TVは”公選法違反”「安倍CM」を流しつつ、「れいわ新選組」を全力隠蔽!若者の8割は「投票日知らない」と回答!ネット「お前らマスコミがちゃんと取り上げないからだろ」(参院選2019)

Pocket

どんなにゅーす?

・投票日が迫ってきた参院選について、テレビによる「安倍政権びいき」の動きに対し、有権者から怒りの声が殺到している。

・テレビでは、公選法違反の疑いが大の安倍総理の顔が大きく映る自民党のCMがいまだに流されている一方で、一般庶民の間でかつてないまでの注目を集めている山本太郎氏の「れいわ新選組」を特集するテレビ局はここまで皆無

・また、若者のおよそ8割が参院選の投票日を「知らない」と答えたニュースにおいてもマスコミの責任を指摘する声が相次いでおり、参院選の話題を意図的に避けては、安倍政権に有利に働くように投票率低下を促すような動きを見せているテレビに対し、国民の不信感が大きく増す事態になっている。

参院選 若者の8割近く「投票日知らない」

~省略~

参院選が公示された7月4日から8日までの5日間、大学生らでつくるNPO法人「ドットジェイピー」が、仙台で街頭アンケートを実施し、440人から回答を得ました。その結果、「投票日が、7月21日だと知っている」人は、107人に留まり「知らない」と答えた人は、333人と8割近くを占めました。4人中3人が、投票日を知らなかったことになります。また、投票日が分かっても「行かない」と答えた人が、半数を占めました。

~省略~

【Yahoo!ニュース(TBC東北放送) 2019.7.9.】

安倍政権(グローバル資本層の傀儡政権)を勝たせるために、大手マスコミがあの手この手で”全面協力”!これも立派な「不正選挙」の一つ!

出典:Twitter(@HON5437)

若い年代の人たちの「およそ8割」が今度の参院選の投票日を「知らない」って答えたとのニュースが話題になっているけど、そりゃ、マスコミが選挙に関するニュースをこんなにもまともに報じていない状況で、選挙の認知度が広がっていくわけがないわっ!

しかも、いまだに、公選法違反の疑いが大の「安倍CM」がテレビで堂々と流れちゃってる一方で、唯一、庶民から熱い期待を受けてはホットな話題を提供している山本太郎さんの「れいわ新選組」は全力で隠す始末だし…もうマスコミ全体が、安倍政権を勝たせるために”全面協力”している状態じゃないのよっ!!

テレビでの「安倍CM」もとてつもなく不快だけど、ネット上を見ても、ツイッターやウェブ広告など、至るところに安倍総理の顔がでかでかと表示される事態になっているし、安倍政権がこれらの「国民洗脳ツール」に湯水のように血税を投じている動きがみられるね。

みんなは、「不正選挙」と聞くと、有権者から投じられた票を直接的に操作したり、隠したりする行為をイメージするかもしれないけど、なにも、選挙におけるインチキはそれだけではない

こうやって、公職選挙法がザル同然の状態の上に、マスコミが特定の党を特別に優遇しては報道を恣意的にコントロールすることだって、立派な「不正選挙」の一つだし、現在の状況は、いってみれば、どうにか直接的に票をいじくることがなくても与党が勝利できるように、(安倍政権を支援している)1%のグローバル資本勢力が、マスコミや民衆の意識を(その姿を隠しながら)上からマリオネットを操るかのように糸を引きながらコントロールしている状態ってことだ。

前回の衆院選挙でも、小池・前原一派による”野党分断”の工作ショーがあったけど、今回の参院選では、安倍政権を勝利させるために大手マスコミ各社(特にテレビ局)が以下のような工作や操作を行なっている様子がみられるね。

●参院選の話題を意図的に積極的に報じない(投票率を上げないための世論操作)。

「若者の多くが安倍政権支持」との情報を流し、「投票率を上げることはかえって安倍政権を勝利させる」と思い込ませる(これも投票率を上げないための世論操作)。

●安倍自民党のCMを独占的に放映する。

●安倍政権に失望している人々の強力な受け皿になっている山本太郎氏のれいわ新選組を徹底的に報じない(参院選の関心を高めさせない、野党勢力やれいわを躍進させないための世論操作)。

つまり、これらを総合すると、「盛り上がらない参院選」との雰囲気を人工的に作り出しては、日本人の多数派に当たる「政治に関心が薄い無党派層」をどうにか投票に行かせないための世論操作が強力に行われているということになるだろう。

参院選を盛り上げていきたいのなら、ここまで庶民からの多くの期待の声を受けては、あっと驚くような話題をたくさん提供してきた「れいわ新選組」を大きく取り上げればいいだけじゃないのよっ!!
「選挙が盛り上がらないのは本当に残念ですね…」とかスタジオで嘆いている一方で、自分たち(大手マスコミ)でそういう雰囲気をわざわざ作り出しているんだから、これは相当に悪質だわ!

ただでさえ、莫大な資金に加えてグローバル資本家や大企業からの支援があるのに、それでいて「ここまで手厚い優遇措置」がとられれば、そりゃ安倍政権は勝利するに決まっている
「強いものが一方的に有利にならないよう」にと、力の弱い政党や候補者にもチャンスがあるように公職選挙法などの法律が作られているっていうのに、それらの法でさえほとんど安倍政権によって反故にされちゃってるんだから、この時点で、ほとんど「投票前から不正選挙が全開の状態」といっていいだろう。

この”無法状態”をどうにか「まともな状態」に戻すには、どうしても、大多数の国民による「かなり大きな行動」が必要だし、ボクたち自身が「いかに自分たちの社会が”異常な状態”に陥っているのか」を認識できない限り、この国はいよいよ「本当の独裁社会」にまっしぐらってことだ。

ほんとに、もう言葉が出てこないわ…。
この国の民主主義の制度そのものがすでに「張りぼて同然」になってきてて、その実態は、公平な選挙もほとんど機能しないような「インチキ独裁社会」になりかかっているってことね。

中国や北朝鮮のように、名実ともに完全な「独裁」になると、さすがに国民も強く反発するだろうから、この先しばらくは、国民に対して民主主義を錯覚させる嘘や騙しが蔓延する「エセ民主主義」の「ステルス独裁」が深化されていくことが予想される。
だけど、安倍一派による”憲法改悪”が実現してしまうと、いよいよその「エセ民主主義」も終わりを迎える可能性がありそうだし、まずは、現在の選挙システムですらも、すでにかなり腐敗しきっている現状を認識していくことが必要かもしれないね。

Pocket

 

 関連記事