【悲報】野党統一会派・桜井充議員が自民会派入り!桜井氏「(自民入党は)時間をかけてゆっくりやっていく」→強行採決阻止に水を差す動きに、国民から怒りの声殺到!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年5月15日、旧民主党政権時に厚労副大臣などを務めた野党統一会派の桜井充議員が退会届を提出し、自民党会派に入会届を提出した。

・安倍政権による採決強行阻止に向けて、野党間で連携や団結を呼びかける動きが進んでいる中での「水を差すような動き」に、ネット上では怒りの声が噴出。桜井氏は自民への入党について「今すぐという話にはならない。時間をかけてゆっくりやっていく」と述べた。

桜井充参院議員、自民会派へ 「与党に行かないと仕事できない」

立憲民主、国民民主などの野党統一会派に所属する桜井充参院議員(宮城選挙区)は15日、国会内で自民党の世耕弘成参院幹事長と面会し、自民党会派への入会願を提出した。統一会派には同日、退会届を提出した。

桜井氏は記者団に「与党に行かないとなかなか仕事ができない。苦渋の決断だ」と説明。自民党入党については「今すぐという話にはならない。時間をかけてゆっくりやっていく」と述べるにとどめた。

~省略~

【毎日新聞 2020.5.15.】

森友事件でも追及を行なった桜井充議員が自民会派入り!あまりの酷い”タイミング”と”変節ぶり”に国民から怒りの声が殺到!

出典:Twitter(@DrSakurai)

旧民主党政権時に厚労副大臣などを歴任した、野党統一会派所属の桜井充議員が自民会派入りすることになりました。
当然ながら、ネット上では怒りの声が殺到していますし、タイミング的にもこれは”最悪”と言ってもいいかもしれませんね。

なんせ、「史上最大の悪法」と言ってもいい検察庁法改正案の強行採決を、多くの日本国民と野党とで一致団結して阻止しようとしているこのタイミングでのニュースだからね。
ネット上でも、「与党(自民党)入りするのなら、一旦辞職してからにしろ」との声が上がっているけど、まさしく「それが筋」というものだろう。

ちなみに、桜井氏は元々(すでに一足先に自民に鞍替えしていった)細野豪志氏らとも近しい立ち位置で、ボク自身も、前原氏や長島氏ら同様にやや疑いの目をもって見てきた議員だったので、「やはりな…」といった感じだ。
森友事件ではそれなりに厳しい追及を行なっていた…っていうか、民進党の森友加計の疑惑追及調査チームの座長も務めていたんだけど…その、彼が追及していた巨大疑惑を闇に葬ろうとしている自民党に自ら入党を希望するというのだからね。

ネット上では、「黒川弘務氏に何か弱みを握られているのでは…」などと疑う声も出てきていますが、本当に一体何を考えているのでしょうか。

ここまで本格的に自民党に秋波を送っているのだから、検察庁法”改悪”案にも賛成をするのかな?
本来であれば(まともなモラルが存在している国であれば)、安倍一派のメチャクチャなやり方に愛想をつかした自民党議員の方が続々と離党してもおかしくないような事態のはずなんだけど…改めて、日本の政治権力の内部において、人間として最低限のモラルや良心すらも完全なまでに崩れ去っている現状を感じているよ。

少なくとも、事実上の「有権者への最大級の裏切り行為」をやってしまった桜井議員は次の選挙で落選させるべきですし、桜井氏に代わる優秀な野党議員を国会に送り込む必要がありますね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事