鉄道の運転士の熱中症相次ぐ!乗客のクレームを恐れて水分補給が不十分!?ネット上でも多くの同情の声!

Pocket

どんなにゅーす?

・危険な酷暑が連日続いている中、鉄道の運転士が運転中に熱中症の症状にかかり、救急搬送される事例が相次いでいる。

・運転席が、背面以外大きな窓に囲まれている上に、乗客からのクレームなどを恐れて水分補給を怠ってしまうようなケースもあり、鉄道の運転士の勤務環境の悪さが指摘されている。

JR運転士が熱中症で搬送 交代し列車50分遅延

27日午後0時45分ごろ、山形県遊佐町のJR羽越線遊佐駅で、停車中だった酒田発秋田行き普通列車の30代の男性運転士が熱中症とみられる症状を訴え、病院に搬送された。別の運転士が交代したが、列車の出発が約50分遅れ、乗客約110人に影響した。

JR東日本や消防によると、運転士は搬送時、手のしびれのほか高熱や発汗といった症状があったが、意識ははっきりしており軽症という。

~省略~

(共同)

【日刊スポーツ 2019.7.27.】

熱中症疑いで運転士交代 大分、JR日豊線

JR九州は3日、日豊線の佐伯駅(大分県佐伯市)で2日午後4時20分ごろ、大分発宮崎空港行き特急にちりん17号(5両編成)の40代男性運転士が体調不良を訴えて救急搬送され、別の運転士と交代したと明らかにした。消防によると、熱中症の疑いがあった。

同社によると、運転士は午後3時半ごろ、停車中の幸崎駅(大分市)で「体調が悪い」と指令センターに連絡。しばらく運転を続けたが、佐伯駅で運転が続けられない状態になった。運転席は冷房が効いていたというが「前面と左右が窓ガラスで、太陽の熱で室内の温度が上がりやすい」という。

~省略~

【サンスポ 2019.8.3.】

乗客からのクレームを過度に気にしすぎることで、命を預かる鉄道やバスの運転士たちが劣悪・危険な環境に…!

私たちの命を預かって、毎日大変な勤務をこなしている鉄道やバスの運転手のみなさんが、連日の酷暑で大変な状況になっているみたいですぅ。
こんな状況では、最悪の場合、運転中に意識を失ってしまう危険性もありますし、かなり深刻な問題ではないでしょうかぁ?

運転中にメールやゲームをやっているなどのクレームならまだしも、まさか、こんなことにまでクレームを付けるお客さんがいるのかな
ちょっと理解に苦しむような話だけど、こうした風潮が生み出されてしまっているのも、日本特有の、個人の自由や尊厳が軽視される”奴隷促進社会”が影響している可能性がありそうだ。

日本の場合、子供の頃から無意識のうちに「目上の人やお客さんや組織(会社)に対して、自らを犠牲にして奉仕するのが当たり前」みたいな価値観を植え付けられてしまうし、こうした奴隷的な価値観が「お客様は神様」なんていう歪んだ奉仕精神までをも生み出してしまっている
「お金を出している側は何をやってもいい」みたいな考えも狂っているけど、多くの人々が日々の過酷な労働やキツキツの生活によって、「心の余裕」がかなりなくなってきてしまっていることも、こうした「悪しき傾向」を助長させてしまっているように感じる。

自分自身に様々な事情や都合があるように、全ての人々にもそれぞれの事情や都合があるし、自分以外の他人が大変な状況下に置かれていることに対して、「心の余裕」をもって優しく接してあげることが、回り回って、全ての人たちにとって優しい社会に繋がっていくんだ。

ただでさえ、上半身が強い日差しを受け続ける環境にある上に、長時間にわたって高い集中力が必要になるんだから、まさに、鉄道やバスの運転士というのは、熱中症にかかってしまう悪条件が揃ってしまっているといっていい。
それぞれの現場において、そうした見えない苦労や大変な事情があることを理解してあげた上で、みんなが出来ることを協力し合いながら、この酷暑をどうにか乗り切っていくことが必要なんじゃないかな。

確かに、ちょっとしたことですぐ切れたり感情的になってしまう人が多いような気がしますし、これも、最近の日本の社会の「余裕の無さ」からきてしまっているのでしょうかぁ…。
鉄道やバスの運転手さんにとっては本当にきつい環境ですけどぉ、みなさんがこうした辛い事情を分かってあげた上で、日々の安全な運行に集中できる環境を作っていく必要がありそうですぅ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket