【札幌駅前】安倍総理の演説で「安倍辞めろ」の声を上げた有権者が強制排除!複数人の市民が排除か!?

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年7月15日、北海道・札幌駅前で行なわれた安倍総理の演説中に「安倍辞めろ」と声を上げた男性が、警察と思われる複数の関係者に強制排除される事態が発生した。

・ツイッターの情報によると、複数の有権者が強制排除されたとみられており、安倍政権による「強行的なヤジの排除」に対して、様々な声が上がっている。

↓警察による野党候補に対するヤジへの対応と、安倍総理に対するヤジの対応が異なっているとの声も。

ついに安倍政権が強行的な手段に!野党候補がヤジを受けた際の「警察対応の違い」に怒りの声も!

出典:Twitter(@harumi_takahasi)

札幌駅前で行なわれた安倍総理の応援演説の際に、「安倍辞めろ」などの声を上げた有権者が、警察と思われる複数の関係者に強制排除される事態が発生しました。
ネット上の情報によると、複数の人が排除されたみたいで、ヤジに対してかなり神経質になっている安倍政権側が「強行的な動き」に出てきたようです。

ネット上では、「公職選挙法違反の『選挙妨害』なので、排除されて当然」みたいな声がたくさん上がっているけど、そうは言っても、これはあまりに行き過ぎなんじゃないかな。
動画を観ても、道具なども使わずに一人だけで声を上げているだけだし、一方で、京都で行なわれた野党候補の演説においては、拡声器を使ったヤジに対して、警察が排除せずに「見守る対応」を行なっていたとの情報が出ている。

山本太郎氏の新宿での演説会でも「クソ左翼死ね」とのかなり過激で汚いヤジが出たけど、その際も、警察による強制排除が行なわれた様子は見られず、山本氏は「ありがとうございます。死にたくなる世の中を変えたいために、私は立候補してるんだ。みんなに生きていていただきたい」と冷静に受け入れ、上手に流す対応を行なった。

こういう他の事例を見ても、安倍政権の強権ぶりや過敏さが分かるし、とにかく安倍総理自身が、ヤジに対して異常なまでに神経質になっており、どうにか安倍総理の精神を乱さないようにと、警備役の関係者が「逐一強行的に排除」していく手段をとるようになってきたというのが実情なんじゃないかな?

なんせ、以前にも「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」なんて、指をさしながら国民に向かって怒りを露わにした総理ですからね。
どうにかヤジをかわしていくための”ステルス演説戦法”もすっかり意味を成していない状態ですし、恐らく、すでに、安倍総理本人がまた”沸騰寸前”になっているのでしょう。

それに、自民党側も、公示後のCM放映公務員による必勝コールなど、これよりもよほど深刻な公選法違反疑惑の行為が散見されていますし、今回のヤジがアウトでしたら、これらの自民党による悪質行為の方がよほど取り締まるべき案件ではないでしょうか。

まったくだ。第一、大手メディアでも「過半数を大きく上回る勢い」なんて伝えられているんだから、もっと堂々とゆったり構えていればいいのにね。
その方がよほど印象がいいように思えるし、何をそんなに怖がっているのか分からないけど…こんなにも”ソフトなヤジ”に対して、異様なまでに”神経過敏”になっている姿こそ、(実体や実力が伴っておらず、様々な”虚構”や”演出”によって権力が維持されている)今の政権の実態や安倍総理の器の小ささをよく映し出しているといえそうだ。

Pocket

 

 関連記事