【支離滅裂】安倍政権、新型コロナ対策で「外食や旅行代金の一部助成」を検討!→二階幹事長が全国旅行業協会会長だったことが判明!ネット「どこまでも腐ってる」「この期に及んでも自分たちの利権か」

Pocket

どんなにゅーす?

・新型コロナウイルス対策として、安倍政権が民間支出も含め30兆円規模の補正予算を検討していることが報じられている中、「外食や旅行代金の一部を負担する案」が浮上していることが判明。ネット上で疑問の声が殺到している。

・ウイルス感染拡大防止のため、各国の政府のみならず、安倍政権もイベントの自粛や不要不急の外出を控えるよう呼び掛けている中、「なぜなのか?」「一体日本政府は何がしたいんだ」などの声が上がっていた中、自民・二階幹事長が全国旅行業協会の会長を務めていることが判明

この期に及んでも、まだ自らの利権やお金儲けを優先しようとしている安倍政権に、国民から怒りの声が上がっている。

政府、コロナ対策30兆円規模に
消費減税見送り公算、旅行代助成

政府、与党は22日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策で、国の財政支出をリーマン・ショック後の対策の15兆円を上回る金額とし、民間支出も含めた事業規模を30兆円超にする方向で調整に入った。大規模な2020年度補正予算を編成する。国民への現金や商品券の支給のほか、外食や旅行代金の一部を国が助成することを検討。中小企業の資金繰り支援も強化し、事業継続や雇用維持を支援する。財源には赤字国債の発行を検討する。

~省略~

【共同通信 2020.3.22.】

「不要不急の外出控えて」と言いながら「旅行代金の一部助成」を検討し出した背景は”これ”!?どこまでも「お友達と自分たちの金儲け」しか頭にない安倍政権!

世界各国や安倍政権も「不要不急の外出控えるように」と繰り返してきたのに、急に「旅行代金の一部を助成」なんていう、完全にアベコベなことを言い出した安倍政権に、多くの疑問の声が上がっていたけど、まさか、全国旅行業協会の会長が二階幹事長だったとはねっ!
結局は、自分たちとそのお友達を儲けさせるのが、新型コロナ対策に補正予算を出す「一番の目的」ってことじゃないのよっ!!

「不要不急の外出を控えて」を繰り返し言っていながら、旅行代金の一部助成をするというのだから、まさしく「これ以上の支離滅裂な話はない」という話だけど…なるほど、そういうことか。
二階氏が旅行業界で強大な権力を持っているというのなら、こうした「完全に矛盾」しまくっている安倍政権の政策について、全ての辻褄が合うね。

この他にも、現金給付ではなく商品券を配布する案も浮上しているけど、これだって、特定の商店街やお店でしか使えないようにすることで、普段からたくさん献金をもらっている”お友達”を優先的に儲けさせてあげることに繋がるし、何から何まで「国民の利益」は二の次、三の次で、この政権においてありとあらゆる事柄で最優先されるのは、「自分たちの金儲け」、これ以外にないってことだ。

でも、二階氏とそのお友達の金儲けを最優先し、「不要不急の旅行」をどんどん推奨していけば、新型コロナはどうなっていくかな?
やはり、結局のところ、「安倍政権はわざとウイルスをどんどんばら撒き、感染を拡大させようとしている」という結論に落ち着くしかないのではないかな。

ここまで、国民を徹底的にバカにした政権って、他にあるかしら!?
やっぱり、日本国民を「金づる」や「奴隷」にしか見ていないことが丸わかりですし、ここまでふざけまくった政策を徹底して行なっている安倍政権に対して、本気で怒りの声を上げるしかないんじゃないかしら?

国民の4割以上もがこんな「国賊政権」を支持している時点で、日本の壊滅が約束されているようなものだし、もっともっと現状の「危機的状況」について、日本国民が客観的に認識していかないといけないんじゃないかな?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事