【有害番組】千原せいじらが、「コロナの危険性」を訴えてきた岡田教授を陰湿すぎる人格攻撃!安倍&維新サポ目的のデマ・セクハラまでばら撒く、読売テレビ「あさパラ!」に批判殺到!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年7月11日に放送された読売テレビ「あさパラ!」で、出演者の千原せいじらが、これまで一貫して新型コロナの危険性を訴え続けてきた岡田晴恵白鴎大教授に対して、セクハラまがいの人格攻撃やデマ情報を元にした中傷を展開「宣材写真が誰だか分からん」など徹底的に軽蔑を繰り返した内容に、ネット上で怒りの声が殺到している。

在阪テレビ局の情報番組においては、これまでも、デマや間違った認識による安倍政権サポートや維新政治家への賛美を徹底して展開。これらのミスリードや視聴者洗脳を一部の吉本芸人が率先して行なってきた側面があり、グローバリストとその利益享受者による「愚民化洗脳工作(プロパガンダ)」が激化している実態が浮き彫りになっている。

読売TV『あさパラ!』が岡田晴恵の容姿をからかうセクハラ的バッシング! 千原せいじは「医療崩壊は岡田のせい」とデマ

新型コロナウイルス感染拡大をめぐり、ごく初期からPCR検査の拡充などを訴えてきた岡田晴恵・白鴎大教授。政権からも目をつけられテレビ番組での発言が監視されていたことも明らかになっているが、安倍応援団やネトウヨたちから激しいバッシングを受けてきた。

~省略~

7月11日放送の『あさパラ!』(読売テレビ)で、聞くに耐えないような岡田教授への個人攻撃が繰り広げられたのだ。

~省略~

女性を「ハヤシライス」とモノ扱いし貶めるような不倫が半年の間に2回も発覚し、さすがに東京のの情報番組では大人しくしていたせいじが、いけしゃあしゃあとコメンテーターづらしていることにも驚いたが、もっとひどかったのはその発言内容だ。

2度の不倫騒動でも関西ワイドショーに出演し続ける千原せいじが、岡田晴恵叩き

せいじは、いかにも憎々しげな表情を浮かべながら、こんなことをまくし立て始めた。

「先生、僕すごい不思議なことがあって、コロナのことを、世界中誰も理解してない、『コロナって何なんだ』『コロナって』って言うてるときに、この人テレビに出て『コロナとはあーだこーだ』言って。『対応できる』『こうやってやるんだ』ってしゃべりまくっとったでしょ」

~省略~

この日、同番組に出演し、下劣な岡田攻撃に笑っていた宮沢准教授だってそうだろう。吉村府知事のブレーンでもある宮沢准教授はこの間、「K値」などという理論をもちだし、まるで感染が自然に収束するかのような印象を与えていたが、「K値」の提唱者は感染症の専門家ではなく、「K値」じたいもきちんとした検証はまだされておらず正しいかどうかはわからない。しかも宮沢准教授は4月にコロナについて〈梅雨になれば状況好転の可能性は大いにあります〉〈このウイルスの伝達力は、インフルエンザ並かそれ以下と考えられます〉などと楽観的なツイートしていたが、いまの状況を見てもそんなことが言えるのか。

リンゴが「喋りまくってたというか、この人が言うてたのは、PCRをものすごく推奨してて、最初何言っているか全然わからないんですよ、みんな。でも、それがそうなんやってなってきてから、ちょっとなんか王道感が」といちおう経緯を整理するのだが、せいじは再び雑駁な話に戻し岡田教授を攻撃する。

せいじ「そうなんですけど、なんでこの人だけがコロナのことについて、たとえばPCRがエエとか、そんなの専門家の人なら絶対知ってることやから、他の専門家も言うたらええのに、この人だけがコロナの情報持ってる、みたいな感じで、喋りまくってたから、なんなんや、この人、と思ってたんや」

~省略~

リンゴも「言われたら、そうですけど。この人がやっぱりいちばんコロナに詳しい?」などと同調し、宮沢准教授に投げかける。

すると、宮沢准教授は芸人ばりの大げさな顔芸で「まさか、まさか、まさか」と答えてスタジオを爆笑させ、せいじも、我が意を得たりと「でしょー! 俺、思うてた、この人、怪しいなあて」と一際大きな声で叫ぶ、という具合だ。

~省略~

さらに信じ難いのは、岡田教授の容姿まであげつらい出したことだ。

リンゴ「ある時期からメガネを外されたり、(髪を)巻いたり、ちょっとここ毛を落としたり、ファッション……」
モモコ「急にキレイなった」
リンゴ「まあ、自分でテレビ見たら、素人の方でも『私テレビで見たら太ってるわ』と思ったり、ちょっとやつしたり、やつすというか、ちゃんとしようって」(「やつす」は標準語ではみすぼらしくするという意味だが、大阪弁ではおめかしするという意味)
リンゴ「だからネットでいろいろ言われて、デヴィ夫人がブログで『いい歳をした人が朝からキャバクラ嬢のようなヘアスタイルで出演しています』ていうふうに書かれたり。それに対してもちろん、デヴィ夫人言い過ぎですよっていう意見ももちろんあって」

そして、ナベプロのHPにも掲載されている、宣材写真を指して、「ただ、もう、この写真は誰かわからんなあ」「やっぱり宣材写真やからと思いますけど、照明が当たってるなあ」などと笑い者にするのだ。

~省略~

【リテラ 2020.7.20.】

当初から「新型コロナの危険性」を訴えてきた岡田晴恵教授を、公共の電波を通じてセクハラまがいの人格攻撃!正常な倫理観や思考回路を破壊する「有害洗脳番組」に法的手段を行なうべきとの声!

出典:Twitter(@asapara)

こんなに醜い反社会的な番組が、関西地方で堂々と放送されているなんて…!!
ここまできたら、セクハラどころかいじめに近いような人格攻撃ですし、スタジオで爆笑している連中全てが、倫理観やモラルが完全に退廃してしまってるわっ!!

こんな有害番組を大多数の国民が毎日真剣に観ていたら、間違いなく救いようのないおバカになってしまうし、一般常識どころか、脳内の思考回路までもが完全に破壊されて、最後は人間社会もが崩壊してしまうだろう。
こんなシロモノが何のチェックもないままに一般国民に向けて毎日垂れ流されていること自体が、「日本の重大な危機」だし、こうした番組作りに携わっている出演者やスタッフも、(大きな疑問や強い不快感を感じていないのなら)すでにかなり脳がおかされてしまっているぞ。

それにしても、千原せいじ氏の堕落と劣化は本当にすごい。
岡田教授といえば、誰よりもいち早く新型コロナの危険性を唱えてきた、数少ない良心的な専門家の一人であり、メディアに積極的に出ながらも日本社会に貢献してきた希少な人物だけど、そんな彼女への人格攻撃に明け暮れていると思えば、これまで徹底した弱者支援の政治活動を行なってきた山本太郎氏叩きに邁進したりと、せいじ氏は日頃より「日本の破壊活動(庶民を死に追い込む活動)」に本当に余念がない
つまりは、芸人としての本業が今一つ振るわない中で、「新たな働き口(安倍サポ&維新サポ工作員)」を見つけたということだし、今の日本は、弱い者いじめに励んだり、国民騙しの悪質なデマをばら撒くことで「安定した仕事と給料」を得ている連中が大勢いる

これというのも、日本において「強いもの(富めるもの)はより強く、弱いもの(貧しいもの)はより弱く」のグローバリズムが強力に推進されているからこそ、こうした「弱い者いじめ業」が稼げる仕事になっているわけであり、このような悪徳有害番組も(グローバル権力層から)お墨付きと太鼓判を得られているというわけだ。

もぉ、何から何までもが狂ってるし、腐りきってるわっ!!
大多数の人間が「今だけカネだけ自分だけ」になってしまったら、間違いなく人間社会は完全に崩壊してしまうし、こんな調子でいるかぎり、いずれは日本の国家も完全に壊れてなくなってしまうんじゃないかしら!?

グローバリズムとは、まさに「人間社会と倫理感・道徳観の破壊」であり、もっといえば、「人間の脳の破壊(人間らしさの喪失)」でもある。
安倍政権や維新だけでなく、テレビ局や一部の吉本芸人までもが、こうしたグローバリストによる「日本の破壊」に(日銭稼ぎのために)全面的に手を貸している状態だし、こうした現状を見る限り、すでに、1%による日本社会の破壊と愚民化政策は”最終段階”に差し掛かってきたといえそうだね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事