【芸人の域】共産・田村智子議員の追及に対する自民・丸川珠代議員の表情が話題に!京都府副知事と山本前地方創生相との面談を暴露した瞬間!

Pocket

どんなにゅーす?

・2016年10月の京都府の副知事と山本幸三前地方創生相の面談時に、政権側が京産大獣医学部の開学を断念するよう圧力をかけていたとされる問題で、この面談に自民党の西田昌司議員が同行し、西田氏のブログで紹介されていたことを共産・田村智子議員が暴露この瞬間に見せた自民・丸川珠代議員の”表情”がネット上で大きく話題になっている。

まるでギャグ漫画のような丸川珠代議員の”鬼気迫る”表情に注目!

出典:Twitter(@tanutinn)

出典:Twitter(@jam9801)

ひいいいぃぃ~~っ!!
こ、これはぁっ!丸川議員恐すぎですぅ~ッ!

ネット上では「まるで(ギリシャ神話に登場する怪物)メドゥーサのようだ」といった声も出ているけど、(山本太郎議員を目の前にした途端に”豹変”する小野田紀美議員に続いて)自民党の女性議員は、”顔芸”だけでも食っていけそうなほどのお笑い系の人材が豊富だね。

しかしその一方で、肝心な本職の方は絶望的なまでに無能な議員ばかりで、例えば丸川議員と言えば、先の佐川氏の証人喚問において、誰もが失笑するほどの稚拙すぎる誘導質問の”茶番劇”を披露必死になって安倍総理や佐川氏をアシストしたことが記憶に新しい。

国民をあっと驚かせるような”顔芸”で国会を盛り上がらせるのは大いに結構だけど、まずはその前に、納税者の国民にしかるべき責任と使命を果たすべく、政治家としての本職をしっかりとやってもらいたいものだ。

その一方で、共産党の田村智子議員は、自民党の西田昌司議員が地元の京都府の副知事と一緒に、京産大獣医学部の開学を政府に陳情していたという”興味深い事実”を暴露した点で、なかなかいい仕事をしているね。
今後もその調子で、野党議員たちには、安倍政権と加計学園の異様な癒着の内情や、自民党内の様々な利権構造の実態を明らかにしてもらいたいと思うよ。

佐川さんとのおかしな茶番劇や、こんな顔芸くらいしか注目されない丸川議員は、もうちょっと頑張ってくれないと困りますですぅ。
今井絵理子議員も相変わらずな感じみたいですし、安倍総理のご機嫌を取る仕事しかしてない自民党の女性議員さんは、もっと多くの税金を受け取っているのに相応しいくらいの議員活動をしてもらいたいですぅ!

おススメ記事&広告

 
Pocket