■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ついに出た】政府や組織委が、東京五輪日本代表選手に新型ワクチンを”優先接種”させることを検討!大手がマスコミが報じる!加藤長官は「現時点で具体的な検討を行なっている事実はない」と火消し!

【ついに出た】政府や組織委が、東京五輪日本代表選手に新型ワクチンを”優先接種”させることを検討!大手がマスコミが報じる!加藤長官は「現時点で具体的な検討を行なっている事実はない」と火消し!
Pocket

どんなにゅーす?

・新型コロナの第4波が襲来している中で東京五輪の”強行開催”の準備が進められている中、「政府関係者からの話」として、菅政権や組織委が東京五輪日本代表選手に新型コロナワクチンを”優先接種”させることを検討していることが大手マスコミで報じられた。

・一方、これらの報道に対して、加藤官房長官は「現時点で政府として具体的な検討を行なっている事実はない」とコメント。数多くの副反応が報告されており、事実上の”人体実験”と化している新型コロナワクチンについて、五輪の強行開催を口実にして、医療従事者に続いて五輪代表選手も優先的に接種させられる可能性が出てきている。

政府、五輪、パラ選手への優先接種検討

政府は東京五輪・パラリンピックに出場する日本代表選手を対象に、新型コロナウイルスワクチンの優先接種を可能とする方向で検討に入った。政府関係者が7日、明らかにした。五輪選手については6月下旬までに2回の接種を終わらせる日程を想定している。

【共同通信 2021.4.8.】

東京五輪日本代表にワクチン優先接種を検討

~省略~

IOCは選手へのワクチン接種を義務づけておらず、日本側もワクチンなしでも感染症対策がとれるよう準備を進めていました。しかし、海外ではワクチンの接種が進み、開催国の日本の選手が接種していないことに不安の声もあがっていることなどから、政府や組織委員会などは、日本代表選手にワクチンを優先接種できるよう検討していることがわかりました。

政府は、優先接種の順位を医療従事者、高齢者、持病のある人としていますが、オリンピック選手には、早ければ4月中に接種を始め、6月中には2回目の接種を終わらせたい考えです。

【Yahoo!ニュース(日テレNEWS24) 2021.4.8.】

五輪選手らにワクチン優先接種?官房長官「検討せず」

加藤勝信官房長官は8日午前の記者会見で、東京五輪・パラリンピックに参加する選手に新型コロナウイルスワクチンを優先接種するかを問われ、「現時点で政府として具体的な検討を行っている事実はない」と述べた。

そのうえで加藤氏は、選手の安全を確保するための対策について「IOC(国際オリンピック委員会)、大会組織委員会、東京都などの議論を注視していきたい」とも語った。

~省略~

【朝日新聞 2021.4.8.】

ついに(懸念通り)「東京五輪日本代表選手への新型ワクチン優先接種」の構想が浮上!加藤長官はすかさず”火消し”に走り、煙に巻く!

いよいよ、こうした動きが出てきましたか。
「東京五輪を強行開催するために」との名目で、新型コロナワクチンを五輪出場選手に(医療従事者らに続いて)優先接種させる流れが浮上してくることは以前から予想していましたが、まさに、絵に描いたように「私たちが心配していた通りの展開」になってきましたね。

加藤官房長官は、すかさず、これらの大手メディアの報道を”火消し”したけど、全体的な流れとしては、(これまでビル・ゲイツらが強く希望してきた)「東京五輪の強行開催をお題目にして、どうにかして日本国内で強行的に新型ワクチンを普及させる」との”アジェンダ”が水面下で動き出しているとみて間違いないだろう。

これまで、世界中のワクチン利権を牛耳っては、「新型ワクチン接種を通じた、ナノチップによるデジタル奴隷監視システムの構築」などを提唱してきたビル・ゲイツ氏は、先日に菅総理と会談を行ない、東京五輪の”強行開催”に期待感を表明しては、「世界中に新型コロナワクチンを普及させることが重要だ」との考えを菅総理と確認し合いました。

中国政府が東京五輪代表選手に対して中国製の新型コロナワクチンを提供する考えがあることを表明しては、IOCがこれを支援する考えを示していることについて、当サイトで以前に紹介しましたが、まさに、実質的な「人体実験」である新型コロナワクチンをめぐって、世界支配層が利権や覇権を争っては様々な計略をめぐらせていることがあからさまになってきています。

ネット上の声を見てみると、相変わらず、(これまで権力を厳しく批判してきた人々の間でさえ)「世界の国々や人々がみんなやっているから」などといった考えの下で、「日本も一刻も早くにワクチン接種をどんどん進めるべき」との声が多く上がっているけど、どうも、新型コロナワクチンを通じて世界の巨大権力層が莫大な利権を作り出しては、世界市民の生殺与奪を握っている実情があることについて、こうした「現状認識」が大きく欠如してしまっている意見が非常に多いのがとても心配だ。
今回のニュースを批判する声についても、「五輪代表選手よりもまずは医療従事者や高齢者へのワクチン接種を優先すべきだ」との声が出ていたけど、一見すると、弱者側に寄り添った意見のように感じるものの、これは事実上、腐敗した権力層の利益に大きくくみしてしまうことに繋がる、いささか危うい考えなのではないのかな。

本来であれば、開発期間が1年にも満たないような新型コロナワクチンの接種を進めることよりも、「ワクチンに依存しない新型コロナ対策」を積極的に議論し、国民が団結して政府に求めていくべき(実際に、すでに、既存の薬などを通じて新型コロナを封じ込められる方策が見つかりつつある状況)なのではと思いますが、結局のところは、大多数の人々が既存のマスコミや政府などに洗脳されては、1%の腐敗した支配層の思惑通りに動いてしまっている様子が見られますね…。

アベ&スガマンセーの軍団はもちろん、安倍・菅政権に強く反対してきた人々も、同じくそうした方向に導かれてしまいつつあるようにみえるし、みたところ、すでに事態はなかなか深刻だ。
実際のところ、いわゆる「いかがわしい陰謀論」のようなものが大量にネット上に流布されては、これらに悪影響を受けてしまっている人がたくさんいる様子だけど、それと同時に、「1%の権力層によって隠された内情」「マスメディアが伝えない(伝えられない)情報」などといった市民に有益な情報に至るまで、何でもかんでもが「いかがわしい陰謀論」として一緒くたにされては、これらも諸共排除・無視されていることで、結局のところは、グローバル支配層の狙い通りに大多数の人々が思いのままに誘導・洗脳されてしまっている状況に見えるのが非常に心配だ…。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事