【衝撃事実】安倍総理が「『法の支配』の反対語(人の支配)」を答えられず!小西議員の質問に対して「いわば、あーこのー、この海…繁栄の海…」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年3月6日の参院予算委員会において、安倍総理が「法の支配」の反対語(「人の支配」)を答えられないハプニングが発生した。

・立憲会派・小西洋之議員の質問に対して、安倍総理は、ようやく席から立ち上がるとバツが悪そうな笑みを浮かべながら、「いわば、あーこのー、この海…繁栄の海…」などと意味不明な発言に終始。改めて、安倍総理の深刻な反知性ぶりが明らかになった。

安倍首相また国会で赤っ恥「法の支配」の対義語を知らず

また、安倍首相が国会で“無知”と“無教養”をさらし、赤っ恥をかいた。

6日の参院予算委員会。立憲会派の小西洋之参院議員から、「“法の支配”の対義語は何か」と問われ、まったく答えられなかったのだ。

質問された安倍首相は、チンプンカンプンだったのだろう。答えられないから答弁に立てず、しばらく椅子に座ったまま。結局、「まさに、この反対語と言うよりも、法の支配、え、ということを申し上げているのはですね、いわば、あーこのー、この海、、、繁栄の海……」などと、シドロモドロになり、最後まで“法の支配”の対義語は答えられずじまいだった。

作り笑いでごまかしていたが、心臓がバクバクしているのが、外からも明らかだった。

呆れた小西議員が、「“法の支配”の対義語は、憲法を習う大学1年生が初日に習うことですよ。法の支配の対義語は“人の支配”です」と教えていた。

無知をバラされたのがよほど悔しかったのか、小西議員に対し「人格的な批判だ。将来を思えばそういうことは控えられた方がいいのでは」と負け惜しみを口にしていた。

しかし、“法の支配”や“人の支配”といった基礎的な概念さえ知らず、よくも改憲を口にできたものだ。

~省略~

この男にだけは、改憲をさせてはいけない。

【日刊ゲンダイ 2019.3.7.】

↓問題のシーンは58分0秒くらい~。

「法の支配」の反対語が答えられない安倍総理にネットが騒然!長州テロリストの血を受け継いだ「反知性の特権階級」によって、日本は破滅にまっしぐら!

出典:YouTube

「でんでん」「せぇご」などに続き、またしても安倍総理が絶望的な反知性を披露してしまいました。
小西洋之議員が「法の支配の対義語は何ですか?」と安倍総理に質問したところ、安倍総理は、謎の笑みを浮かべながら、「いわば、あーこのー、この海…繁栄の海…」など、意味不明なことを口走り「法の支配」の対義語が「人の支配」であることを知らなかったことが判明しました。

つまり、「法の支配」の意味もほとんど分かっていなかった可能性がありますし、これまでの言動を思い出してみても、法治国家や立憲主義の概念も全く理解していない可能性がありますね。

小西議員にすっかり赤っ恥をかかされてしまった安倍総理は、「人格的な批判だ。将来を思えばそういうことは控えられた方がいいのでは」などと脅迫じみた発言をしたとのことだけど、まったく、つくづく社会性が著しく欠如した幼稚な精神性を持った総理なのを感じるよ。

それに、この前の国会答弁では「私が国家」なんて言い出した上に、「私は立法府の長」と何度も間違った発言を繰り返しているのをみても、やはり「法の支配」の概念をそのもの理解していないことが感じられるし、国会司法の分野にまで不当に自らの権限を濫用してきているのをみても、民主主義の根幹である三権分立そのものも分かっていない可能性がありそうだ。

まったく、信じがたいまでの知能の低さと無知・無教養具合だけど、こんなおバカな人物が日本の総理の椅子に長きにわたって居座っているんだから、そりゃ必然的に日本国内に様々なウソや反知性が蔓延し、社会が荒廃しては衰退・破滅に向かうわけだ。

麻生氏や小泉氏もそうだし、一体どうして、日本の総理大臣は、昔から深刻な無知・無教養・反知性が多いのか?
それは、明治維新以降、日本を背後でコントロールしてきたグローバル資本勢力が、「日本の権力者の反知性化」を推し進めてきたからだ。
当サイトでは、かつて日本に原爆を投下した米トルーマン元大統領による「(日本の)猿をバカに変えて我々が飼い続ける」との発言を紹介したけど、この「猿」というのは、日本の一般国民だけではなく、政治家・官僚なども含まれているだろう。
つまり、日本の政治・経済を自由自在にコントロールしつつ、自分たちを脅かすような国力をつけさせないようにしたいグローバル資本勢力が、日本全体から「真の愛国心」や「知性」を奪い取る戦略を徹底してきたということだ。

明治維新以降、日本の軍拡化や戦争の激化、敗戦による占領などを主導してきたグローバル資本勢力は、日本国内の政治を水面下でコントロールしながら、「売国奴(明治維新を引き起こした長州テロリスト)」の血筋を引く反知性の二世・三世に強い権力を与えつつ国民には、芸能やエンタメなどの”麻薬(3S政策)”を与え、時事・政治への関心を奪い取る戦略を行なってきた。
そうして、多くの国民がやがて選挙に行くことをやめるようになってしまったのを機に、日本国内の政治腐敗が一層進み、これにより反知性の世襲政治家が独裁的な力を得るまでに至ってしまった。

グローバリストのジャパンハンドラー、マイケル・グリーンが「日本の総理はバカにしかやらせない」などと言ったとかなんとか言われているけど、確かに、大日本帝国建国(明治維新)以降、日本の国富を吸い上げ続けてきたグローバル資本勢力は、「日本の反知性化」を強力に推し進めてきた痕跡がみられるし、そのグローバリストによる「日本のおバカ化」の結晶が、まさに今の日本国内で独裁的な権力を手に入れつつある安倍総理ということだろう。

中には、高い知性や政治センスを持っていた人物が日本の総理に就いたケースもありましたが、いずれも政権が短命に終わっている傾向が見られますね。
小泉政権もそうでしたが、反知性かつ売国性を持つ総理の方が、より強大な権力を持ち、長期政権を築く傾向がありますし、まさに、究極の反知性であり売国志向のある安倍総理は、日本の国富を徹底的に収奪し、国家や社会制度を崩壊させようとしているグローバリストにとっては「最良の人材」なのでしょう。

「多くの人々の知性や判断力を極力退化させ、いいように搾取したり、金儲けをする」という悪辣な手法は、いまや、日本社会全体に波及しつつあり、様々なビジネスでも比較的一般的な手法になってきてしまっているね。
日本の政治のトップが反知性ということは、その反知性をいいように操っている黒幕がいるということだし、社会全体が際限なく「おバカ化」に突き進んでいくグローバリズムの本質や危険性について、より多くの人がよく理解していくことがまず必要なんじゃないかな。

Pocket

 

おススメ記事&広告