【はよ逮捕】共産2議員の「桜疑獄」追及に、安倍総理が”完全崩壊”!「壊れたテープレコーダー」と化したり、終始何を言ってるのか意味不明に!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年1月30日の参院予算委員会に共産・田村智子議員と山添拓議員が登場。共に「桜を見る会疑獄」における、安倍総理による国家の根幹を揺るがす重大な問題を追及し、安倍総理の答弁が次々と”崩壊”する展開となった。

・田村議員による、ジャパンライフ元会長を招待した問題への追及に対しては、安倍総理はどんな質問に対しても「個人情報につきお答えを差し控える」との、「壊れたテープレコーダー戦法」を延々と繰り返し、議会は紛糾。

・また、山添議員は、内閣府や自民党があらかじめ「名簿公開」を想定した上で推薦者を募集していたことを示す資料を提示。すると、これらに明らかに狼狽した安倍総理は、終始何を言っているのかよく分からない意味不明な反論(?)を披露安倍氏が一国の総理とは思えない、低劣かつ支離滅裂な答弁を繰り返す事態になっている。

田村・山添両議員の「桜」追及
野党協力し答弁求める 首相苦しい言い訳
参院予算委

30日の参院予算委員会で日本共産党の田村智子、山添拓両議員は、「桜を見る会」の私物化疑惑を追及しました。決まり文句の繰り返しで逃れようとする安倍首相に対し、野党各党が協力して抗議して審議は何度も中断。与野党の攻防が続きました。追い詰められた首相は苦しい言い訳に終始しました。(松浦裕輝、安川崇)

マルチ商法の「ジャパンライフ」元会長が会に招待され、招待状が「最後の荒稼ぎ」に使われ被害を拡大したとされる問題。田村議員の追及に首相は具体的な説明をしないまま、「個人にかかわることは、招待の有無も含めてお答えを差し控える」「同じ質問だから同じ答弁になる」という従来の答弁を少なくとも3~6回繰り返しました。

~省略~

約4分半の中断の末、自民党の理事が首相に何かを話しかけ、首相はうなずきました。

再開され答弁席に戻った首相は「一般的に『桜を見る会』が違法な活動に利用されるのは容認できない」という従来の説明の後に、「私が主催する会でこういう行為がなされたとしたら決して容認できない」と付け加えました。

田村氏は「だから調べなきゃダメなんです」とくぎを刺しました。

~省略~

【しんぶん赤旗 2020.1.31.】

田村議員、山添議員 「桜」追及 参院予算委

~省略~

言い訳崩壊
公開前提の名簿 内閣府「開示対象も」
山添議員

山添議員は、内閣府の文書が「桜を見る会」への招待者の名簿を「公開を前提にしている」とする事実をつきつけ、名簿公開を拒否する安倍政権を厳しく批判しました。

内閣府の大塚幸寛大臣官房長は、情報公開請求があった場合に「開示の対象になる場合もある」と認めました。安倍晋三首相が「個人に関する情報だ」として、名簿公開を拒否する根拠が成り立たないことが明らかになりました。

山添氏は、内閣府が各省に同会招待者の名簿提出を依頼した事務連絡文書に、情報公開法に基づき「(名簿は)開示請求の対象とされたことがありますので、この点を念頭に置かれた上で推薦されますようお願いします」と記されていると指摘。「公開が前提だ」と迫りました。

さらに、参院自民党が改選議員あてに、招待者の申し込みを案内した文書に「名簿全体を公開されることもあります」と記載されていることを示しました。

その趣旨を内閣官房から首相官邸などに伝えたかをただした山添氏に対し、大西証史内閣審議官は「事務的に伝えた」「総理、副総理、官房長官、副長官、それぞれの事務所に推薦依頼をしていますので、それは同様(伝えた)と考えています」と答弁しました。

山添氏が「安倍事務所の推薦分についても開示請求の対象となり得ると伝えられていたのではないか」と迫ると、安倍首相は「公開の対象とされることと、名簿全体を公開されることとは違う」などと、はぐらかしの答弁に終始しました。

【しんぶん赤旗 2020.1.31.】


↓安倍総理の支離滅裂答弁を引き出した、共産・山添議員の追及は、1時間18分20秒くらい~。

ついに「個人情報につき」のペテンも使えず!「桜名簿」は「公開前提」で内閣府でも自民党でも認識が共有されていたことが判明!

出典:YouTube

↓山添議員が提示した、内閣府や自民党において「名簿公開」を前提に推薦者を募っていたことを示す資料。

出典:Twitter(@yamazoejimusyo)

共産・田村智子議員と山添拓議員が、参院予算委員会で「桜疑獄」を徹底追及、その場で、安倍総理の悪質なペテンやウソを克明にあぶり出しました。
上の動画を観ても明らかなように、両議員からの鋭い指摘を受けた安倍総理は、国民や国会をバカにしきった「壊れたテープレコーダー戦法」を繰り返しては、ついには、終始何を言っているのか分からない意味不明な反論を披露

さらには、内閣府も自民党も、「名簿公開」を想定した上で、推薦者を募集していた実態も明らかとなり、安倍総理による「個人情報だから開示できない」との主張も、まさに完全なるペテンだったことが明らかとなりました。

改めて上の動画を観ても、一国の総理とは思えない、「見苦しさ1000%」のふざけた答弁だわっ!!
こんなのが私たち日本の総理だなんて…心底恥ずかしさと情けなさで、なんて言っていいのか分からないわぁ!

いやはや、この山添議員が示した資料は、安倍総理にとって相当に都合が悪かったのだろう。
これまでも意味不明な答弁を繰り返してきた安倍総理の中でも、次元が違うほどの「メチャクチャ答弁」だし、ひたすら狼狽しまくっては、もはや反論なのか何なのかすら分からない有様だ。

つまりは、安倍政権における「桜を見る会」の運営実態そのものが、選挙違反の違法性の高いものだっただけでなく、野党からの開示請求に対して、名簿を全て隠蔽して一方的に廃棄したことも違法行為だった可能性が極めて高い上に、「個人情報から公開できない」というのも、真っ赤な大ウソだったってわけだ。
どこからどう見ても、この政権は一刻も早くに内閣総辞職するしか道は残されていないし、まさしく検察が動くしかないような事態のはずだけど…一体いつまで、この総理は国内外に恥を晒しまくりながら延々と政権に居座り続けていくのかな?

まさか、内閣府だけじゃなく、自民党までもが、しっかりと「名簿公開」を前提にしていた上で推薦者を募集していたなんて…!!
一体どこまで、安倍一派の連中は大ウソつきなのよっ!!

そして、31日の国会追及においても、新たに安倍総理自身の違法性がより明確になった上に、再び史上まれに見る醜い答弁を披露したようなので、それについては、次の記事で紹介しようと思うよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事