【全面戦争勃発か】米がイラク・バグダッドでロケット弾攻撃!イラン革命防衛隊ソレイマニ司令官を殺害!イランは”報復宣言”で、自衛隊も危機的状況に!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年1月3日、米軍がイラクの首都バグダッドでロケット弾攻撃を実施。米政府は、これによりイラン革命防衛隊「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を殺害したと発表した。

・これを受けて、イランのハメネイ師は、米国に対して「手を血で汚した犯罪者を待っているのは厳しい報復だ」とツイッター上で宣言米・イランの全面戦争に発展する危険性が高まっている。

・安倍総理は、先日に自衛隊をホルムズ海峡周辺海域に派遣することを閣議決定しており、日本の自衛隊にとっても米・イランとの全面戦争に巻き込まれる危険が高まっている。

「大統領の指示受けてイラン司令官を殺害」米国防総省が声明

~省略~

イラクの首都バグダッドの国際空港近くで3日、車列が攻撃を受け、複数の死傷者がでました。

アメリカ国防総省は声明を発表し、イランの精鋭部隊、革命防衛隊の実力者として知られるソレイマニ司令官を標的にした攻撃を実施し、殺害したことを明らかにしました。

攻撃はトランプ大統領の指示で行われたということで、国防総省は、ソレイマニ司令官がイラクなどでアメリカの外交官や軍人を攻撃する計画を進め、多くのアメリカ人を死傷させたと主張しています。

そして「今回の攻撃はこの先のイランによる攻撃を防ぐためだった」として攻撃の正当性を強調したうえで「アメリカは、国民と国益を守るためには世界のどこにおいても必要なあらゆる措置を取る」と警告しています。

これに対しイランの最高指導者ハメネイ師は「ソレイマニ司令官の殉職は、アメリカに抵抗する意欲を倍増させるものだ。犯罪者には厳しい報復が待ち受けている」と述べ、アメリカに対して報復措置をとる考えを示しました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.1.3.】

ついに、トランプが一線を超える軍事行動に…!米・イランの全面戦争に発展すれば、日本の自衛隊も巻き込まれること必至の状況に…!

これまでギリギリのところで踏みとどまってきたトランプさんが、ついに「一線」を超えるような軍事行動に出てしまったようね。
これは、イランからの報復は確実な上に、この先、米vsイランの全面戦争に発展する危険性も一気に高まってきたわ。

そして、折しも、安倍政権がホルムズ海峡周辺地域への自衛隊派遣を閣議決定してしまった中で、このままお互いの軍事行動がエスカレートしていけば、日本の自衛隊も本格的に戦闘行為に巻き込まれる危険性が高まってきている。
まさに、ボクたちが強く心配していた通りの展開になってきてしまったし、就任直後はグローバル軍産勢力と対立していたかのように見えたトランプも、ついに、これらの本格的な傀儡と化してきてしまったか…。
はっきりと言えることは、世界を隠然と支配しているグローバル資本勢力の中に、「第三次世界大戦」を引き起こすことを画策している強大な勢力がいるということだ。
オバマやブッシュなどの歴代の米国大統領は、ほぼ全員これら戦争屋勢力の傀儡であり、いずれの大統領も数々の戦争や軍事攻撃を繰り返してきたけど、やはりトランプも…ということかな。

まだこの先の展開を見ていかないと何とも言えないけど、少なくとも、米とイランはかなりヤバい状況となっているのは確実で、米国はもとより、完全なる”トランペット”と化している安倍総理が居座っているボクたち日本も、いよいよ本格的な危険が迫ってくるような様相となっている。
新年早々、日本だけでなく世界が激動しているし、今後もあらゆる情報を見逃さないようにしないといけないね。

今後、どこまでトランプ大統領が軍事行動をエスカレートさせていくのかも注視が必要ですし、ゴーンさんの海外逃亡といい、日本と中国の「カジノ疑獄」といい、日本だけでなく世界中が混沌としてきているのは確かだわ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事