五輪組織委新会長の選考委員、まさかの「非公表」に批判殺到!組織委「取材の殺到と外圧を防ぐため」…前代未聞のゴタゴタぶりに、ますます「中止しろ」の声!

Pocket

どんなにゅーす?

・東京五輪組織委会長の森喜朗氏が「女性蔑視発言」で引責辞任した上に、新会長に就任する見通しだった川淵三郎氏が直前で辞退する事態に見舞われた中、別の新会長を選ぶために御手洗冨士夫名誉会長を座長にした選考委員会が設置されることになったものの、委員会の選考メンバーが非公表とされることが判明。国民から批判の声が殺到している。

・組織委側は「取材の殺到と外圧を防ぐため」などと説明しているものの、森氏による「密室での川淵氏の次期会長指名」と大差がないとして、多くの疑念や批判が集まっている。

五輪組織委新会長の選考委員会メンバーは非公表に

~省略~

組織委はより透明性の高い手続きを取る必要があるとして、御手洗冨士夫名誉会長(85)を座長に据えた選考委員会を設置する方針を決定。御手洗氏が理事からアスリートを中心に10人弱を選ぶが、メンバー自体は非公表となる方向だ。

組織委関係者によると、理事会内でもこの点は問題視されたが、名前が挙がった理事への自薦他薦や取材が殺到する恐れがあること、外圧を防ぐ観点から、最終的には非公表が決まったという。透明性確保という出発点とは矛盾しており、理解を得られるかは不明だ。

~省略~

【Yahoo!ニュース(スポーツ報知) 2021.2.12.】

永遠に変われない「(黒いカネと利権にまみれた)東京五輪ムラ」の実態がさらに露呈!世界からますます「中止にすべき」の声が殺到するのは必至!

森さんの大のお友達の川淵氏の「密室談合就任」がおじゃんになったのは良かったものの、新会長を選ぶための会議の内容どころか、新たに組織された選考委員のメンバーすらも「非公表」だなんてっ!!
この組織の腐りきった本質がこれでもかというほどにむき出しになってるし、日本国民はもとより、海外メディアがこの事態に黙っているはずがないわっ!!

まさに、永遠に変わることが出来ない「(黒いカネと利権にまみれた)東京五輪ムラ」といえばいいのかな。
表向きには「取材の殺到と外圧を防ぐため」なんて”それらしきこと”を言ってるけど、よほど、「組織委が会長にしたい人」と「世の中の多くの人が会長にふさわしいと思う人」が相当かけ離れているんだろうし、「一体誰が”こんな人”を選んだのか」というのを知られるのが嫌なんだろう
こんなことをやっている時点で、次に「どんな人」が会長に選ばれるのかはおおよそ察しが付くし、「この腐敗体質を何としても改めていく」といった”本気度”を世に大々的にアピールしないかぎり、海外マスコミが主導する形で「こんな東京五輪なんかさっさとやめろ」との声が大勢を占めていくことになるのは言うまでもないだろう。

とにかくも、森喜朗氏みたいな人物が長年にわたって会長に居座ってきた理由もますますよく分かったし、この調子では「小さな森喜朗」が新会長に選ばれるのは確実なんじゃないかしら?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事