【ほんまに】佐川氏証人喚問に対し、自民・石破茂議員「一体何だったんだろう…」、村上誠一郎議員「これ以上(総理を)続けても国民の不信は募るばかりだ」

Pocket

どんなにゅーす?

佐川氏の証人喚問を終え、安倍シンパ議員を中心に、「事件の解明は達成した」との空気が醸成されつつある中、一部の自民党議員からは批判的な声が出てきている。

・次期総理候補として名前が挙がっている石破茂議員は「『一体何だったんだろう』という思いが極めて強まった」とコメントし、以前より安倍政権を強く批判し続けてきた村上誠一郎議員も「これ以上(総理を)続けても国民の不信は募るばかりだ」とコメント。国内世論においても、納得していないとの声が圧倒的に多いとマスコミで伝えられる中、今後の展開が注目される。

自民 石破元幹事長「一体何だったんだろう」

自民党の石破・元幹事長は、記者団に対し「佐川氏自身も、『誰が、なぜ』ということが一切分からないと認める、極めて異例な尋問だった。安倍総理大臣や夫人の昭恵氏らの関与は全くなかったと証言しながら、他のことが全部わからないのでは、全体が明らかになっていない。『一体何だったんだろう』という思いが極めて強まった」と述べました。
そのうえで、石破氏は、野党側が、昭恵氏らの証人喚問を求めていることについて、「どういう場で行うかは別として、野党側から、そういう風に言われている人から、発言があるほうが望ましいのは確かだ」と述べました。

【NHK NEWS WEB 2018.3.27.】

自民 村上氏「首相は責任取り判断する時期」

自民党の村上 元行政改革担当大臣は、記者団に対し「佐川氏が、自分1人ですべての罪をかぶろうとしている姿勢だが、本当に、それが正しいことなのか疑問だ。去年から起きている南スーダンのPKO部隊の日報問題、加計学園の問題も、今回の問題も、全部、安倍総理大臣の近い人たちから起こった問題だ。安倍総理大臣は、責任を取って、そろそろ大所高所の判断をすべき時期に来ているのではないか。これ以上、続けても、国民の不信は募るばかりだ」と述べました。

【NHK NEWS WEB 2018.3.27.】

出典:Share News Japan

佐川氏と”阿吽の呼吸”による丸川珠代議員の露骨な「茶番」など、佐川氏の安倍政権への”従順さ”がよりはっきりしただけの、史上最悪レベルの証人喚問!

いかにも、「さすが佐川だ!」と言わんばかりに、早速「これで”佐川事件”だったのがよりはっきりした」なんて言いたげな世論誘導を始めた安倍政権だけど…全く、想像以上の酷さだったわっ!
佐川さんも、安倍政権の用意したシナリオ通りに(お抱え弁護士と一緒に)懸命に自らだけが泥をかぶるように「政権の関与無し」と「答弁拒否」の2パターンだけに終始して、日本国民全員をイライラさせまくっただけで終了して…そりゃ、「一体何だったんだろう?」くらいの感想しか思いつかないわよっ!

安倍政権の子分たちや一部の安倍シンパこそ、「これで安倍政権の関与がゼロだったのがはっきりしたことで、森友事件は全て解決した!」と大喜びしているけど、大多数の一般国民の感想は、石破議員や村上議員と同じようなものだろう。

ここまで不自然で”茶番臭”溢れる証人喚問なんて、そうそうあるものじゃないし、やはり今夜のニュースはいずれも「一体何だったんだろう?」的な論調で一貫していた上に、国民の声として紹介していた街角でのインタビューもほとんど同じような感想だったよ。

あまり期待はしていなかったものの、想像以上のダメさ具合だったし、共産党の小池書記局長も「これでは証人喚問の意味がない」と言っていたように、(いつもの安倍政権よろしく)ことごとく国会を冒涜しきった内容だったといえる。

まあ、唯一はっきりしたのは「佐川氏は、相当に一本筋の通った”安倍政権の真性奴隷”だったことがよりはっきり分かった」といったことくらいだったかな。

ほんとに、ここまで身も心も政権に投げ打って、自分自身で情けなくなってこないのかしら!?
さすが、安倍総理にも「まさに官僚の鏡!」と絶賛されて、「佐川を守れ!」と党内に指令を出すはずだわ…。

まあ、少しひねくれた見方をすれば、「自らの命を守るためにわざと100%政権に忖度する答弁をした」ケースも考えられなくもないけど、特捜がこの先捜査を進めて、財務省に強制捜査に入る可能性もあるし、佐川氏が事情聴取を受け、場合によっては逮捕される可能性もあるので、その場でどう供述するのか?といったところかな。

その他にも、昭恵氏や迫田氏、谷氏や今井秘書官の証人喚問を引き続き野党が強く求めていくことになるのと、新たに大手マスコミから重大なスクープも出てくる可能性もある。
国民の声としても、今回の証人喚問に対して大多数が納得していない状況が伝えられている中で、まだまだ安倍政権が権力を回復するには多くの関門がある状況なのも確かだ。
”ポスト安倍”に名乗りを上げている自民議員も慎重に情勢を見極めている中で、今後の展開を注意深く見ていくとしよう。

おススメ記事&広告

 
Pocket