山本太郎議員が、”被災者軽視”の安倍政権に全霊の怒り!「明らかに初動対応遅かったじゃないか!」「ウソでもいいから安心させろよっ!被災者を!」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年7月19日の参院内閣委員会にて、自由党の山本太郎議員が、豪雨被災者を軽視してはカジノ業者やパチンコ業者の利益のための「カジノ法案」成立に血道を上げる安倍政権に、全霊の怒りを込めた追及を行なった。

・充実した被災地支援を求めても、やる気の無い回答に終始する石井国交相に対し、山本太郎議員は「なんなんだよそれ?カジノでもろくな答弁してないのに、災害でもろくな答弁しかできないのか!」と怒りを露わに

・続けて、山本太郎議員は「初動が遅かったじゃないか、確実に政府は!嘘でもいいから安心させろよ、被災者を!」「心を込めて仕事をしてくれよ!税金で食べてんだから!心からお願いしてんですよ、こっちは!」「誰のために政治をやっているんだよ!所管じゃなくても、ちょっとぐらい省庁が力合わせて出来ることぐらい実現させてくださいよ!」と声を荒げ、国民を徹底的に足蹴にしてはグローバル資本の顔色ばかりをうかがい続ける安倍政権に、僅かにでも国民の側を向くように強く訴えた。

カジノ法案強行採決!山本太郎が安倍政権の被災地無視に吠えた!「誰のために政治をやっているんだよ!」

きょう午前の参院内閣委員会で、石井国交相は被災地対応にもやる気のない態度を見せたのだ。

たとえば、山本議員はこれまで、全国のパッカー車(ゴミ収集車)で余力のあるものを被災地に集中させることや、自衛隊所有のキッチンカーの避難所への派遣など関係閣僚へ要請するよう求めてきた。だが、石井国交相の返答は「関係閣僚に話をする機会はなかったが、関係省庁には伝えた」「関係各省が判断すると思う」というもの。関係閣僚の会議はあるのに、直接閣僚に伝える気はない、と繰り返したのだ。

この石井国交相のあまりに無責任な姿勢に、山本議員は「なんなんだよそれ? カジノでもろくな答弁してないのに、災害でもろくな答弁しかできないのか!」と怒りを爆発させた。

被災地無視の安倍内閣に山本太郎が吠えた!「誰のために政治をやっているんだよ!」

「初動が遅かったじゃないか、確実に政府は! 嘘でもいいから安心させろよ、被災者を!」
「(与党席からの「失礼だよ!」のヤジに)失礼なのはどっちだ! もともとこの委員会が開かれていること自体がおかしいじゃないか!」
「『(関係省庁には)もう言ったから』で終わり。それで済むんだったら、大臣は石井大臣じゃなくてもいいですね。総理大臣はあの方じゃなくてもいいし、内閣はいまの内閣でなくてもいいですよ、そんな仕事で済むんだったら。心を込めて仕事をしてくれよ! 税金で食べてんだから! 心からお願いしてんですよ、こっちは!」
「誰のために政治をやっているんだよ! 所管じゃなくても、ちょっとぐらい省庁が力あわせてがんばったらできることぐらい実現させてくださいよ!」

避難勧告・指示が十数万人に出されている最中に安倍首相が「赤坂自民亭」に参加してどんちゃん騒ぎを繰り広げただけでなく、8日まで非常災害対策本部の設置もせず放置するなど、今回の西日本豪雨は安倍首相の初動の遅れが際立っている。この初動がもっと早ければ救えた命があったかもしれないのだ。

【リテラ 2018.7.19.】

↓話題のシーンは9分27秒くらい~。

山本太郎議員の弱者への思いやりと、未曾有の政治腐敗に対する「魂の叫び」に、心を揺さぶられる国民が続々!

出典:YouTube

山本太郎議員が、私たち国民(特に豪雨の被災者の人達)のために、ここまで本気で「怒りの声」を上げてくれるなんて…ネットでも太郎さんの「魂の叫び」に大きく心を動かされる人が続出しているわ…っ!

野党の勢力が圧倒的に弱いせいで、もはや現実的に巨大な安倍政権に手も足も出ない中、ここまで気持ちを切らさず、最後まで必死に抵抗し続ける国会議員は、山本太郎議員をおいて他にいないだろう。
やはり、彼みたいな熱い魂と揺るぎない信念を持っている人間こそが政治家になるべきだし、すでにこの日本社会において大きな希望や展望も見いだせない状況の中、山本太郎議員の存在が「ただ一つの光明」であり、「最後の砦」という感じがする。

それだけに、何としても次の選挙でも彼を当選させるべきだし、もっと言えば、彼のマインドを引き継いだ議員を、せめて50人くらい送り込む必要があるだろう。

立憲民主党なども悪くないとは思うけど、やはり連合などの既得権勢力ともある程度は繋がっている状態だし、やはり明確に「反グローバリズム=反エリート・反エスタブ=国民主体」のコンセプトを打ち出した、草の根レベルの「市民密着政党」を日本でもどんどん大きくしていく必要がある。

山本太郎議員の頑張りをある程度実を結ばせるためにも、(「小沢&小泉のタッグ」などよりも)やはり山本太郎議員が中心となって新たな野党勢力を形作っていくのが最も理想的なのではと思うんだけど…現状ではなかなか難しいのかな。

本当に、ここまで身体を張って安倍政権の腐敗を追及してくれているんだから、これをどうにか大きな流れにしていくことが大事よね…!!
現実は中々難しいけど、諦めた時点で本当に終わりだし、安倍政権の暴走を止めるには、どうにか本当の意味で「国民に密着した政党」をこの日本にも根付かせていくことが必要だわ…!

ネット上では、着実に山本太郎議員の評価はうなぎ登りで上がっているし、この勢いをもっと大きく確実なものにしていきたいね。

おススメ記事&広告

 
Pocket