【滅茶苦茶】アベノマスク検品費用にさらに8億円!検品業者「30万枚検品した中で不良品が17万枚」、至急で生産依頼された国内業者「1回洗っただけで縮んでしまい使い物にならない」

Pocket

どんなにゅーす?

・数百億円もの血税を投じた「アベノマスク」が不良品連発によりいまだに大多数の国民に届いていない中で、返品された布マスクの検品に8億円が投じられていることが分かった。

・問題のアベノマスクを検品したアパレル業者によると、「30万枚検品したところ、不良品が17万枚近くに上った」という。

・海外製布マスクの不良品連発で、国内で大慌てで追加生産の動きが起こっている中、アベノマスク生産を依頼された工場の経営者は、「(ドラッグストアなどで売られている)サージカルマスクの方が安くて性能がいいと思う」「(仕様書通りに作ったものを)一度、自分で作った布マスクを洗って試したら、縮んでしまい、使い物にならなかった」と証言。

菅長官がこのまま全世帯へのマスク発送を強行する考えを示している中、「アベノマスク計画」そのものが破綻している実情が明らかになっている。

アベノマスク検品に8億円…厚労省また業者名「開示」拒否のア然

悪評ふんぷんのアベノマスクのコストは一体どこまで高騰するのか。不良品だらけの布マスクの検品費用に約8億円も投じるというからア然だ。厚労省によると、検品対象は全戸配布の6450万枚、介護施設向け2000万枚、妊婦向け50万枚の計8500万枚。布マスクをめぐっては、妊婦に配布予定だったマスクにカビや黄ばみ、異物混入などが見つかり、配布前の全マスクの検品に追い込まれた。

~省略~

当初、全戸配布するマスク購入費は169億円を見込んでいたが、91億円に抑えたことで予算に余裕が生まれたこともチェック体制を厳しくした理由だという。厚労省は専門業者1社に検品を委託。メーカーから納入されたマスクを550人体制で目視、計量し、全国の郵便局に配送するという。

■「縮む」と不評なのにバカ高

「業者名? 相手方との関係や一定の手続きが残っているので、現時点では公表を差し控えさせていただきます。時機を見て公表する可能性はあります。一部、箱代などもありますが、検品費用8億円のほとんどは委託した業者の人件費になります」(前出のマスク班担当者)

~省略~

【Yahoo!ニュース(日刊ゲンダイ) 2020.5.16.】

アベノマスクの国内製造業者が激白「売っているサージカルマスクの方が安くて性能いい」

~省略~

厚労省によると、アベノマスクは政府から受注を受けたメーカーなどが海外から仕入れたものがほとんどで、4月末時点で自治体に配布していた約47万枚のうち約4万7千枚に異物混入、汚れなど不良品があったと返品されたという。

だが、アベノマスクの検品作業をしたアパレル業者はこう証言する。

「30万枚を検品して合格品は13万枚、不良品は17万枚近くあった。不良品が多く世帯に配る布マスクが足りなくなり、国内で慌てて埋め合わせの布マスクを生産をしています」

本誌は中部地方で布マスクを製造している工場経営者をインタビューすることができた。一問一答は以下の通り。

~省略~

「ゴールデンウイーク返上で夜10時くらいまで仕事しました。うちは場所も広くないけど、多い時は社員や外国人の技能実習生など20人近くがアベノマスクを作りました。完成品は袋詰めしなきゃダメだしね。まさに三密の中での仕事だ。窓を全開にしてましたが、『アベノマスクを作っているのがばれないように』とお達しがあったので、少ししか窓を開けられなかった」

~省略~

――アベノマスクの品質はどう思うか?。

「布マスクは1枚のガーゼを折りたたんでいるだけ。一般的にドラッグストアやコンビニで販売されている、サージカルマスクの方が安くて性能はいいと思う。一度、自分で作った布マスクを洗って試したら、縮んでしまい、使い物にならなかった。国民だからいずれ私のもとにも届くでしょう。しかし、遅すぎますよ。もう近所の薬局でもサージカルマスク、販売している。アベノマスクに税金をこれ以上、使うのはやめて、われわれ零細企業が破綻しないように、お金を回してほしい」

【AERA dot. 2020.5.15.】

安倍総理渾身のアイデア「アベノマスク」はすでに完全に破綻!「作っているのがバレないように」こっそりと”3密状態”で国内業者がゴミマスクを生産する羽目に!

出典:Twitter(@maruyamahodaka)

もう、何もかもメチャクチャだわっ!!
8億円の検品費用が新たに発生しているのもふざけている話だけど、30万枚検品した中で17万枚が不良品ですってぇ!?
しかも、大慌てで国内業者に生産を依頼している中で、「アベノマスクを作っているのがバレないように」”3密状態”の中でこっそりと作る羽目になっているなんて…!!

まさに「どこの麻薬工場だよ」という話だけど、しかも「(仕様書通りに作ってみると)1回洗っただけで縮んでしまい、使い物にならなかった」と、生産依頼を受けた工場経営者も、アベノゴミマスクの性能に”太鼓判”を押してるよ。
すでに、市販のサージカルマスクの値崩れが起こり始めており、供給過多になりかかってきている中、雑巾としてもあまりに小さすぎて使えないアベノマスクは、日本中のほとんどの世帯において、そのままゴミ箱に直行だろう。

まさに、史上最凶レベルの規模で税金をどぶに捨ててしまったし、税金だけでなく、資源や労働力についても凄まじいまでの無駄遣いだ。
そして、ボクが提言していた通り、不良品が連発した時点でアベノマスク計画を中止にしていれば、追加で8億円もの検品費用が発生することもなかった

おびただしい数の日本国民が未曽有の生活困窮にあえぐ中で、いまだに1銭もお金を届けることが出来ていない上に、メチャクチャに貴重な血税をあまりにおバカな「やってるフリパフォーマンス」のせいで数百億円規模でどぶに捨ててしまった安倍総理は「史上最凶の国賊」と言っても過言ではない。
これだけでも、即刻総理も議員を辞任すべき事態のはずだけど…あろうことか、この史上最悪の愚策の責任も一切取ろうとしないどころか、自分自身(安倍総理)の逮捕を防ぐために、犯罪同然のやり口で、検察を自らの私兵組織に作り替える法案の強行採決に血道を上げている有様だ。

これで怒りの声を上げない方がどうかしてるし、何としてでも、ありとあらゆる暴挙や失策の責任を取らせないとダメだろう。

この、「アベノゴミマスク問題」についても、もっともっとマスコミが徹底的に追及しないといけないはずだけど、頑張っているのは週刊誌や中小のネットメディアばかりなのが現状だわっ。
近日中に強行採決を企んでいる「検察庁法改悪」を何としても食い止めないとダメだけど、この問題についても、徹底的に責任を取らせる必要があるんじゃないかしら!

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事