■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【狂ってる】原発の新設・建替を推進する自民議連が発足、安倍前総理が顧問に就任!菅政権が「福島原発汚染水の海洋放出」を強行決定したさ中で!

【狂ってる】原発の新設・建替を推進する自民議連が発足、安倍前総理が顧問に就任!菅政権が「福島原発汚染水の海洋放出」を強行決定したさ中で!
Pocket

どんなにゅーす?

・福島原発事故処理で発生した汚染水の「海洋放出」が菅政権によって強行決定されたさ中、自民党が「原発の新設や建て替え」を推進していく議員連盟を発足安倍前総理が顧問に就任し、「国力を維持しながら、(省略)原子力にしっかりと向き合わなければいけないのは厳然たる事実であります」などと語った。

・汚染水の強行放出に近隣諸国や海外メディアから批判が噴出している中でのこの動きに、国民からは怒りの声が殺到。「福島原発事故を引き起こした最大の戦犯」ともいわれる安倍氏に対しても、強い批判の声が噴出している。

安倍前総理が原発新増設の議連顧問に

脱炭素社会の実現には原子力発電が不可欠だとして、自民党では原発の新増設・建て替えを推進する議員連盟が発足しました。稲田元防衛大臣を会長に、安倍前総理が顧問に就任しました。

安倍晋三前総理:「国力を維持しながら、国民あるいは産業界に低廉で安定的な電力を供給していくというエネルギー政策を考えるうえにおいて原子力にしっかりと向き合わなければいけないのは厳然たる事実であります」

~省略~

稲田会長も「新たな技術で安全性を高めた新型炉によるリプレースを進める」と述べ、原発がカーボンニュートラル実現の鍵となるという考えを示しました。

政府は夏ごろにエネルギー基本計画を見直す予定で、福島での原発事故以来、避けられてきた新増設についての議論を盛り上げる狙いがあります。

【テレ朝news 2021.4.12.】

福島原発汚染水の「海洋放出決定」世界から非難が殺到している中、自民が「原発推進議連」を発足!顧問に就任したのは「福一事故の最大の戦犯」安倍前総理!

まったくもう、一体どれだけ私たち日本国民を徹底的に踏みつければ気が済むのよっ!!
菅政権が「福島原発汚染水の海洋放出決定」の”最悪の暴挙”を働いたのと同じ日に、こんなにもふざけたニュースを聞かされるなんて…夢にも思ってなかったわっ!!

しかも、このいかがわしすぎる「原発推進議連」の顧問に就任したのは、あの、「福島原発事故を引き起こした最大の戦犯」といわれてきた安倍前総理というのだから、何かの悪夢であるとしか思えない。
これまでボクは、日本社会にとっての原発とはいわば「麻薬のようなもの(危ないと分かっていても永遠に抜け出すことが出来ない)」と表現してきたけど、まさに、こうした、日本社会の根源的な”病巣”を凝縮したかのようなニュースだね。

いうまでもなく、今回の菅政権の”空前の暴挙”に対しては、福島の漁業関係者をはじめとした日本国民から、中国や韓国の周辺諸国、そして海外メディアからも最上級の批判や怒りの声が上がっているけど、周りがいくらこれを止めようとしても、どれだけの危険性や損害を認識していようと決して反省しようともしなければ、(半永久的に悪影響を及ぼし続けるほどの)あまりにも痛すぎる失敗を経験してもなお、原発から一向に足を洗おうともしない
もはや、最低限の倫理観も判断力も完全に失ってしまっているも同然だし、ボクたちは今、「ひたすら壊滅・滅亡に向かって脇目もふらずに突き進む、ある国の姿」を見ている状態だ。

しかも、私たちは、その「壊滅・滅亡に突き進んでいる国」に暮らしてる状態なんだから、ただ漫然と傍観してるような場合じゃないわっ!!
これ以上の崩壊・壊滅を止めるために、出来ることを何でもしないといけないし、根底からおかしくなってしまってる自民党連中をどうにかしないと、いよいよ私たちの国どころか命すらまとめて奪われてしまうわっ!!

まず、安倍前総理については、数々の重大疑獄について今一度「しかるべき刑事捜査」を行なって、しっかりと責任追及を行なう必要があるし、言うまでもなく、こんなトンデモ議連に参加したりアホみたいなコメントをしている場合ではない。
日本を「まっとうな国」に戻していくには、やらなきゃいけないことがは本当にたくさんあるし、まずは、一人でも多くの日本国民がこの状況を「いかに狂っているか」を認識することから始める必要がありそうだね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事