「安倍総理にヤジ」市民の強制排除、警察の「職権乱用罪」に当たる可能性!専門家「演説中に肉声で声を上げるのは選挙妨害には含まれない」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年7月15日、北海道札幌駅前で行なわれた安倍総理の演説時に、「安倍辞めろ」「増税反対」など声を上げた男女や、安倍総理を批判するプラカード掲げようとした女性が北海道警関係者に囲まれ強制排除された事態について、複数の専門家が問題視している。

・この事件について、北海道テレビや朝日新聞が報道。刑法を専門とする松宮孝明・立命館大教授は、警察の行為を「特別公務員職権乱用罪」にあたる可能性があるとし、警察による「政治的中立」が危ぶまれる事態と警鐘を鳴らしている。

「安倍やめろ!」ヤジの市民 警察が排除の瞬間

~省略~

抗議する人:「安倍やめろ!安倍やめろ!」。15日に札幌駅前で行われた安倍総理の街頭演説の会場で、「安倍やめろ」などと男性が叫んだところ、警察官に取り押さえられてその場から排除されたほか、「増税反対」と叫んだ女性も警察官に抑えられ移動させられました。また、歩いている安倍総理に年金問題についてのプラカードを掲げようとした女性も警察官に取り囲まれ、歩道の端に移動させられました。

~省略~

猪野亨弁護士:「誰があそこの場所を通っても自由なはず何をしゃべっても自由なはず」「強制力をもって排除してしまうというのであれば何らかの根拠が必要なんですけれども、何を根拠にこういう形で排除したのかなというのが疑問ですよね」。

【HTBニュース 2019.7.17.】

ヤジの市民を道警が排除 安倍首相の街頭演説中

~省略~

道警警備部は取材に対して「トラブル防止と、公職選挙法の『選挙の自由妨害』違反になるおそれがある事案について、警察官が声かけした」と説明。だが現場では、警察官は声かけすることなく市民を取り押さえていた。

~省略~

松宮孝明・立命館大法科大学院教授(刑法)は「判例上、演説妨害といえるのは、その場で暴れて注目を集めたり、街宣車で大音響を立てたりする行為で、雑踏のなかの誰かが肉声でヤジを飛ばす行為は含まれない」と話す。むしろ連れ去った警察官の行為について「刑法の特別公務員職権乱用罪にあたる可能性もある」と指摘。「警察の政治的中立を疑われても仕方がない」と話した。

【朝日新聞 2019.7.16.】

↓警察による問題の強制排除の場面。

安倍政権の”強権化”に専門家も危険視!「野党へのヤジ」は警察が保護し、「安倍総理へのヤジ」は迷わず強制排除!

安倍総理に対して「安倍辞めろ」「増税反対」などの声を上げた有権者や、安倍総理を批判するプラカードを掲げようとした有権者が、北海道警関係者に取り囲まれ強制排除された事件について、一部マスコミが取り上げました。
刑法に詳しい専門家の方によると、市民を排除した警察関係者について「特別公務員職権乱用罪」に当たる可能性もあるとのことで、どうやら、安倍総理へのヤジを強制排除する動きは、違法である可能性がありそうです。

しかも、北海道警は、違法行為に当たる可能性があることを認識しているのか、「警察官が声かけした」なんて説明している様子だけど、上のツイッターに投稿された映像を観ても、いきなり警察が取り囲んで男性を取り押さえ、そのまま強制排除されている様子がみえるし、道警はウソの説明をしている可能性があるね。

この記事でも紹介したけど、野党の街頭演説でヤジが発生した際には、警察側はヤジを飛ばしている人物を強制排除する様子は見られないし、例えば、先日の山本太郎氏が共産党候補の応援演説に立った際(下のツイート)においては、拡声器で罵声を飛ばす人物に対し、逆に警察関係者が保護する対応を行なっていたとの情報が出ている。

道警は「選挙妨害の恐れがある事案」と主張し、ネット上の安倍シンパは「排除されるのは当然」との言説を展開しているけど、そうだとすると、野党候補のヤジに対する警察の対応と矛盾が生じており、この主張ははっきり言って説得力がない。
つまり、野党へのヤジは「OK」である一方で、与党へのヤジは「選挙妨害であり許されないもの」ということになるわけで、これは明らかに、安倍政権が強権化していては、法を超越した「独裁の域」に差し掛かっていることの証ということになるだろう。

専門家の方も指摘していますが、巨大スピーカーなどの「過激な方法」で候補者や周辺の人々を脅すような手段を用いて選挙を妨害しているのなら分かりますが、映像を観ても、個人が肉声で「安倍辞めろ」とか「増税反対」などの声を上げていただけですし、山本太郎氏に向かって飛ばされた「クソ左翼死ね」のヤジと比べても、非常に穏やかかつ、非暴力的な方法での「言論・表現の自由」の範囲内のヤジであると思われます。

やはり、今回の強制排除の一件は、これまでの一線を越えた過激な手法であり、「安倍サマへのヤジはどんなものでも絶対に許さない」といった、非常に強権的でファシズム的な性質を伴った対応と言わざるを得ないのではないでしょうか。

ちょっとしたヤジや批判でもすぐに冷静さを失って逆上してしまう、小心者で狭小な安倍総理の言いなりになって「必死に忖度」する、何とも情けない「警察の醜態」ともいえそうだし、元来より腐敗しきっていた警察が、近年安倍政権とより密接に結びつきつつあることで、市民に対していよいよ牙をむき始めてきている現状を示した一件であるといえそうだ。
そして、今回の「異常事態」について、北海道警は、「なぜこんな対応を行なったのか」について、市民に対して丁寧に説明する責任があるのではないかな。

本当に恐ろしいことですね。
「遊戯王」の作者・高橋和希さんもイラストを通じて警鐘を鳴らしていますが、これ以上の安倍政権の「独裁化」「ファシズム化」への道をどうにか食い止めていくためにも、日本の有権者は、来たる参院選で「知性と理性ある投票行動」を行なうべきではないでしょうか。

Pocket