【赤っ恥】自民・丸川珠代議員の”猿芝居”に、テレビからも批判が噴出!坂上忍氏「見事な茶番劇」南美希子氏「テレ朝時代の後輩なのに恥ずかしい」伊藤惇夫氏「事前に佐川さんと打ち合わせしたのでは」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年3月27日に行なわれた佐川氏の証人喚問において、自民党・丸川珠代議員による世論誘導の狙いが見え見えの低レベルの”茶番劇”に、テレビ番組でも冷笑や批判の声が続々上がっている。

・フジテレビ「バイキング」では、坂上忍氏は「見事な茶番劇。丸川さんも何のために政治家になったんですかね」とバッサリ切ると、フリーアナウンサー・南美希子氏も「テレビ朝日時代の後輩なのに恥ずかしい」とコメント

・TBSの「ひるおび」でも、政治評論家の伊藤惇夫氏は「事前に佐川さんと打ち合わせしたのではとも思ってしまう」とコメントし、安倍政権によって”仕組まれた内容”だったものを疑う声が相次いでいる。

佐川氏証人喚問で自民党・丸川議員の質問を坂上忍が猛批判「何のため政治家になったのか」

証人喚問のトップバッターに立った丸川議員が、「安倍総理の指示はありませんでしたね?」と質問をすると、佐川氏は「ございませんでした」と即答で否定。続けて、丸川議員から、「安倍総理夫人からの指示もありませんでしたね?」と聞かれても、「ございませんでした」と重ねて否定した上、「官邸の官房長官、官房副長官、総理秘書官からの指示はありませんでしたか?」という質問にも、同じく「ございませんでした」と、通り一遍の答え。そして、佐川氏は麻生太郎財務大臣や、財務大臣秘書官などの関与についても、いずれも「ございませんでした」を連発した。

この丸川議員と佐川氏による、総理や与党の関与を否定する予定調和の応酬を見た坂上は、「うーん、見事な茶番劇。丸川さんも何のために政治家になったんですかね」と苦言を呈し、これを受けて政治評論家の有馬春海氏も、「与党(の人)が、与党の先輩に対して厳しいことを言えるわけないんです。国会で審議をするなら、与党に対して野党の人が質問するという構図を作らないと……結局、確認事項で終わってしまった」と、解説した。

番組ゲストのフリーアナウンサー・南美希子氏も、今回の証人喚問での丸川議員の質問に対して、「テレビ朝日時代の後輩なのに恥ずかしいですね。(証人喚問で)国会審議が止まっちゃっているわけですよ。待機児童問題でも何でも止めたんだったら、自分に与えられた使命というのが分かるだろうって思いますけどね」と、疑問を呈した。これには坂上も、「ああいうのを見ちゃうと、政治不信しかないなってなっちゃいますね」と同意。ヒロミも、「茶番を見てる感じだけど……これで“やった感”を出してるんだろう」と、あきれ顔で語っていた。

【dailynewsonline 2018.3.28.】

丸川珠代議員の「安倍擁護」質問が失笑モノ…佐川氏、証人喚問で野党の全追及をかわす

「総理夫人、官邸の関与はなかったという証言が得られました。ありがとうございました」
さすがは元アナウンサーである。自民党の丸川珠代議員は、まるでテレビ番組のエンディングのように、質問をテーマで締めくくった。与党の質問が出来レースであることはある程度予想できたが、ここまであからさまだと思わず笑ってしまう。
学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書を財務省が改ざんした問題で27日、午前は参院予算委員会、午後は衆院予算委員会で、佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問が実施された。参院予算委での、丸川議員と佐川氏との件の一問一答は以下の通りだ。
「理財局に対して、安倍総理からの指示はありませんでしたね?」
「ございませんでした」
「安倍総理夫人からの指示もありませんでしたね?」
「ございませんでした」
その後、官邸の秘書官、大臣、大臣の秘書官からの指示を聞かれて、同様に否定した。同じ与党でも、衆院予算委での公明党の竹内譲議員の質問は、まだひねりがあった。

【Business Journal 2018.3.27.】

丸川珠代議員による低レベルの「国民騙し作戦」は失敗に終わった模様!頼りのテレビからも失笑や冷ややかな声が続出!

佐川氏の証人喚問で、低レベルのコント並みの「アベ擁護」のパフォーマンスの終始した丸川議員に対する批判が殺到しているみたいね!
さすがのワイドショーでも、あまりの”露骨さ”に非難囂々になっている感じだわ。

和田政宗議員などと同じで、安倍総理の子分議員は、あまりにも”アベ教”に深く洗脳されてしまっているあまり、国民よりも安倍総理に忠誠を尽くしている様が丸出しとなっており、全く見ていても見苦しいことこの上ない。
この連中の頭の中は「どうやって国民を騙し、安倍総理に可愛がってもらえるか」だけで一杯で、その汚れきった精神が議員本人の人相やオーラにも表れている。

丸川議員も、元はと言えばテレビ朝日のアナウンサーで優秀だった上に、ボクもだいぶ昔にあるイベントで生で見たことがあったけど、今やこんなにも見るも無惨に汚れきってしまって…まったく当時の見る影も無くなってしまったね。

ほんとに、自民党や安倍政権の中にどっぷりと入ってしまうと、心の底から汚れたマインドに染められてしまって、人間としてボロボロにされてしまうのね。
丸川議員も、自民党の議員になった途端に、野蛮さや凶暴さを剥き出しにするようになっていったみたいだし、絶対にこんな風にならないようにしないといけないわ!

まさしく、「反面教師」としては最良のケースだね。
南美希子アナの「テレ朝時代の後輩なのに恥ずかしい」のコメントにも凝縮されているし、みんなもくれぐれも”こんな風”になってしまわないようにしようね

とにかく、マスコミからもここまで批判が続出している様子を見る限り、やはり安倍政権の権力は下降傾向にあることは確認できたので、この勢いでどうにか国民間でさらに安倍政権の危険さや悪質さを共有し、なんとしてもこの政権による「日本破壊」を止める必要があるね。

おススメ記事&広告

 
Pocket