■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【なんで】共同通信世論調査、菅原大臣の辞任「当然だ」が75%!なのに安倍政権支持率は1Pアップの54.1%に!→ネット「もう誰も信じてない」

【なんで】共同通信世論調査、菅原大臣の辞任「当然だ」が75%!なのに安倍政権支持率は1Pアップの54.1%に!→ネット「もう誰も信じてない」
Pocket

どんなにゅーす?

・2019年10月26、27日に行なわれた共同通信世論調査において、数々の公選法違反で経産相を辞任した菅原一秀氏について、「当然だ」が75.0%に、「必要はなかった」は17.8%との結果になったという。

・その一方で、安倍政権の支持率は前回比1.1ポイント増の54.1%(不支持は34.5%)との結果に。閣僚の重大な不祥事にもかかわらず、任命責任を問う声が全く出ていない結果が出ていることに、ネット上で疑いの声が噴出している。

「菅原氏議員辞職を」48% 女性天皇81%が賛成、共同通信

共同通信社が26、27両日に実施した全国緊急電話世論調査によると、選挙区の有権者に秘書が香典を渡したなどとする公選法違反疑惑で経済産業相を辞任した菅原一秀氏は衆院議員も「辞職するべきだ」との回答は48.3%で、「辞職する必要はない」43.5%を上回った。政府が検討する予定の安定的な皇位継承策に関連し、女性天皇を認めることに賛成は81.9%、反対は13.5%だった。

内閣支持率は前回調査(今月5、6両日)から1.1ポイント増の54.1%で横ばい。不支持率は34.5%だった。

菅原氏の閣僚辞任については「当然だ」が75.0%、「必要はなかった」は17.8%。

【Yahoo!ニュース(共同通信) 2019.10.27.】

「国民が完全な”奴隷洗脳”に陥ってしまった?」それとも「マスコミが数字を操作している?」…どちらにしても”末期状態”の日本社会!

↓不法行為を繰り返していた政治家を重要閣僚に指名した安倍総理の支持がなぜかアップ。

出典:YouTube

なんで、菅原大臣の辞任について「当然だ」の声が75%に上っているのに、安倍政権の支持率がアップしちゃってるのよっ!?
「一刻も早くに辞任するべき人物(閣僚に指名してはいけない人物)」を経産相に指名したのは、他ならぬ安倍総理本人じゃないのよっ!!

ネット上では、「もはやマスコミの出す数字は全く信じられない」とのマスコミに対する不信感と怒りの声と、「もう日本国民につける薬はない」などの日本国民に失望と怒りの感情を向ける声と、きれいに2分化しているような感じがあるね。
「マスコミが(様々な手法を用いて)数字を作り出しているのか?」、はたまた「日本国民が深刻な”奴隷洗脳”にかかってしまっているのか?」…どちらなのかははっきりとは分からないし、その両方なのかもしれない
ただ一つだけ、はっきりと言えることは、どちらにしても、日本の政治・社会情勢はかなり「末期的な段階」に入ってしまってきており、すでに平時ではないようなプロセスに突入してきているということだろう。

ネットを見ると、世論調査の数字に強い不信感を持っている人々に対し、「陰謀脳」「頭の弱い人」みたいな批判を展開しながら、マスコミの世論調査を”信仰”している人々が見受けられるけど、ボクが見る限り、日本の大手マスコミは、日本国民の信用を失墜させかねないような行動や報道を繰り返していることは確かだ。

例えば、主要マスコミの幹部が定期的に安倍総理と会食や忘年会の機会を持ったり、安倍総理からの”呼びつけ”に対して、各報道機関のキャップが官邸に”馳せ参じて”会談を行なったり、(本来マスコミとしてはやってはいけない)国家権力と頻繁に交流を行なっている様子が見られるし、そもそも、菅原氏の一連の不法行為も、文春が決定的な続報を報じ、ネット上での怒りの声が大きく盛り上がったことを受けて、安倍官邸が(観念して)菅原氏を更迭させたことで「ようやく大きく報じた」のが実際のところで、それまでは、主要ニュースやワイドショーでは”プチニュース”くらいの扱いしかしてこなかった
その他の安倍内閣の閣僚にも多くの不正疑惑反社会勢力との交際疑惑がくすぶっているけど、これらについても主要マスコミはほとんど報じていないし、日頃の報道姿勢をみても、「不偏不党」を装うために常に”遠慮がち”に政権の不祥事を報道しつつ、その大方は安倍政権に忖度したり、間接的にサポートしているような動きが目立っている。

こんな風に「国民に背を向けたような報道姿勢」でいる限り、多くの国民からの不信感を買うのは当然のことだし、「もう、世論調査も何もかも信じられない」というのは、正常な感性を持っている人であれば、ごく当たり前の感覚なんじゃないのかな?

ほんとにそうだわっ!
大手マスコミは、国民からの信頼を失うような報道を自ら繰り返すようになってきてるし、やっぱり、今回の調査結果も、奇妙でおかしな部分がたくさんあるように感じるわっ!

「大臣辞任は当然だ」が75%に上っているのに、「議員辞職の必要はない」が43.5%もいるのもちょっと変だし、特にここ1年近くは、閣僚の不祥事や様々な問題が浮上しても、政権支持率だけが常に高止まりしているような傾向が顕著になりつつあるように感じるね。

どちらにしても、大手マスコミの世論調査に対して強い不信感を持つのは、(すでにこの国の民主主義システムが”機能不全”になりかかっている以上)何らおかしなことではないと思うし、その一方で、世論調査の数字を頑なに信奉しつつ、不信感を募らせている人々を非難している動きがあることについて、個人的には一抹の違和感や(国民同士の分断や弱体化に繋がる恐れがある上で)危機感を持っているところだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事