■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【気味悪い】安倍前総理が裏で”暗躍”!菅総理との会談でアドバイスを与えては「五輪までは菅ちゃんを支えなきゃな」!→数々の不正疑獄を棚に上げてすっかり「キングメーカー気取り」に!

【気味悪い】安倍前総理が裏で”暗躍”!菅総理との会談でアドバイスを与えては「五輪までは菅ちゃんを支えなきゃな」!→数々の不正疑獄を棚に上げてすっかり「キングメーカー気取り」に!
Pocket

どんなにゅーす?

「桜前夜祭疑獄事件」で(検察による不可解な”怠慢”によって)不起訴になった安倍前総理が、再び自民党内で水面下で影響力を発揮し始めてきている。

・安倍氏は、3月29日に菅総理と50分にわたって会談を行ない、菅総理に外交などについてアドバイス。周囲には「五輪までは菅ちゃんを支えなきゃな」などと語っていると言い、安倍前総理が”2度目のゾンビ復活”に向けて暗躍し始めた様子がうかがえる。

「五輪までは菅首相支持」の安倍前首相 解散権を封じ後継総理選びへ

「内政、外交について意見交換した。非常に有意義だった」。菅義偉・首相は安倍晋三・前首相との会談(3月29日)の後、議員会館の安倍事務所の前で待ち受けていた30人近い記者たちに囲まれると珍しく機嫌良くそう語った。

菅・安倍会談は首相就任直後の昨年10月以来ほぼ半年ぶり。前回は約10分間だったが、今回は50分近く話し込んだ。

訪米を前に「外交が苦手」とされる首相が安倍氏に外交上のアドバイスを求めたのはわかる。だが、わざわざ「内政」についても話し合ったとリップサービスしたことで、永田町は、すわ解散総選挙かと浮き足立ち、「4月30日解散、5月23日投開票」といった選挙日程が流れている。

~省略~

側近議員がいう。

「安倍さんは日頃から、『五輪まで』と期限付きで菅さんを支えるという。菅総理は安倍さんの総裁任期の残りを引き継いだ救援投手。だから『オレには支える責任がある』とも語っているが、それは自分が誘致した東京五輪を成功させたいという思い。副総理の麻生(太郎)さんと会った時もよくそんな話をしているそうです」

裏を返せば、“五輪までは菅首相に解散させない”ということだ。

だが、東京五輪・パラリンピックが終われば、すぐ自民党総裁選に突入する。「五輪までの支持」とは、安倍氏が総裁選では「菅続投支持」ではなく、フリーハンドを持つつもりであるという意味まで読み取れる。

~省略~

【Yahoo!ニュース(NEWSポストセブン) 2021.4.5.】

「仮病辞任」で大々的に国民を騙した安倍前総理が「2度目のゾンビ復活」に向けて着々と準備か!すでに菅総理をも”手中”に収めて、すっかり「キングメーカー気取り」!

出典:NHK NEWS WEB

いよいよ、安倍前総理が「気味の悪い動き」を本格化させてきたわね~!
ていうか、難治性の「潰瘍性大腸炎の再発」は一体どうなったのかしら!?
辞任してからいくらもたたないうちに豪華なコース料理やワインを楽しんじゃってたし、なんで大手マスコミの記者もこの「最大級の疑問」を突っ込もうとしないのよっ!?

辞任会見の際も、担当の医師も不在だったうえに診断書の公表すらなかったんだから、今の安倍氏の様子を見ても、あの辞任会見そのものが「世紀のフェイク茶番劇」だったことが確定的だね。
(そして、記者クラブの記者も誰一人として不自然なまでにそれを突っ込もうとしないのだから、要は大手マスコミもグルになって国民を騙したってことだ。)

本当に潰瘍性大腸炎が悪化したのであれば、辞任後すぐに豪華な食事やお酒を楽しむことなんて有り得ない上に、現在も入退院を繰り返したりして”隠居生活”になっているだろうし、あの突然の総理辞任劇は、「『持病の悪化』を装った、何かの『別の理由』によるもの」だったと考えるべきだ。
ボク自身は当初より、安倍氏が突如総理を辞任した背景として、安倍氏が習近平氏を国賓待遇することを決定したことなど、「媚中政策に大きく傾いていったことで、反中系(トランプ勢力)のジャパンハンドラーからの怒りを買った」ことが大きな原因になったのではないかとみてきたけど、そうなると、安倍氏がこのようにちゃっかりと再び自民党内で本格的に権力を取り戻してきた背後には、米国内で「トランプ系勢力が失脚し、民主党の親中系勢力が実権を握った」ことと無関係ではない可能性がある。

管理人さんはこれまで、表面的には「蜜月関係」を装ってきた安倍氏とトランプさんは、実際には「水と油」で激しい対立関係にあるものとみてきていたけど、つまりは、そんな”天敵”だったトランプさんがホワイトハウスから去ってしまったことで、安倍氏がまたまたしつこく復権してきては、「2度目のゾンビ復活」すら目論んでいるような動きを見せ始めてきたってことねっ!

●過去参考記事:
【真性ポチ】日米会談、安倍夫妻がトランプ夫妻に赤絨毯の外に追いやられる!→日本マスコミは足元をカットして報道!「総理が受けた侮辱」を隠ぺいか!

【皮肉】トランプ大統領が安倍総理の”バンカー転倒”を大絶賛!「私は感動した。今まで見てきたどの体操選手よりも素晴らしい」

そういうことだ。
バイデン政権の誕生というのは、いってみれば、米国内の既得権勢力(旧ネオコンなどのグローバル軍産資本勢力)の復活を意味するし、日本国内においても、いわゆる米・イスラエルの戦争ビジネス勢力や日米安保マフィアなどの利権構造に漬かってきた政治家(屋)や官僚の力が再び強くなっていく可能性が高いということになる。
安倍前総理のここ最近の怪しげな動きを見ていても、「そんな内情」をよく映し出しているように感じるし、特捜も(安倍事務所すら家宅捜索せずに)桜前夜祭疑獄の捜査をさっさと終わらせてしまったことをみても、長州テロリスト一族をはじめとした、明治以降から連綿と続いてきた日本の特権階級の(法を超えた)強大な権力は相変わらず強固に健在なのを感じるよ。

うわぁ~…。
トランプ政権による反グローバリズム的な政策によって、いくらかこれらのグローバリスト連中の力が弱まってきていたように見えたけど、下手をすれば、安倍氏による「3度目の政権」が始まってしまう恐れも出てきた感じですし、そうなったらまさにこの世の終わりだわ…!!

とにかく、いわゆる「田布施システム」を完全に終わらせないと、日本にまっとうな民主主義がやってくることはないし、安倍・麻生・二階氏らを始めたとした(米・イスラエル・中国などの)”売国政治屋”の特権階級連中を一掃しない限り、一般の日本国民が豊かになる日は永遠にやってこないだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事