【恐怖国家】昭恵夫人の「私的桜を見る会」、反社会勢力と関わりある人物も参加か!安倍親衛警察幹部「昭恵さんの写真をポストに売った人間が割れたら、すぐに教えろ」!

Pocket

どんなにゅーす?

・新型コロナウイルスの感染深刻化に伴い「自粛要請」が行なわれているさ中に、昭恵夫人が「私的桜を見る会」を開催していたことが判明した中で、安倍官邸と近しい警察幹部が、ある新聞の記者に対し「昭恵さんの写真をポストに売った人間が割れたら、すぐに教えろ」などと圧力をかけていたことが一部メディアで報じられた。

・また、問題の「私的桜を見る会」では、反社会勢力と関わりのある人物が参加していた疑いも浮上しており、安倍総理の「桜を見る会疑獄」と似たような事態になっている上に、”安倍親衛隊”の警察幹部による特高警察さながらの恐ろしい性質が浮かび上がっている。

安倍昭恵夫人、コロナ自粛下で手越祐也らとお花見…反社勢力と関係深い人物も出席か

~省略~

「なんでも、その花見の出席者のなかには、反社会的勢力との関係が噂される人物もいたといいます。『桜を見る会』問題では、昭恵さんが人選した出席者のなかにそうした“グレーな人物”がいたことが批判を浴びましたが、懲りない人ですね……。1月以降、政府が新型コロナ対応に追われて不要不急の外出自粛を求めるなかでも、多くの人が集まるパーティーなどで酔っぱらう昭恵さんの姿も目撃されていますが、まったく反省できいない様子です」(昭恵氏を知る人物)

~省略~

「首相官邸に近い警察幹部から、『昭恵さんの写真をポストに売った人間が割れたら、すぐに教えろ』と言われました。仮に知っていても、我々が話すわけはないですが。例えジョークであっても、異様に感じました。官邸は相当神経質になっているんじゃないですか」(新聞社社会部記者)

昭恵夫人の写真を流した人物が特定されれば、官邸や警察はいったい何をする気なのだろうか。政府にはそれ以外にやることが山積しているはずだ。

【BusinessJournal 2020.3.27.】

”安倍親衛隊”警察幹部が「私的桜を見る会」の写真を流出した人物を徹底捜索か!?夫婦揃って反社会勢力と一心同体の安倍総理と昭恵夫人!

出典:Instagram

昭恵夫人が、あまりにKY過ぎる「私的桜を見る会」を開催していたことが判明しましたが、どうやら、安倍官邸に近しい警察幹部が、週刊ポストが報じた「お花見写真」を流出させた人物を血眼になって追いかけているようです。
この警察幹部は、ある新聞社の記者に対して「昭恵さんの写真をポストに売った人間が割れたら、すぐに教えろ」などとすごんだといいますが、まさに、現在の日本の警察組織が特高警察さながらの「安倍親衛隊」と化している実情を物語るような話です。

今や日本の官僚や警察組織は、「安倍サマ」を守るためなら犯罪をおかすことすらもためらわない上に、一般国民にも容赦なく牙を剥くようにもなってきているね。
まさに、大げさでも何でもなく、日本の国家そのものが暴力団さながらの「巨大犯罪組織」になりかわってきているし、まさに、大日本帝国時代とそっくりの、長州テロリスト一族(田布施ファミリー)の特権が集大成された「アベ帝国」が完成してしまっていると言ってもいいような状態だ。

言うまでもなく、明治維新を通じて樹立された大日本帝国時代も、今の安倍政権も、その背後にはグローバル資本勢力が隠然と控えており、日本国民の富や命を徹底的に”収奪”しては、国民の目に見えないように、これらグローバリストに横流しされるシステムが強固に構築されている内情がある。
安倍総理のおじいさんの岸信介も、CIAらグローバル諜報組織やヤクザ、カルト宗教組織らと密接な関係を作り、強大な権力を維持しながら日本の売国にせっせと勤しんだけど、安倍総理もまたおじいさんと同じような手法をそっくりそのままトレースしている。
そして、日本の国家を完全に私物化しては、同じくカルトや詐欺勢力などの反社会勢力と深く交流、自分たちの”独裁状態”をエンジョイしまくっている昭恵夫人も、そんな安倍総理と同じ穴の狢だし、この二人は日本の憲政史上最悪の「真性国賊夫婦」という他ない。

とにかく、この夫妻が日本国内で強大な権力を維持している限り、日本国民に幸せな生活が待っていることなど、あるはずがありません。
日本の腐敗の原点こそ、明治維新とともに日本にインストールされた、「グローバル特権階級制度」であり、長州閥勢力を中心とした、法を超越した「グローバリスト」を権力層の座から降ろさない限り、日本に真の民主主義がもたらされることはありません

その通りだ。
安倍夫妻こそ、そんな日本に強固に根付いてきた「腐敗システムのシンボル」のような二人だし、一人でも多くの日本国民がグローバリストが強固に作り上げた「奴隷洗脳システム」から脱してもらうことを願っているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事