■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【新たなキーマン?】自民・長島昭久議員、”五輪ワイロ疑獄”高橋治之容疑者のコンサル会社からから献金65万円を受け取り!長島氏は「返金する。便宜を求められたこともなく、図ったこともない」と主張!

【新たなキーマン?】自民・長島昭久議員、”五輪ワイロ疑獄”高橋治之容疑者のコンサル会社からから献金65万円を受け取り!長島氏は「返金する。便宜を求められたこともなく、図ったこともない」と主張!
Pocket

どんなにゅーす?

自民・長島昭久議員が、東京五輪疑獄で4回逮捕されている元東京五輪組織委理事で元電通専務・高橋治之容疑者のコンサル会社から2017~21年に計65万円の献金を受け取っていたことが発覚した。

・長島氏は、高橋容疑者とは学校の先輩後輩の関係にあるとしながら「国民に不信をもたらしている事件であると考え返金する。便宜を求められたこともなく、図ったこともない」と主張。ネット上で様々な疑念の声が上がっている。

自民・長島昭久氏に五輪組織委元理事・高橋治之被告や関連会社から献金

自民党の長島昭久衆院議員が代表を務める二つの政治団体が、東京五輪・パラリンピックを巡る汚職事件で逮捕、起訴された大会組織委員会元理事高橋治之被告やその関連会社から、2017~21年に計65万円の献金を受けていたことが18日、分かった。

長島氏の事務所は、取材に「国民に不信をもたらしている事件であると考え返金する。便宜を求められたこともなく、図ったこともない」と書面で回答した。元理事とは学校の先輩後輩の関係だとしている。

政治資金収支報告書によると、「長島昭久を育てる会」は17~21年、元理事から計5回、各5万~10万円の寄付を受けた。「自民党東京都第18選挙区支部」は、元理事が代表の会社「コモンズ」から21年に2回、10万円ずつ寄付を受けた。

~省略~

【日刊スポーツ(共同) 2022.11.18.】

東京五輪疑獄の”政治部門”における「新たなキーマン」に(CSISと深く繋がるジャパンハンドラーの工作員)長島昭久氏が浮上!

出典:Twitter(@nagashima21)

森喜朗氏に続き、東京五輪疑獄の”政治部門”における「新たなキーマン」として、長島昭久氏が浮上してきました。
長島氏は高橋治之容疑者と先輩後輩の関係にあるとのことで、やはり、高橋容疑者が受け取ったワイロが政界に流れていたのは確実なのではないでしょうか。

今回報道された金額はそこまで多くないけど、実際のところは全く分からないし、すでに特捜が長島氏の周辺も捜査しているかもしれないね。
長島氏といえば、現・日本スケート連盟の会長である上に、民主党時代からジャパンハンドリングの総本山・米CSIS(戦略国際問題研究所)やCFR(外交問題評議会)と深く通じており、「グローバル資本勢力のスパイ」として野党時代から様々な”政界破壊工作”を行なってきた人物だ。

長島昭久

~省略~

1990年(平成2年)から3年間石原伸晃衆議院議員の公設秘書を務める。1992年、大前研一が創設した平成維新の会に参加[1]。

1993年、アメリカ合衆国テネシー州のヴァンタービルト大学で客員研究員を務めた[1]。1995年、ワシントンDCのジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)で学び、国際関係論と国際経済学で修士号を取得する[1][2]。1997年、アメリカ合衆国外交問題評議会研究員(アジア政策担当)に就任[1]。2000年、上席研究員(非常勤)に昇任し、ジョンズ・ホプキンス大学ライシャワー東アジア研究所の客員研究員を兼務する。その後、東京財団主任研究員を務めた[1]。

~省略~

民進党離党

2017年4月10日、民進党が日本共産党との共闘路線を採用し、党の基本政策に影響を及ぼすことになったことは受け入れがたいとし、離党届を提出[16][17]。

離党会見の中で、民進党が「党内ガバナンス」で一致結束し、「アベ政治を許さない!」と叫ばされるだけであったこと、過去に党が容認していた消費税、TPP、ACSA(物品役務相互提供協定)、秘密保護法制、安保法制、憲法改正論議、共謀罪等について、全て反対、徹底抗戦、廃案路線に変更したこと、建設的な提案もないままに「行き詰まると、院外のデモ隊の中に飛び込んで、アジる、煽る、叫ぶ」行動を求められたことなどを批判した[16]。

~省略~

憲法問題

憲法改正について、2017年、2021年のアンケートで「賛成」と回答[50][51]。
改正すべき項目として「自衛隊の保持を明記する」「集団的自衛権の保持を明記する」「教育の充実に向けた環境整備を行う旨を明記する」「地方公共団体の権限強化を明記する」「憲法裁判所を設置する」「緊急事態に関する条項を新設する」と主張。

~省略~

原子力発電

原子力規制委員会の新基準を満たした原発は再開すべきとしている[52]。
「原子力発電への依存度について今後どうするべきか」との問題提起に対し、「高めるべき」と回答[53]。

~省略~

日本のTPP参加に賛成[52]。

~省略~

旧統一教会との関係

ジャーナリストの鈴木エイトが作成した「旧統一教会関連団体と関係があった現職国会議員168人」によれば、旧統一教会関連団体との関係について、2011年に教団系の『ワシントン・タイムズ』に全面意見広告を掲載していた[69]。

~省略~

【Wikipedia】

●過去参考記事:
小池百合子・前原誠司・細野豪志・長島昭久ら野党側に入り込む「グローバリストのスパイ」たち!彼らがはびこる限り、民主主義は永遠に実現しない!(2017.11.13.)

簡単に言えば、日本の国益を毀損させるために存在している典型的な悪徳売国政治屋ということですが、そんな長島氏が安倍元総理の親戚である高橋治之容疑者とここまで親しい間柄にあるとは知りませんでしたね。

↓安倍氏本人とも深い交流があった長島昭久氏。


それにしても、長島氏が日本スケート連盟の会長に就任(2019年9月)したというのも、前から何とも奇妙で不思議だなと思ってたんだよね。
前は元スピードスケート選手の橋本聖子氏が務めていたけど、長島氏はみたところこれまでスケートとほとんど関わりがなかった様子だし、この”謎の就任”の裏にももしかしたら高橋治之氏との関係性が絡んでいる可能性もあるのではないかな?

とにかくも、高橋容疑者から献金を受けていた長島氏が五輪やスポーツ界に何らかの影響力を及ぼしていた可能性がありますし、今後は森喜朗氏と同様にその内情や実態を調べていく必要があるかもしれませんね。

ああ。
東京五輪におけるワイロの構図がここまで巨大な規模である以上、政治が絡んでいることは100%確実だろうし、これに特捜がどこまでメスを入れていくかに要注目だ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事