【サギノミクス】2018年の賃金の伸び、実際は大半でマイナスだった!安倍総理は「賃金の伸び率のみでアベノミクス効果と言ったことはない」と開き直り!

Pocket

どんなにゅーす?

毎月勤労統計のデータが不正に計算され、数字が改ざんされていた問題について、2018年の実質賃金の伸び率が実際には大半でマイナスだったことが判明。立憲民主党の試算に対し、厚労省の責任者も大筋でこれを認め国民に向けて「アベノミクス効果」を騙る虚偽の情報が大きく宣伝されていたことが明らかになった。

・この状況を野党議員から質された安倍総理は、「今回下方修正された賃金の伸び率のみを強調してアベノミクスの効果と言ったことはない」と開き直り厚労省に責任転嫁するような安倍政権の姿勢にネット上では怒りの声が噴出している。

18年の実質賃金は大半でマイナス 厚労省見解

毎月勤労統計の不適切調査問題を巡り、厚生労働省は30日の野党合同ヒアリングで、18年1~11月の実質賃金の伸び率が大半でマイナスになるとの野党の試算について「同じような数字が出る」との見解を示した。この試算は1年前も調査対象となった事業所と比べた参考値。厚労省は名目賃金の参考値は公表したが、実質賃金は検討中として明らかにしていない。

立憲民主党など野党は実質賃金の参考値について、18年6月と11月を除き、すべてマイナスになるとの試算を示した。

~省略~

【日経新聞 2019.1.30.】

【アベノミクス偽装】「実質賃金マイナス」 ついに厚労省が認めた

これでも安倍政権はシラを切ろうというのだろうか。麻生財務大臣から事実上の指示を受けて賃上げ偽装に手を染めさせられていた厚労省が、2018年の実質賃金の伸び率はマイナスであることを、きょう30日、事実上認めた。

きょう午前、野党5党が国会内で開いた政府(厚労省、総務省など)からのヒアリングには、アベノミクスのウソを暴いた『アベノミクスによろしく』の著者である明石順平弁護士が招かれた。

明石弁護士は、問題となっている2018年の「実質賃金の伸び率」を一覧表とグラフにして政府の官僚たちに示した。

~省略~

山井和則議員が厚労省に「明石弁護士の試算は間違っているのか?」と質した。

厚労省の屋敷次郎・大臣官房参事官は、モゴモゴ言いながらも最後は「ほぼ同じような数字が出ることが予想される」と答えた。「マイナス」という単語こそ使わなかったが、厚労省が「実質賃金の伸び率がマイナス」であったことを認めた瞬間だった。

野党議員たちの間から「ウォー」と どよめき が起きた。長妻昭元厚労大臣は「これは凄い」と感嘆の声をあげた。

アベノミクスの肝である賃金上昇はなかった。税金や社会保障費ばかりが高くなり、実質賃金は下がっていった。人々の生活は苦しくなっていったのである。

【田中龍作ジャーナル 2019.1.30.】

今回下方修正した賃金、アベノミクス効果と言ったことない=安倍首相

[東京 29日 ロイター] – 安倍晋三首相は29日午後の参院本会議・決算質疑で、毎月勤労統計の不適切処理により、「今回下方修正された賃金の伸び率のみを強調してアベノミクスの効果と言ったことはない」と述べた。

アベノミクスの成果の根拠は崩れたと認めるかとの風間直樹(立憲)委員の質問に対する答弁。

【ロイター 2019.1.30.】

ついに「アベノミクスの虚構(サギノミクス)」が完全にバレる!安倍総理は「賃金の伸び率のみでアベノミクス効果と言ったことはない」と開き直り発言!

出典:YouTube

政府による勤労統計の捏造が発覚したことを受けて、野党側が正しいデータについて再計算した結果、なんと2018年のほとんどが実質賃金の伸び率がマイナスだったことが判明したわっ!
つまり、安倍政権は、私たちにデタラメなデータを大々的に発表しながら、「アベノミクスによって大きく賃金が伸びている」との大ウソを吹き込んでいたってことねっ!!

つまり、今になって「アベノミクスによって、実は庶民の生活がどんどん苦しくなっていた」ということが判明したばかりか、生活苦にあえぐ日本国民に「日本の景気がますますアップし、庶民の賃金もどんどんアップしている」という大ウソを信じ込ませていたということだ。

こんなとんでもない実情が明らかになってきたというのに、これと同時に「戦後最長の好景気の可能性が高まる」なんていう政府見解を伝える報道が出ているのだから、これはもうお笑いとしかいいようがない。

当サイトでは2016年の時点から、アベノミクスとは「99%の一般庶民の富を吸い上げ、1%の富裕層を徹底的に肥え太らすための政策」であることを述べてきたけど、それが今になってますますはっきりと表に現われてきたということだろうし、「戦後最長の好景気」とやらは、「庶民の富を富裕層に移転させる(=庶民の貧困を助長させ、貧富の格差を大きくさせる)ことで豊かに見せかける」ことによって”作り出された”ということになるだろう。
こんな風に、庶民からどんどん富を搾取することで”好景気”になるのであれば、庶民の富が尽きるまで半永久的に簡単に「好景気を持続」させることが出来てしまうし、こんなの「安倍政権の実績」でも何でもない。

むしろ安倍政権は、日本国民の富を徹底的に搾り取り、その分をグローバル富裕層に移転させた文字通りの「国民の敵」であり、「日本を売る」ためにグローバリストによって総理の座を与えられた、根っからのグローバリストの傀儡ということになる。

2012年12月に誕生した第二次安倍政権だけど、歴代最長に迫るほどの長期政権の中で行なわれてきたことは、まさしく「グローバリズムの深化」であり、かつてなかったまでの貧富の格差の助長、そして、日本を標的にしてきたグローバル資本勢力への徹底的なまでの利益誘導、さらには、戦後日本が歩んできた憲法を土台にした三権分立や議会制民主主義の形骸化や破壊、個人の尊厳や権利・自由に対する大幅な規制や剥奪などに伴う、「国家システムの崩壊」を通じた「グローバル独裁社会」の構築だ。

(様々なペテン同然の手法によって)株価だけは大きく上がったものの、庶民の生活レベルは民主党時代と比べても大きく悪化しており、下層に位置する人々に目をやると、高度経済成長以降の戦後の歴史の中でも、かつてなかったまでの「深刻な貧困」に見舞われていると考えるべきだろう。

つまり、NHKなんかが「戦後最長の好景気」なんて声高に報じているのも、全ては「富裕層からの目線」だけであんな風に全国民に向けて宣伝しているってことだし、マスコミ自体が一般庶民の弱者を徹底的に軽視して、どっぷりとグローバリズムに染まっている状態ってわけねっ!!

その通りだ。
今の世の中、マスコミが伝えているのは、その多くが「グローバリストからの目線」からの報道であり、日本国民の思考も、これら1%のグローバル資本勢力が望むような方向に”誘導”され、”改変”(洗脳)させられていると考えるべきだ。

これ自体が、グローバル資本勢力が日本国民に施している「壮大な詐欺」だし、安倍政権は、これらグローバリストに徹底的に「利益誘導」してきたからこそ、ここまで犯罪まがいの行為を繰り返しても、一向にその地位が揺らぐことなく、ますます強大な権力を固めては、長期政権を実現させているということだ。

こんな「最悪の状況」をどうにか変えていくには、まず、こうした「全体の構図」を日本国民がよく理解することが必要だし、まずは、グローバリストがそう易々と国民から搾取することが出来ないように、民衆からの付託を受けた「高いモラルを持つ国家政権」を作っていくことが必要だ。
その上で、「国家・国境」を”防波堤”にした上で、獰猛なグローバリストからの侵略から国民を守っていく仕組みを作っていくことが重要だし、だからこそ、細かな思想の違いなどを超えて、国民全体が一致団結していくことがどうしても必要なんだ。

なるほどね…。
本当に、日本のことを心から大事に思っている人であれば、全力で安倍政権による未曾有の売国(グローバリズム)に怒っていく必要があるし、本当の意味での「保守勢力」を大きくしていくことが、日本の崩壊を食い止める唯一の方法だってことね。

今になって、ようやく多くの国民がアベノミクスの詐欺(サギノミクス&アホノミクスの実態)に気がつき始めてきたし、今こそ、思想を問わずに「日本を愛する人々」で大きく繋がりながら、次の選挙で安倍政権に対して完全なまでに引導を渡すことが重要だね。

Pocket

 

 関連記事