安倍総理の「桜疑獄」、法学者ら500人以上が集団告発へ!公選法違反と政治資金規正法違反の罪で、東京地検特捜部に告発状を提出!

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍総理自身の数多くの犯罪疑惑に加え、複数の悪徳マルチ企業との癒着や利益誘導も問題視されてきた「桜を見る会疑獄」について、法学者ら500人以上の有識者が安倍総理を集団告発。安倍総理と後援会幹部らについて、公選法違反と政治資金規正法違反の罪で東京地検特捜部に告発状を提出した。

・安倍後援会が主催した前夜祭について、公費を投じて支持者らに飲食を振る舞ったなどの疑惑が出ている中、告発に関わっている弁護士は「ホテルが会計記録を開示すれば、(安倍総理らの)違法状態は明らかになる」とコメント。安倍総理の関与が疑われる河井夫妻の公選法違反事件に加え、総理自身がさらなる違法疑惑の捜査を受ける可能性が出てきた。

安倍首相らの告発状提出へ「桜見る会」巡り寄付疑い

~省略~

宮城県の弁護士有志が1月、桜を見る会問題を追及する会を結成。同様の動きは全国に広がり、告発人は弁護士、法学者ら500人以上となる見込みだ。首相は国会答弁で「(会費は)ホテル側が設定した」と説明、支援者への利益供与を否定している。

告発内容によると、首相と後援会の代表と会計責任者は共謀し<1>飲食代が1人当たり1万1000円はするのに5000円ずつしか徴収せず、差額の6000円程度を提供した(公選法違反)<2>後援会が参加者約800人から得た推計約400万円の収入と、ホテルに宴会代として支出した約400万円を収支報告書に記載せずに山口県選挙管理委員会に提出した(政治資金規正法違反)-としている。

告発に関わる弁護士は取材に対し「ホテルが会計記録を開示すれば、違法状態は明らかになる」と指摘する。

~省略~

【日刊スポーツ 2020.5.15.】

さらなる「重要局面」が到来!特捜が受理し本格捜査を開始すれば、「アベ巨大犯罪帝国」はいよいよ本格的に崩壊へ!

出典:NHK NEWS WEB

「検察庁法改悪」の強行採決を断念せざるを得ない状況に追い込まれた安倍総理ですが、そんな安倍総理がさらに窮地に立たされる可能性が出てきました。
なんと、全国500人以上の法学者らが、安倍総理を公職選挙法違反と政治資金規正法違反で集団告発することが確実に。
特捜がこれを受理し、本格捜査を行なうことになれば、この件(桜疑獄)においても安倍総理が逮捕される可能性が出てきました。

にゃは~!
またまた面白い展開になってきたにゃ~っ!
安倍総理が逮捕されるシーン、早く見たいにゃあ~!!

ほんと、500人以上もの法の専門家に集団告発されるなんて前代未聞の話だし、この話だけでも一日も早くに総理を辞めるべきだと思うけどね。
河井夫妻の大規模選挙違反事件においても、安倍総理自身の巨大疑惑が浮上してきたし、この国の総理は一体どれだけの数の犯罪疑惑を抱えているんだ

今回、「検察庁法改悪」の強行採決を急遽取りやめた背景として、安倍官邸に激怒している反黒川派の検察幹部と水面下で取引を行なった可能性がいわれているけど、気になるのは、この「取引」の中に、果たしてこの「桜疑獄」の件も含まれているのか?ということだ。
本来であれば、検察が告発状を受理して、安倍総理自身への本格捜査を行なうことになると思うけど、もし、安倍官邸が黒川氏を検事総長に据える計画を撤回する代わりに、(河井夫妻の事件だけでなく)桜疑獄の捜査についても「行なわない約束」をしたのであれば、この件についても本格的な捜査に発展していく可能性はやや低い。

残念ながら、(黒川氏云々以前に)日本の検察組織そのものが、巨悪の犯罪を絶対に逃さない「正義の組織」とは全く異なった組織なのが実情だし、一体水面下でどんな動きがあったのか、今後の行方を注意深くウォッチしながら、その内情を推しはかっていく必要がありそうだね。

本来であれば、安倍総理が「桜を見る会」や「前夜祭」でやっていた行為は、どこからどうみても完全なる犯罪行為ですし、内情を覆い隠すための醜いウソ発言公文書の破棄などの無法行為も繰り返していた以上、安倍総理はしかるべき刑事責任を問われるべき状況なのは当然のはずなのですが…。
果たして、特捜がこの件を受理するのかどうか、固唾を呑んで見守っていこうと思います。

そうだね。
まさに、日本国民全員の未来と命運を占うほどの重要局面だけに、この先の展開を注視していくとしよう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事