菅原経産相がスピード辞任!秘書が香典を渡したことを認める!「国会で説明する」から一転、常習性をうかがわせる事態に議員辞職を求める声も!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年10月25日、週刊文春によって「秘書給与ピンハネ疑惑」や「有権者買収疑惑」が報じられていた菅原一秀経産相が辞表を提出。有権者にメロンやカニを配っていた疑惑が追及されている最中に秘書が有権者に香典を渡していたことが発覚したことが決定打になり、就任から1か月半のスピード辞任となった。

・安倍総理は「任命責任は私にあり、こうした事態になってしまったことに対し、国民の皆さまに深くおわびを申し上げます」と謝罪。常習的に公職選挙法違反を繰り返していた疑いも出ており、議員辞職を求める声も上がっている。

菅原経産相が辞任 秘書の香典問題で 後任に梶山氏

菅原一秀経済産業相は25日午前、首相官邸で安倍晋三首相に辞表を提出し、辞任した。秘書が地元の選挙区で有権者に香典などを配った問題を週刊誌が報じ、寄付行為を禁じる公職選挙法違反に当たる可能性があると指摘されていた。首相は後任に梶山弘志元地方創生相を充てる人事を決めた。25日午後の認証式を経て就任する。

閣僚の辞任は2012年12月の第2次安倍政権発足後、菅原氏が9人目だ。今年4月には当時の桜田義孝五輪相が東日本大震災をめぐる失言で辞任した。野党は菅原氏の辞任を受け、首相の任命責任を問う構えだ。

菅原氏は辞表提出後、国会内で記者会見し「私の問題で国会が停滞し、法案審議できないのは本意ではない」と述べた。「任期途中に閣僚職を辞することはざんきに堪えない。おわび申し上げる」とも語った。

菅原氏は衆院東京9区選出で当選6回。無派閥で菅義偉官房長官に近いとされ、9月の内閣改造で初入閣した。

~省略~

【日経新聞 2019.10.25.】

菅原経産相 辞任 野党「疑惑 より深まった」

菅原一秀経済産業相が、公職選挙法違反の疑いが週刊文春に報じられて辞任したことについて、野党からは二十五日、真相究明や首相の任命責任を追及する声が相次いだ。

立憲民主党の安住淳国対委員長は、菅原氏が十五日の参院予算委員会などで、十数年前に選挙区内の有権者らに贈答品を贈っていたとの週刊文春の報道を巡って追及された直後に、新たな疑惑が浮上したことを批判。「予算委でさんざんメロンだカニだといわれた。それなのに(秘書が香典として)金品を渡している。そういう人だと分かって選んだ安倍晋三首相の責任は重い」と語った。同党の福山哲郎幹事長は「菅原氏は、昨日は国会で説明すると言っていたのに説明できず辞めざるを得なかった。疑惑はより深まった」と強調した。

~省略~

【東京新聞 2019.10.25.】

以前には、小野寺五典元防衛相が「書類送検&議員辞職&公民権停止処分」を受けた中で、菅原経産相に対する刑事責任を求める声も多く上がる!

出典:YouTube

与党内からも見切りをつけられるような声が出ていた菅原一秀経産相が、就任からおよそ1か月半でスピード辞任しました。
有権者にメロンやカニを配っていた「公選法違反疑惑」が噴出していたさなかに、秘書を通じて香典を渡すという、さらなる「公選法違反」を行なっていたことが週刊文春によって報じられ、完全に言い逃れが出来なくなった中で安倍官邸が早々にクビを切った形ですね。

菅原氏の数々の行為については、どこをどう見ても完全にアウトだし、例えば小野寺五典元防衛相は、1999年に有権者に線香セットを配っていたことが発覚し、書類送検された上に議員辞職、その後罰金40万円の略式命令を受けた上に、3年間の公民権停止の処分を受けたことを見ても、(小野寺氏と比べてより高価な金品を贈っていた)菅原氏についても、大臣辞任にとどまることなく、当局が捜査を行ない、場合によっては逮捕されるような展開になっても全くおかしくない

安倍総理は、(おなじみの)形だけの「お詫び」を行なうことで、どうにか適当に誤魔化して「なかったこと」にしようとしている様子だけど、まともな民主主義国家であれば、言うまでもなく「このままうやむやにして終わり」なんてことはあり得ないような事態だ。

菅原氏は菅官房長官から特別に可愛がられているという話がありますし、こうした背景から、自民党内で権力を持ちつつある菅官房長官をけん制するために、安倍総理が早めに菅原氏を切ったとの見立ても出てきていますね。

そうした側面もあるかもしれないけど、菅原氏本人も、日頃から安倍総理のことを気持ちが悪いくらいに持ち上げていたし、目上の権力者に対しては、相手を選ばず媚びへつらう菅原氏を安倍総理自身も大きく気に入っていたことがうかがえる。
とにかく、法律を逸脱する行為を行なった有力政治家に対して、捜査機関がひいきや忖度することなく「しかるべき捜査」を行なっていくことが求められるし、今後の政局や検察の動きについて注意深く見ていくとしよう。

Pocket

 

 関連記事