”テキーラ一気飲み”強要で意識を失った女性を強姦した会社役員に無罪判決!ネットで怒りの声殺到!西崎健児裁判長「女性が拒否できない状態だったのは認められるが、被告がそれを認識していたと認められない」

Pocket

どんなにゅーす?

テキーラを複数回一気飲みさせて意識を失わせた女性をレイプしたとして、準強姦罪の疑いで起訴されていた福岡市博多区の会社役員の男性に対して、福岡地裁久留米支部が無罪を言い渡した。

・西崎健児裁判長は「女性はテキーラなどを数回一気飲みさせられ、嘔吐しても眠り込んでおり、抵抗できない状態だった」と認めつつも、「女性が拒否できない状態にあったことは認められるが、被告がそのことを認識していたと認められない」とコメント。この不可解な判決に対してネット上では怒りの声が殺到している。

準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部

飲酒によって意識がもうろうとなっていた女性に性的暴行をしたとして、準強姦(ごうかん)罪に問われた福岡市博多区の会社役員の男性(44)に対し、福岡地裁久留米支部は12日、無罪(求刑・懲役4年)を言い渡した。

西崎健児裁判長は「女性が拒否できない状態にあったことは認められるが、被告がそのことを認識していたと認められない」と述べた。

男性は2017年2月5日、福岡市の飲食店で当時22歳の女性が飲酒で深酔いして抵抗できない状況にある中、性的暴行をした、として起訴された。

判決で西崎裁判長は、「女性はテキーラなどを数回一気飲みさせられ、嘔吐(おうと)しても眠り込んでおり、抵抗できない状態だった」と認定。そのうえで、女性が目を開けたり、何度か声を出したりしたことなどから、「女性が許容している、と被告が誤信してしまうような状況にあった」と判断した。【安部志帆子】

【毎日新聞 2019.3.12.】

「テキーラ一気飲み強要強姦」に無罪判決を出した西崎健児裁判長に怒りの声殺到!同氏は以前から「加害者寄りの判決」を出すことで有名な裁判官!

はあああっ!?
「女性はテキーラなどを数回一気飲みさせられ、嘔吐しても眠り込んでおり、抵抗できない状態だった」ことは完全に認めつつも、「女性が拒否できない状態にあったことは認められるが、被告がそのことを認識していたと認められない」って、一体どういうことなのよっ!?
どう考えても、メチャクチャな判決としか思えないし、当然のようにネット上では怒りの声が大殺到しているわっ!

女性に対してテキーラを複数回一気飲みさせた時点で完全にアウトだし、激しく気分を悪くして意識を失っている目の前の女性に対して性行為を行なっている時点で、普通に考えれば強姦だろうに。

あおいちゃんの言うとおり、この西崎健児裁判長の説明は大きく矛盾しているように思えるし、そもそもこの裁判長は、以前にも福岡で発生したひき逃げ殺人事件において、被告が女性をひいたことを認定しつつも、なぜか無罪を言い渡したことが大きな話題になり、「加害者に有利な判決を下す裁判官」として一部の人々の間で知られていたようだ。

これまでも当サイトでは、ここ最近の日本では、薬物や酒を利用した強姦事件などの悪質な性犯罪が次々と不起訴や無罪になっている実情を伝えてきたけど、どうも、安倍トモジャーナリスト・山口敬之氏の薬物レイプ揉み消し(突然の逮捕中止の後、不起訴に)を機に、日本国内で次々起こっている悪質な性犯罪について、山口氏のケースに合わせて、強引に不起訴や無罪にされるケースが増えていることを疑いたくなってくるし、いわば、この国では半ば「レイプし放題」になりかかっているように思えるよ。

こんなに価値観やモラルが退廃・崩壊しきった国って、先進国で他にあるかしらっ!?
もはや、日本は完全に先進国から転落しているようにしか思えないし、ここまで酷い手口でレイプされても、相手の処罰や償いを求められないって、日本の女性は一体どうすればいいのよ!?

女性を激しく蹂躙しているというよりも、日本国内で(グローバリストからの庇護により)不当に権力を得た上で、我が物顔で振る舞っている腐敗した権力者に都合がいいように、法律や倫理感を徹底的にねじ曲げられているような感じがするね。

平たく言うと、「徹底的な”弱いものいじめ”の社会」ということかと思うし、この国は、表面的には民主主義の体があるものの、その本質は民主主義から最もかけ離れた価値観が横行しては、”強者優遇”の社会が強固に形成されてしまっていることを強く感じずにはいられないよ。

Pocket

 

おススメ記事&広告