【禁句】西村経済再生相、コロナ第3波襲来で「GoTo使うかどうかは皆さんの判断」!政府としての責任を”完全放棄”で、生命・健康にかかわる判断を国民自身に丸投げ!

Pocket

どんなにゅーす?

・日本国内に新型コロナウイルスの第3波が本格的に襲来。GoToキャンペーンの是非について様々な意見が出ている中、西村康稔経済再生相が「(「GoToトラベル」を利用して北海道旅行をするかは)国民のみなさんの判断だと思います。」などとコメント政府としての責任を”完全放棄”しつつ、生命・健康にかかわる判断を国民自身に丸投げしている様子に、国民から怒りの声が噴出している。

GoTo使うかは「皆さんの判断だ」西村経済再生相

西村経済再生相(発言録)

「Go To キャンペーン」についてでありますが、現時点で(新型コロナウイルスの感染者数が急増している)北海道をはじめ、どこかの地域を除外することは考えておりません。地域経済にとっては大きなプラスであり、感染防止策を徹底してもらいながら、両立を図っていくことが大事です。

(「Go To トラベル」を利用して北海道旅行をするかは)国民のみなさんの判断だと思います。現実には感染が広がり、宿泊施設の稼働率も少し下がってきていると聞いています。

~省略~

【朝日新聞 2020.11.13.】

西村経済再生相が、「GoToを利用して感染しても」「旅行自粛が相次ぎ宿泊施設が破綻しても」いずれにしても「責任取らない」ことを宣言!

出典:Twitter(@nishy03)

「GoToを使うかどうかは皆さんの判断」って、これ以上の「言ってはいけない発言」ってあるかしら!?
つまりは、国民がGoToキャンペーンを利用したせいでコロナ感染しても、国民が自主的にGoTo利用を控えたことで宿泊施設が破綻したとしても、「全ての国民に対して責任を取らない」って宣言したようなものじゃないのよっ!!

まさに、「政府そのものの責任放棄」の流れが加速していると同時に、「(国民の生命や健康を守る義務があるはずの)政府の存在意義の消失=無政府化」の動きがますます進んできているね。

そもそも、秋から冬にかけて「これまで以上の本格的な感染拡大」の危険があることは以前から散々指摘されてきた中で、本来であれば、どのような状況になっても素早く適切な対応が出来るように、様々な準備や対策を行なっておくべきだと思うし、例えば海外を見ても、実際に、再度の感染拡大を受けて観光促進政策を中断・中止する措置が行なわれている。
(言うまでもなく、まっとうな政府であれば、国民の命や健康を守るために、GoToはいったん中止、その上で、宿泊施設などの大きな打撃を受ける観光業への補償を行なうことになるだろう)

しかし、こうした「再度の感染拡大が発生した場合の準備や対策」を全く想定しないままGoToを推し進めているのも酷い上に、それどころか、「どんなにコロナが拡大しようと(オリンピック強行開催前提で)GoToゴリ押し」なんて、まともな精神を持つ政府のやることではない

今の日本政府を安易に信用していれば国民自身が殺されてしまうし、国民がどんなに疲弊し健康を損なおうと、全ては「自助」「自己責任」で終わらされてしまうのだから、これ以上の「ディストピア」はないだろう。

しかも、ここまで国民のことをバカにしきっている卑怯で非情な菅政権に対して、いまだに支持率が60%近くもあるというのだから、なおさら終わってしまってるわっ!
一体どこまで「奴隷化」が進めば気が済むのよぉっ!!

ボクがこれまで一貫して警鐘を鳴らしてきたように、日本国家・政府の崩壊や法治国家システム破壊に伴う「無政府化」がどんどん進んできており、これにより、1%の民間資本勢力が民衆の一切の生殺与奪を握る「真性ディストピア社会」が着実に現実のものになりつつある。
この状況を客観的に理解しながら、これまで以上の危機感を持たないといけないし、「もはや政府は、一切国民の健康や命を守ってくれない」との前提のもとに、個人個人で出来る限りの対策を講じていく必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事