「公選法違反」菅原一秀前経産相が起訴猶予(不起訴)処分に!東京地検特捜部「悪質性がそこまで高くない&謝罪して反省」→国民からは疑問の声が殺到!

Pocket

どんなにゅーす?

・有権者にメロンやカニなどを配った上に、選挙区内で秘書が香典を渡していた公職選挙法違反の疑いで告発されていた菅原一秀前経産相について、東京地検特捜部は起訴猶予処分(不起訴)を決定した。

・検察側も公選法に違反している疑いが強いことを認めているものの、「法律を無視、または軽視する姿勢が顕著とまでは言い難い」「自ら罪を認めて反省している」などの理由で起訴が見送られたことに対して、国民からは疑問の声が噴出。「おかしい」「すでに法治国家制度が崩壊している」などの声が上がっている。

菅原前経済産業相を起訴猶予 東京地検特捜部

~省略~

菅原前経済産業大臣は、去年10月、選挙区内の有権者にメロンなどの贈答品を贈ったり、秘書が香典を手渡したりしていたなどと報じられ、就任から1か月余りで大臣を辞任しました。

公職選挙法は、政治家がみずから葬儀や通夜に出席する場合を除いて選挙区内の人に香典を渡すことを禁じていて、東京地検特捜部は、公職選挙法違反の疑いで告発状が提出された菅原氏について、本人や関係者から任意で事情を聴くなどして捜査を進めていました。

その結果、特捜部は、菅原氏が去年までの2年間に選挙区内の18人に総額17万5000円相当の枕花を寄付していたほか、みずから弔問せずに選挙区内の9人に合わせて12万5000円の香典を寄付していたことを認定したうえで、起訴猶予にしました。

その理由について、特捜部は「大半のケースは菅原氏がみずから弔問しており、今回の事案は例外と位置づけられ、公職選挙法を無視、または軽視する姿勢が顕著とまでは言い難い。大臣を辞任し、記者会見で事実を認めて謝罪したことも考慮した」などと説明しています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.6.25.】

菅原一秀前経産相の公選法違反に、特捜は「今回は許す」の判断!河井夫妻と対照的な「大甘判断」に、国民から怒りの声が噴出!

一体どういうことなのよっ!?
「ごめんで済んだら警察・検察はいらない」なんていうけど、実際に違法行為をやっていたのに、「今回は反省しているから許す」なんていう理屈が通用するわけ!?

まさに、河井夫妻と対照的なまでの驚きの「大甘判断」となったね。
公選法違反の内容について、そこまで悪質が高くないと判断されたのなら、それに見合った起訴や求刑を行なえばいいわけだし、今回の判断は、今後に「軽微な公選法違反だったらお咎めなし」といった解釈や風潮を生み出しかねない、非常に大きな問題のある判断と言わざるを得ない。

河井夫妻に対しては「夫婦揃っての逮捕」という非常に強行的な動きを見せていた中で、ボク自身、この菅原氏の検察の判断はかなり意外だったんだけど、こうした「大甘対応」の背後に何かの”裏”が潜んでいるのだろうか…?

だって、この文春の記事を読んでも、「裏会費リスト」の存在とか、有権者に対する”買収”が常態化していたことを示す内容が書かれているし、検察自体も違法行為を認めているのに、これをあえて見逃すって、やっぱ絶対におかしいわよっ!

ほんとだよね。
やはり、ついつい、「何かの裏事情」があることを疑いたくなってきてしまうけど、少なからず、今の日本の検察を手放しで信用するのは、(やはり)よしておいた方が良さそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事