■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【懲りない奴ら】札幌市が「2030年冬季五輪招致計画」を発表!当初の経費より900億円削減(およそ3千億円)し「コンパクトな五輪」をアピールも、国民から批判殺到!

【懲りない奴ら】札幌市が「2030年冬季五輪招致計画」を発表!当初の経費より900億円削減(およそ3千億円)し「コンパクトな五輪」をアピールも、国民から批判殺到!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年11月29日、札幌市が2030年の招致を目指している冬季五輪の大会概要案を公表これまで試算されていた経費より900億円削減(2800億~3000億円)したといい「コンパクトな五輪」をアピールしたものの、東京五輪の強行によって史上最悪のコロナ感染爆発に見舞われた中、(当然のごとく)国民から怒りの声が殺到する事態になっている。

札幌市、2030年冬季五輪招致へ計画公表 開催経費900億円削減

札幌市は29日、招致を目指している2030年冬季五輪・パラリンピックの大会概要案を公表した。これまで3100億~3700億円と試算していた開催経費を最大900億円削減し、2800億~3千億円とする。今夏の東京五輪では開催経費の肥大化に批判が高まったことから、招致への市民の理解を得るため、既存施設を有効活用する方針。

~省略~

収入は、IOCの負担金とスポンサー収入などが1600億~1800億円、チケットやグッズのライセンス収入などが400億円。大会運営費は原則、スポンサー収入などでまかない、札幌市の税金投入はないとした。

~省略~

市は調査や議会の意向などを踏まえ、5~6月に正式な概要計画をまとめる方針。今後は市民、道民の間で招致の機運がどれだけ盛り上がるかが焦点で、調査で慎重論が多かった場合の対応も注目される。

札幌市は14年11月に当時の上田文雄市長が26年冬季五輪招致を表明。その後30年の招致に変更したうえで準備を進めている。東京五輪の開催が1年延期されたため招致活動も事実上停止していたが、今後は招致を巡る議論が本格化することになる。

~省略~

【朝日新聞 2021.11.29.】

「東京五輪強行」の”史上最悪の大失敗”の反省も検証も全くないままに、早くも「札幌五輪招致」が本格化か!?

出典:IOC

やっぱり、日本の権力層の連中は、救いようがないほどに頭が悪いみたいねっ!!
「東京五輪強行」の”史上最悪の大失敗”の反省も検証も全くないままに、早くも「札幌五輪の招致」が本格化していきそうな勢いだわっ!!

福島原発事故の反省も検証も全くないままに、さらなる原発の新設や再稼働を推し進めていく動きとそっくりだし、毎度ながら「”日本病”という不治の病におかされている」としか言いようがないね。
そもそも、東京五輪のおいての巨額ワイロ疑惑の捜査が今も仏検察で続いているはずだし、先日に発表された経済指標でも、東京五輪を開催しても全く景気が良くならなかったどころか、逆に悪化していたことが分かったばかりだ。

●過去参考記事:
【そりゃそうだ】21年の7-9月期GDP、年率3%減!2期ぶりのマイナス成長に!本間龍氏「東京五輪は、何の経済効果も産まなかったことがハッキリした」

おまけに、東京五輪の強行によって、史上最悪のコロナ感染大爆発(五輪を通じて海外から大量の変異株が持ち込まれた疑いが大)に見舞われたし、簡単にいえば、「オリンピックは国と民を滅ぼす」ということがこれでもかというほどに強烈に示されたばかりだ。

国民の暮らしや命・健康が大きく毀損されるばかりじゃなく、政治家と関連団体、企業などのモラルすらも大きく狂わせることもよく分かったわっ!
今回もまたまた「お金がかからないコンパクトな五輪」を猛烈アピールしてるけど、どうせ今回もこれらのアピールが真っ赤なウソであることなんて、1000%明らかですし、今度の今度こそは、日本国民自身が学習して何としても札幌五輪を全力で阻止することが必要だわっ!

今回もまた、竹中パソナなどの)自民党のお友達の「ハイエナ連中」が裏で鼻息を荒くして札幌市の尻を叩いているのだろうし、そもそも、すでにグローバリストによって日本の国家の体裁の多くが破壊されてしまっている中で、2030年に今の日本の国そのものが存在しているのかどうかすら分からないような状況だ。

どちらにしても、もう、”ぼったくり男爵”を筆頭としたIOCの銭ゲバペテン連中と関わるのは金輪際ごめんですし、自分たちの命と健康・財産を守りたいのであれば、全力で札幌五輪の招致を阻止しないといけないんじゃないかしら!?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事