■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

安倍前総理の「桜前夜祭疑獄」、検察審査会が「不起訴不当」を議決!→検察が意図的に「手抜き捜査」で不起訴にした疑いが大きく強まる!

安倍前総理の「桜前夜祭疑獄」、検察審査会が「不起訴不当」を議決!→検察が意図的に「手抜き捜査」で不起訴にした疑いが大きく強まる!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年7月30日、安倍前総理による公職選挙法違反や政治資金規正法違反などが問われてきた「桜前夜祭疑獄」について、検察審査会は、東京地検特捜部が安倍氏を不起訴にしたことに対し「十分な捜査が行なわれていなかった」として、「不起訴不当」の議決を公表した。

・これにより、東京地検特捜部は再捜査を行なうことが決定。当初、安倍氏を不当に不起訴にするために、検察によって意図的に「手抜き捜査」が行なわれた疑いが大きく強まっている

安倍前首相「不起訴不当」検察審査会 「桜を見る会」懇親会で

~省略~

「桜を見る会」の前日夜に開かれた懇親会をめぐっては、主催した政治団体「安倍晋三後援会」の代表だった元公設第1秘書が、おととしまでの4年間の政治資金収支報告書に合わせておよそ3000万円の収支を記載しなかったとして、去年12月、政治資金規正法違反の罪で略式起訴され、罰金100万円の略式命令を受けました。

一方、安倍前総理大臣は嫌疑不十分で不起訴になりました。

この問題では、安倍氏側が懇親会の費用の一部を負担したのは有権者への違法な寄付で、公職選挙法に違反する疑いがあるとして安倍氏らが告発されましたが、特捜部は「懇親会の参加者に寄付を受けたという認識があったと認めるだけの証拠は得られなかった」などとして不起訴にしました。

これについて東京の第1検察審査会は安倍氏と元公設第1秘書について「不起訴は不当だ」と議決し、30日公表しました。

議決の中で、審査会は「一部の参加者の供述だけで参加者全体について寄付を受けた認識がないと判断したのは不十分と言わざるをえない。安倍氏や秘書らの供述だけでなく、メールなどの客観資料も入手したうえで犯意を認定するべきで、不起訴の判断には納得がいかない」と指摘しています。

また、審査会は、実際に費用の一部を負担した安倍氏の資金管理団体の収支報告書に収支の記載がないのは、政治資金規正法に違反する疑いがあるとして安倍氏と団体の会計責任者が告発され、不起訴になったことについても「不起訴不当」と議決しました。

安倍氏については、会計責任者の選任や監督で注意を怠っていた疑いについて捜査すべきだとしています。

一方、元公設第1秘書が略式起訴された政治資金規正法違反の事件については、検察審査会は「不起訴は相当だ」と議決しました。

議決文の最後に審査会は「政治家はもとより総理大臣であった者が秘書がやったことだと言って関知しないという姿勢は国民感情として納得できない。国民の代表者であるという自覚を持ち、清廉潔白な政治活動を行い、疑義が生じた際にはきちんと説明責任を果たすべきだ」と指摘しています。

「不起訴不当」と議決された容疑について、東京地検特捜部は再捜査を行い、改めて、起訴するかどうか判断することになります。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.7.30.】

安倍前総理の「桜前夜祭疑獄」、検察が意図的に「手抜き捜査」を行なったことがほぼ確定的に!→再捜査で検察が再び「不起訴」を決めれば、巨大疑獄事件は永遠に闇の中へ…!

安倍前総理の「桜前夜祭疑獄」について検察が不起訴を決めたことに対し、市民団体などが検察審査会に申し立てを行なっていた中、検察審査会で「不起訴不当」の議決が出されました。
ネット上では、このニュースに喜びの声が多く上がっていますが、実際のところ、事態はあまりよろしくないと見た方がいいでしょう。

今回のニュースについて、(唯一)良かった点は、検察審査会によって、東京地検特捜部が意図的に「手抜き捜査」を行なったことが示されたことで、日本の検察組織がいかにインチキなものなのかがより白日の下に晒されたということだ。
ボクも不起訴の決定が出された当初から、(グローバル資本勢力に強力に庇護されてきた)「長州テロリスト一族」の特権階級の安倍氏に対し、またまた検察が意図的に手抜き捜査を行なって、家宅捜索すら行なわれずに強引に不起訴にされてしまったことを確信していたけど、これがますます公的に強く示されたこと自体は、それなりに大きなことだと思うし、検察審査会は最低限の存在感を示したとも言える。

しかし、本来であれば、検察審査会は、(すでに言い逃れできないほどに強力な証拠が出ている中で)「起訴相当」の議決を出すべきだったし、今回「不起訴不当」の議決が出てしまったことで、再捜査を通じて検察が再び不起訴を決めれば、強制的にこの事件は闇に葬られることとなり、安倍前総理にとっては「やっぱりワタチの潔白が再び証明された!」と、2度目の”ゾンビ復活”に向けて、引き続き準備を進められることになる。

安倍前総理のTwitterを見ても、妙に冷静で余裕をみせているように感じられるのが気になりますし、すでに、検察に再び強い圧力をかけつつ、再度不起訴にするための根回しを進めているのでしょうか。

安倍氏がより強大な権力を維持しているのなら、検察審査会で「不起訴相当」が出ていたはずだし、そういう意味では、安倍氏の「田布施パワー」はいささか弱まってきているようには見える。
しかし、再び検察が不起訴を決めれば、やはり、今もなおジャパンハンドラーは安倍氏を(「まだまだ使えそうな売国政治屋」として)ある程度庇護し続けていると考えるのがいいだろうし、実際のところは、事態はあんまり良くない上に全く予断を許さない状況であるといえそうだ。

やはり、安倍前総理による数々の重大犯罪をきちんと厳しく問うには、政権交代をするほかなさそうですし、今回もまた、検察による「やってるフリパフォーマンス」によって、きちんとした捜査が行なわれないまま、桜疑獄の捜査が強制的に終わってしまう可能性が高そうですね…。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事