■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

自民・甘利前幹事長が「塩野義のコロナ治療薬&ワクチンの効能」をTwitterで喧伝!「副作用は極めて少なく効能は他を圧している」→薬機法違反&インサイダーを疑う声が相次ぐ!

自民・甘利前幹事長が「塩野義のコロナ治療薬&ワクチンの効能」をTwitterで喧伝!「副作用は極めて少なく効能は他を圧している」→薬機法違反&インサイダーを疑う声が相次ぐ!
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年2月4日、自民・甘利明前幹事長が、塩野義製薬が開発中のコロナ治療薬やワクチンについてツイート。その内容が波紋を呼んでいる。

甘利氏は「日本人対象の治験で副作用は既存薬より極めて少なく効能は他を圧しています。アメリカ政府からも問合せがある様です。ワクチンは5月めど治療薬は2月中にも供給は出来ます。外国承認をアリバイに石橋を叩いても渡らない厚労省を督促中です。」などと自慢げにツイートしたものの、ネット上で薬機法違反やインサイダーを疑う声が相次ぐ事態になっている。

「コロナ治療薬」開発めぐりインサイダー容疑 提携先関係者ら逮捕

ジャスダック上場の医療ベンチャー「テラ」(東京都新宿区)をめぐり、インサイダー取引をしたとして、警視庁は4日、同社と業務提携していた医薬品関連会社「CENEGENICS JAPAN」(セネ社=千代田区、破産手続き中)の関係者ら男3人を金融商品取引法違反容疑で逮捕し、発表した。

両社が新型コロナウイルスの治療薬を開発しているとする計画を公表する直前、テラ社の株を買っていたと同庁はみている。認否は明らかにしていない。

~省略~

【朝日新聞 2022.2.4.】

数多くの疑惑にまみれた”真っ黒政治屋”甘利明氏の「塩野義ツイート」にネット騒然!「塩野義の株を仕込みつつ、さらにワイロももらってるのでは?」

出典:Twitter(@Akira_Amari)

「UR口利きワイロ事件」をはじめとして、数多くの黒い疑惑を抱えている自民・甘利明前幹事長の上のツイートが物議をかもしています。
確かに、企業や政府による公式発表の前に、このようなツイートを通じて、承認前の薬やワクチンの効能を声高に喧伝している時点で、重大な違法性が疑われますし、様々な部分でおかしな部分が目立ってますね。

ああ。そもそも、なんで塩野義製薬の関係者が(厚労省とも関係がないただの自民議員である)甘利氏の元に治験報告に訪れたのかが不明だし、色々な意味で怪しさぷんぷんのツイートだ。
ネット上では、塩野義製薬と水面下で深く繋がっては、あらかじめ同社の株を仕込みつつ、さらに(甘利氏お得意の)ワイロをもらっているのでは?と疑う声も出ているけど、こうした疑念が噴出するのも当然だし、すぐに検察が動いて、甘利氏と塩野義製薬との関わりや違法行為の有無を調べる必要がありそうだ。

甘利氏の件以外でも、コロナ治療薬に関するインサイダー事件が摘発されているようですが、このように、コロナ危機によって、(ブラックな手段を通じた)莫大なカネ儲けを企んでいる勢力が数多く存在していることは間違いないですし、中でも、圧倒的な資金力と地球規模で政治的な影響力を持っているビッグファーマ(グローバル製薬企業)は、「地球規模のワクチンキャンペーン」によって、文字通り、天文学的な額の儲けを手にしていることは言うまでもありません。

ファイザーCEOらも保有株売却、ワクチン期待で製薬株が急伸【ブルームバーグ 2020.11.12.】

実際のところ、巨大製薬企業とそれらを所有しているグローバル資本家勢力が、各先進国の政治やマスコミをも思いのままにコントロールしながら、「最新の科学技術を通じて民衆を完全なまでに支配・管理するシステム」をより強固に構築しつつある状況だし、ボクたちは「大前提」として、「コロナ危機をどんどん深刻化させればさせるほど都合がいい(莫大な儲けとさらなる強大な支配体制を手にできる)連中がいる」という現状をよく理解した上で、あらゆる問題を考えていく必要があるのではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事