【後の祭り】菅政権、今頃になって外国人の入国を全面停止へ!(ただし”特段の事情”がある場合はOK)→ネット「後手後手のウスノロが」「特段の事情ってなんだよ」

Pocket

どんなにゅーす?

・2021年1月13日、緊急事態宣言を発出したにもかかわらず中韓などの11か国の技能実習生などの入国が継続されていた中、菅政権は、全ての外国人の入国を停止することを決定。当初、菅総理の強い意向により、一部の国からの入国が継続されていたものの、党内や自民党支持者からも多くの批判が殺到したことから、急遽方針を変えた可能性がある。

・この菅政権のあまりにも後手後手で右往左往の動きに対し、国民からはますます怒りの声が噴出。また、親族の葬儀や出産などの「特段の事情」がある場合は入国を認める方針についても多くの疑問の声が上がっている。

外国人の入国を全面停止へ 政府

~省略~

イギリスをはじめ、各国で感染力が強いとされる変異したウイルスが確認されていることを受け、政府は先月、全世界からの外国人の新規入国を停止する措置を講じた一方、中国や韓国など11の国・地域を対象としたビジネス関係者らの往来は継続しています。

こうした中、政府は、緊急事態宣言に伴い、入国制限措置も強化する必要があるとして変異したウイルスが確認されたかどうかにかかわらず、11の国と地域で実施しているビジネス関係者らの往来を停止する方針を固めました。

これにより、親族の葬儀や出産などの「特段の事情」を除き、外国人の日本への入国が全面的に制限されることになります。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.1.13.】

すでに変異株が本格的に上陸・拡散している可能性が高い中、あまりにも遅すぎる「全面入国停止」に国民から怒りの声が噴出!

まーたこの「後の祭りパターン」ですかっっ!!
すでに日本国内にも変異株が本格的に上陸・拡散している可能性が高い中、今頃になってこんな海外からの入国を停止したところで、ほとんど意味がないじゃないのよっ!!

緊急事態宣言中にも「一部の国からの入国を継続していく」との方針について、一部メディアで「菅総理本人の強い意向」と伝えられていたけど、どうやら、自民党内や支持者からも猛烈な批判の声が噴出したことを受けて、慌てて菅官邸が方針変更した可能性がありそうだ。
でも、すでに日本国内にも変異株が本格的に広がってしまっている可能性が高い以上、あおいちゃんが言っているように、これはもう「後の祭り」であり、やっぱり今回も「菅政権はわざと感染力が桁違い強い海外の変異種をわざと輸入した」ことになる。

巷では、こうした菅政権の動きを「後手後手」「決断力がない」「あまりにも動きが鈍い」との批判があがっているけど、結局のところ、菅政権は(安倍政権も)「やってるフリパフォーマンスの国民騙し」を終始徹底させており、日本国内をウイルスまみれにして、わざと日本国民を「重大な脅威」に晒し、カオスや不安・恐怖のるつぼに導いているだけでなく、(コロナ感染症と深刻な経済難などにより)多くの国民の生命を奪っている現状すらある

これは、どこからどうみても、愛国的な政治と最も対極にある「最悪の売国・国賊」といってもいい状況だし、何から何まで当時の大日本帝国とそっくり(「愛国」を標榜しながら、日本国民を最悪の”地獄”に導く)の性質だ。

結局のところは、明治維新の長州勢力も今の日本政府も、グローバル資本勢力の「完全な操り人形」と化しているからこそ、こんな醜悪な売国が当たり前のように繰り返されては、日本国民がことごとく不幸・貧困にさせられてしまっているってことね…。

ようやくというべきか、これまで「保守」を自称してきた人々も、徐々に菅政権の正体に気がついては、疑問や怒りの声を上げ始めてきたように見えるけど…(三島由紀夫が生前に訴えていたように)グローバリズムに反対する「真性的な愛国・保守勢力」をもっと大きくしながら、「日本をここまで没落させた元凶」に多くの国民が気がつかない限り、この「売国・壊国路線」と「日本国民が大量死させられてしまう未来」を変えていくことはなかなか難しいことだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事