【癒着】内閣府の藤原豊氏、15年8月の今治視察の際に加計学園の車を使用!国家公務員倫理規程に抵触の可能性も!梶山地方創生相「不適切だった」

Pocket

どんなにゅーす?

内閣府の藤原豊地方創生推進室次長(当時)が、2015年8月に今治市を視察した際に、加計学園の車を使用していたことが発覚。国家公務員倫理規程や国家公務員旅費法に抵触する可能性を指摘されている。

梶山地方創生相もこの事実を認め、「不適切だった」とコメント。野党側は加計学園から藤原氏にさらなる利益供与があった疑いを強めており、ますます安倍政権による加計学園に対する異様な厚遇と、一心同体の”癒着”の実態が浮かび上がっている。

内閣府職員、加計の車で視察=倫理規程抵触か精査―梶山担当相

梶山弘志地方創生担当相は14日の衆院予算委員会で、内閣府地方創生推進室の職員が2015年8月に視察で愛媛県今治市を訪れた際、学校法人「加計学園」の車両を利用していたと明らかにした。

梶山氏は不適切だったとの認識を示した上で、国家公務員倫理規程や国家公務員旅費法に抵触しないか精査していると説明した。

梶山氏は「仮に法令上の問題がないにしても、民間業者との関係が公務への疑いを招く結果にならないよう慎重に対応することが必要だ」と述べた。公明党の中野洋昌氏への答弁。

【Yahoo!ニュース(時事通信) 2018.5.14.】

出典:Twitter(@fvjmac)

2015年の時点から加計学園が「アベ学園」と化していたことを示す新情報!幹部官僚も安倍一派の政治家らも、加計と一心同体の「利益共同体」!

出典:阿修羅

柳瀬元秘書官と同日(2015年4月2日)に官邸で加計学園関係者たちと面会していた内閣府の藤原豊次長(当時)が、2015年8月に今治市などを視察していた際に、加計学園の車を利用していたことが発覚したわ。
安倍官邸と直結している内閣府の幹部官僚が一私学の車を利用して視察を行なうなんて、有り得ないような滅茶苦茶な話だし、2015年の時点で、すでに加計学園は安倍総理からの全面バックアップを通じて、国家戦略特区を通じて強引に開学されるシナリオが完全に決まっていた…ということね。

ああ。(安倍総理の忠実な使いの一人である)内閣府の藤原氏も2015年の時点で実質的に加計学園の一員になっていたような状況だし、これだけでも国家公務員倫理規程や国家公務員旅費法に違反している可能性が大だろう。
これには、梶原地方創生相もさすがに「不適切だった」ことを認めざるを得ない状況で、これでますます、安倍総理による「加計学園が国家戦略特区で開学しようとしているのを2017年1月に初めて知った」との主張は、やっぱり大嘘だった可能性が極限まで高まってきたといえるね。

おまけに安倍総理ってば、2015年の柳瀬元秘書官と加計関係者との面会についても「GW中に初めて聞いた」と主張する始末だし、こんなことになっているのも、全ては安倍総理と加計理事長との「不可思議で特別な繋がり」がもたらしていることなのは、もう幼い子供でも分かるくらいの状況なのにね。

ああ。安倍総理と頂点として、政治家や官僚、しまいには最高裁判事まで、ありとあらゆる安倍シンパの政府要人と加計学園が利益を共有する、前代未聞の凄まじいまでの癒着の実情だ。
さらには、校舎の建設すらも自民党政治家が利益をもらっているわけで、こんな様子では、掘れば掘るほどにさらなる安倍政権と加計学園の異様な癒着や不正が明るみになる可能性が高いといえるだろう。

おススメ記事&広告

 
Pocket