【皮肉】トランプ大統領が安倍総理の”バンカー転倒”を大絶賛!「私は感動した。今まで見てきたどの体操選手よりも素晴らしい」

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍官邸が日本国内の情報統制に躍起になっている、安倍総理がゴルフのプレー中にバンカーで大きく転倒したシーンに対し、トランプ大統領が絶賛するコメントを発表した。

・トランプ氏は安倍総理の転倒について、「私は見ていないが、ヘリコプターが上空から撮っていた。私は感動した。今まで見てきたどの体操選手よりも素晴らしかった」と語っており、これがネット上で大きな話題を呼んでいる。

スポンサーリンク

首相バンカー転倒、トランプ氏「どの体操選手よりも…」

アジア歴訪中のトランプ米大統領は11日、中国の習近平(シーチンピン)国家主席を「毛沢東以来、もっとも権力を持つ指導者だ」と持ち上げ、北朝鮮の核・ミサイル開発を止める役割を果たしてくれることに期待感を示した。ベトナムの首都ハノイに移動する機内で、米記者団に語った。

トランプ氏は、中国が北朝鮮への態度を変えるかと問われ「習氏は『北朝鮮の核開発を止めることに関与する』と発言した。とても重大な発言だと思った。習氏は毛沢東以来の、それ以上の権力者だ」と語り、中国が圧力を強化するとの見通しを示した。

11日にベトナム中部ダナンであったアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が終わった際、安倍晋三首相から「あなたが日本と韓国を訪問した後、日韓関係がとても改善し、絆が強化された」と感謝されたことも明らかにした。

また、トランプ氏はAPEC首脳会議の合間に、ロシアのプーチン大統領と短い会話をしたことも明らかにした。その際、一連のロシア疑惑について、トランプ氏が「あなたは大統領選に介入したのか」と尋ねると、プーチン氏が「やっていない」と答えたという。

その上でトランプ氏は「プーチン氏はこの問題で傷ついている。両国にとって良くない。ロシアと関係を改善すれば、北朝鮮問題でも協力を得られる」と発言。メディアや野党・民主党が疑惑ばかり追及することで国益を害していると訴えた。

また、日本で安倍首相とゴルフをした際、安倍首相がバンカーで転んだことについて「私は見ていないが、ヘリコプターが上空から(転ぶところを)撮っていた。私は感動した。今まで見てきたどの体操選手よりも素晴らしかった」と語った。(ダナン〈ベトナム中部〉=土佐茂生)

【朝日新聞 2017.11.】

↓官邸が国内メディアの情報統制に躍起になっている中、海外でも安倍総理の”バンカー転倒”が大々的に報道。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ついに、今までなかったほどの「強い皮肉や軽蔑」を安倍政権に対して発し始めたトランプ大統領

あらあら。
トランプさんたら、来日直前にわざわざハワイを訪問して「真珠湾を忘れるな」なんていうツイートを発信しても、これでもまだ理解できている人が少ないもんだから、ついにここまで「踏み込んだ発言」をしちゃったのね

その他の国の首脳へのコメントとを比べても、「グローバリストの真性傀儡政権」である安倍政権を暗に徹底的にこき下ろしたコメントであることは間違いないわね。

ああ。もっと言えば、反グローバリスト側にいるトランプと敵対している関係にあるにもかかわらず、それでも見境なく尻尾を振ってつきまとってくる「真性グローバリスト傀儡」の日本の政治・官僚勢力に対する軽蔑発言とも取れるだろう。

ボクが見る限り、(実際は完全にそうとは言い切れないものの)中国の習近平はもとより、韓国の文在寅政権もやや反グローバリズムの系統を汲んでいる政権と見ており、そういう意味でも、トランプからしてみれば、日本の安倍政権が最も自身の路線とかけ離れた政治権力であるといえる。

元々トランプは、こうした敵対している勢力ほど、逆に「褒め殺し」のようなやり方で敵対関係をぼやかす手法を取り入れており、今回のアジア歴訪において、今まで繰り返してきた一方的な日本賛辞を少し引っ込め徐々に本音を含んだ暗示的なメッセージを発し始めているように感じるね。

中国・韓国との会談内容についても、ミスリードを多分に含む日本のメディア報道に惑わされずに、もっと本質を見極めていく必要があるけど、今回のアジア歴訪、今後の世界情勢を占う上でかなり大きな意味を持っているような感じがする。
少なくとも、現在のトランプ政権は、日本はあくまで(トランプと対立している)ネオコン軍産勢力のご機嫌を取るための(武器を売りつける)カモとして利用しつつ、北朝鮮問題やその他のアジア全体の安定化や新しい世界秩序において、中国・ロシアを軸にしつつ、そこに韓国を入れ込んでくるような形で、構想を思い描いているのかもしれないね。

つまり、日本が(プーチンさんをリーダーにした)新しい世界秩序の流れにおいていかれないためには、旧軍産やグローバリストとは距離を置いた、新たな反グローバリズム勢力を軸にした政権を打ち立てない限り、凋落の一途を辿っていく可能性が高いってことね。

なんだか、この流れを察知した安倍政権が”新たな動き”を取り始めているようにも見えるけど、それについてはまた別の記事で紹介していくことにするわね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket