■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【桜前夜祭】東京地検特捜部が安倍前総理の秘書や支援者を事情聴取!1000人近くの有識者が告発状提出の中で!「安倍氏側が一部費用を負担」していた領収書をホテル側が作成していたことが確定的に!

【桜前夜祭】東京地検特捜部が安倍前総理の秘書や支援者を事情聴取!1000人近くの有識者が告発状提出の中で!「安倍氏側が一部費用を負担」していた領収書をホテル側が作成していたことが確定的に!
Pocket

どんなにゅーす?

・安倍前総理による「桜を見る会前夜祭」をめぐる公選法違反と政治資金規正法違反容疑1000人近くの弁護士などの有識者から告発状が提出されている中、東京地検特捜部が安倍前総理の秘書や支援者から任意で事情聴取していたことが判明した。

・また、安倍前総理は「懇親会のすべての費用は参加者の自己負担で支払われており、事務所や後援会の収支は一切なく政治資金収支報告書に記載する必要はない」「(明細について)ホテル側からの発行はなかった」などと国会で答弁していたものの、「安倍氏側が一部費用を負担」していたことを示す領収書をホテル側が作成していたことが判明安倍前総理の違法行為が確定的になっている中、徹底捜査と刑事事件化を求める声が上がっている。

安倍前首相秘書を聴取 特捜部、桜を見る会問題で

安倍晋三前首相が主催した「桜を見る会」を巡り、前夜に開かれた夕食会で有権者に飲食代を提供したとして、公選法違反(寄付行為)と政治資金規正法違反の疑いで前首相らに対する告発状が出されている問題で、東京地検特捜部が前首相の秘書や地元支援者を任意で事情聴取していたことが23日、関係者への取材で分かった。特捜部は立件の可否を慎重に検討している。
夕食会は2018年4月、東京都内のホテルで開かれ、首相の支援者ら約800人が参加、会費は1人5千円だった。告発状によると、首相と後援会幹部は共謀し、1人当たりの飲食代が少なくとも1万1千円はするのに、5千円ずつしか徴収せず、差額の6千円程度を提供した疑いがあるなどとしている。

~省略~

【東京新聞(共同通信) 2020.11.23.】

“安倍前首相側が一部費用負担”示す領収書などホテル側が作成

「桜を見る会」の前日夜に開催された懇親会について、安倍前総理大臣側が費用の一部を負担していたことを示す領収書や明細書を会場となったホテル側が作成していたことが複数の関係者への取材で新たに分かりました。
懇親会をめぐっては政治資金収支報告書に収支を記載しなかった政治資金規正法違反などの疑いでの告発状が提出されていて、東京地検特捜部は安倍前総理大臣の公設第1秘書らから任意で事情を聴くなどして詳しい経緯の確認を進めているものとみられます。

~省略~

政治資金規正法は、政治団体が会費制の催しを行った場合、その収支を収支報告書に記載することを義務づけていますが、複数の関係者への取材で、安倍前総理大臣側が費用の一部を負担していたことを示す領収書や懇親会の費用の総額などが記された明細書を会場となったホテル側が作成していたことが新たに分かりました。
関係者によりますと、懇親会の費用の総額は参加者から集めた会費を上回り、差額分が補填された可能性があるということです。

~省略~

安倍前総理大臣はこれまで国会などで「懇親会のすべての費用は参加者の自己負担で支払われており、事務所や後援会の収支は一切なく政治資金収支報告書に記載する必要はない」と説明し、明細書についても「事務所に確認したがホテル側からの発行はなかった」と説明していました。
安倍前首相の事務所「コメントを差し控える」
安倍前総理大臣の事務所は23日午後、「先般、刑事告発されたことを受けて説明を求められましたので、捜査に協力し、真摯に(しんし)対応させていただいているところです。なお、詳細については、コメントを差し控えさせていただきます」とするコメントを発表しました。

【NHK NEWS WEB 2020.11.23.】

「仮病の再発」必至!?安倍前総理の違法行為(公選法違反&政治資金規正法違反)や国会での虚偽答弁が特捜の捜査で確定的に!

出典:NHK NEWS WEB

「三度目の総理登板」(?)に向けて最近やたらと表に出るようになってきている安倍前総理に「思わぬ事態」が発生しています。
1000人近くの有識者が告発状を提出した「桜前夜祭疑惑」について、東京地検特捜部が安倍氏の公設第1秘書や地元の支援者らを事情聴取
捜査の中で、安倍氏側が一部費用を負担したことを示す領収書をホテル側が作成していたことが判明したとのことです。

先日のIOCからの金章授与イベントでは、バッハ会長らからちやほやされてすっかり上機嫌になっては、気色悪いポエムを披露したりしてたけど、こりゃ、捜査の進捗によっては「仮病再発→病院逃げ込み」確定かな?
改めて思い出しても、桜疑獄に関する安倍前総理の答弁は、(「募ってはいたが募集はしていない」など)ウソと意味不明発言のオンパレードで、当時の時点で限りなく「クロ」が確定していた状況だったけど、このホテル側が作った領収書が出てきたことで、安倍氏の重大な違法行為が完全に確定したわけだ。

後は、特捜が、安倍前総理本人にも事情聴取を行ない、本格的に刑事事件として立件するかどうかだけど、もちろん、安倍氏側はこの事態を回避するためにあらゆる手段を用いて特捜に最大限の圧力をかけてくるだろう。
まさに、「長州特権階級」と「ジャパンハンドラーにコントロールされている特捜」との戦いであり、要は、安倍前総理がジャパンハンドラーから今でも重宝されているのか、それとも「お払い箱扱い」になっているのかどうかで、全てが決まるといっても過言ではない。
(つまり、菅原一秀前経産相のケースのように「違法行為が確定しても不起訴で捜査終了」というケースも現時点では十分に有り得るってことだ。)

したがって、特捜が本気でこの不正事件を立件する気があるのかどうか(安倍氏の逮捕や起訴があるのかどうか)、今後の進捗をよく見ていく必要がありそうだね。

本格的な「安倍復活」があるのかどうかは、これらの自身の多くの不正疑惑を完全に闇に葬ることが出来るか否かにかかっているといっても言い過ぎではないでしょう。
1000人近くもの有識者が告発状を提出するという「前代未聞の事態」の中、果たして特捜がどこまでやろうとしているのか、今後の展開に要注目ですね!

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事