1995年に発生した地下鉄サリン事件など、社会を震撼させる無差別テロ事件を引き起こした、オウム真理教の麻原彰晃(松本智津夫)死刑囚らオウム事件7人の死刑が執行された。

大手マスコミは、死刑執行の情報を朝から流し、順番に死刑が執行される状況を逐一報道。この前代未聞の事態に対し、ネット上では違和感を恐怖を感じる国民も続出しており、前例がないような安倍政権の強権性・異様性を映し出す展開となっている。

松本智津夫死刑囚らの刑執行…オウム真理教事件まとめ

法務省は6日午前、1989年の坂本堤弁護士一家殺害や94~95年の松本、地下鉄両サリンなど一連のオウム真理教事件で殺人罪などに問われ、死刑が確定した教祖の麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚(63)(東京拘置所)ら教団元幹部の死刑囚7人の刑を執行しました。オウム事件のこれまでをまとめます。

~省略~

遺族「その時が来た」

日本の犯罪史上、例のない無差別テロ事件の首謀者ら7人に対する死刑が6日、執行された。29人の死者と6500人以上の負傷者を出したオウム真理教による一連の事件。弟子たちを次々と凶悪犯罪に走らせ、刑確定から約12年が経過した教祖の松本智津夫死刑囚(63)は最後まで具体的動機を語らなかった。「一つの区切り」「事件が闇に葬られた」。被害者遺族や事件を知る人たちの胸には様々な思いが交錯する。

「松本死刑囚の刑執行は当然。順次、執行されるとは思っていたが、その時が来たな、と思った」

1995年3月の地下鉄サリン事件で、営団地下鉄(現・東京メトロ)霞ヶ関駅助役だった夫の一正さん(当時50歳)が犠牲となった高橋シズヱさん(71)は6日午前11時過ぎ、東京・霞が関で開いた記者会見で、松本死刑囚の刑執行の一報を聞いた際の気持ちを、そう語った。

上川法相「無差別テロ、世界にも衝撃」

上川法相は6日午後1時過ぎ、記者会見を行い、一連の犯行について「二度と起きてはならない極めて凶悪重大」と断罪した。主な発言は以下の通り。

これらの犯行は、松本がオウム真理教を設立し、その勢力を拡大し、さらには救済の名の下に日本を支配して、自ら王となることまでも空想し、小銃製造、サリン、VXの製造といった武装化を進め、そのなかでその妨げとなるとみなした者を教団の内外を問わず敵対視し、身勝手な教義の解釈の下に命を奪っても排斥しようとして殺人、殺人未遂に及び、一部の者には教団で製造した化学兵器やVXを用い、さらにサリンを用いて2度にわたり不特定多数の者に対する無差別テロに及んだ。

これらの長期間にわたる一連の犯行は組織的、計画的に敢行され、過去に例を見ない、今後二度と起きてはならない極めて凶悪重大なものであり、我が国のみならず諸外国も極度の恐怖に陥れ、社会を震撼させた。

【読売新聞 2018.7.6.】

大手マスコミは前代未聞の「7人の死刑執行」を”リアルタイム報道”!執行が行なわれた”タイミング”についても様々な内情を疑う声

↓麻原死刑囚らの死刑執行が行なわれた刑場を紹介する報道も…

出典:日テレNEWS24

ついに、オウム事件の主犯格7人、松本智津夫死刑囚らの死刑が執行されました。
ネット上では、前代未聞といえる、順番に7人の死刑が行なわれる中でマスコミが展開した「リアルタイム報道」が取り沙汰されており、多くの違和感や恐怖感、嫌悪感を訴える意見が続出しています。

通常、死刑執行が行なわれた際には、世界的に死刑制度に否定的な見方が進んでいる実情を鑑みつつ、特段の配慮を行ないながら、刑を執行した後に淡々と発表するのが普通だったはずだけど、テレビの話題を一気に占拠しつつ、センセーションに死刑の様子を報道しているというのは、ボク自身も「一体どうなっているんだこれは?」という印象しか出てこない。

確かに、ネットの人々が指摘しているように、「死刑執行」そのものを、マスコミが盛り上げて報道する”ネタ”として扱っているように思えてならないし、この執行のタイミングというのは、カジノ法案水道民営化法案の採決隠しというよりも、水面下で「安倍3選」の布石が整ったところで、その復権しつつある「安倍政権の権力」を国内外に強く見せつけるパフォーマンスの意味合いがあるのではと見ているよ。

死刑執行をもネタとして、自身の政権基盤強化に利用してしまう安倍政権、本当に恐ろしいですね…。
もちろん、多くの尊い命が奪われた未曾有の無差別テロ事件などを引き起こしたオウム真理教の幹部らの社会的責任は計り知れないほど重いのは言うまでもありませんが、それと今回の死刑執行の内容などは全くの別問題ですし、この死刑を「一大イベント」のごとく報じている日本のマスコミと、これを先導している安倍政権は、やはり「異常」という言葉しか出てきません

上のように、松本死刑囚の死刑執行が行なわれた刑場内部の様子すらもが報道されているけど、日本の死刑制度は絞首刑(首つり)が採用されており、一部の話によると、執行された後の遺体の姿も、見るに堪えないほどに非常に惨たらしいらしい。

ボク個人は(様々な側面から)死刑制度に反対する考えを持っているけど、現状の日本国民は8割以上が死刑制度に賛成しているとのデータがあり、この記事によると、むしろ以前よりも近年の方が賛成論者が増えているとのこと。
一方で、海外の事情を見てみると、現在世界で死刑制度が廃止・停止されているのは先進国を筆頭に139か国に上っており、一方で、今でも死刑が行なわれているのは世界の1割程度とのこと。

この現状を見ても、今回の7人同時死刑執行とマスコミの報じ方が、いかに国際的に見ても”異質さ”を放っているのかがよく分かるかと思うけど、現在でも、現行の死刑制度そのものに大多数が強く賛成している日本国民の一種独特な精神性や宗教観などについても、客観的な視点で一考してみる価値はあるんじゃないかな?

何故このような不思議な「逆転現象」が起こってしまっているのについても、様々な視点で慎重に分析する必要があるかもしれませんが、死刑制度が積極的に推進されている国というのは、一般的に、独裁的・軍国的・全体主義的な社会性を持つ国家が多いという側面は認識する必要はあるかもしれませんね。

このように、国際的な風潮に大きく逆行する形でオウム事件の主犯による死刑が執行されましたが、これも、近年急速に進みつつある、日本の国際的な孤立化や民主主義制度の劣化・破壊などとも決して無関係ではないのかもしれません。

そうだね。
そういう意味でも、今後とも安倍政権の”向かっていく先”をより強く警戒する必要がありそうだ。

おススメ記事&広告

 
Pocket